清塚信也はピアニストで嫁は乙黒えりはミックス!姉はバイオリニストで母親は鬼?

スポンサーリンク
気になる情報

清塚信也(きよづか・しんや)さんは
クラシック・ピアニストの枠にとどまらず、

作編曲家、さらには俳優としての顔もあわせもつのです。

TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」メインテーマや、映画「新宿スワンII」
楽曲などの作編曲家としても知られている。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』では、古田新太氏が演じる 「沼田さん」

の担当医役としての役者出演を果たすなど、俳優としての顔もあわせもち、
マルチな才能を発揮している。

「関ジャニの仕分け∞」「ジョブチューン」「プレバト!!」「踊る! さんま御殿!!」

「中居正広のミになる図書館」「櫻井有吉アブナイ夜会」等のTVバラエティ番組への出演など、年々活躍の幅を広げている。

そんな清塚信也さんの嫁は乙黒えりはミックス、姉はバイオリニストで両親バラエティ出演は狙いが何なのかなど調べて見ました。

スポンサーリンク

清塚信也(きよづか・しんや)さんの経歴

職業:ピアニスト・作曲家・俳優

誕生日:1982年11月13日生まれ

出身地:東京都

出身高校:桐朋女子高等学校音楽科

留学:モスクワ音楽院

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント所属

レーベルはユニバーサルミュージック

家族:嫁乙黒えり・2人の女の子

実家:日本人の父、韓国人の母・姉(2歳年上でバイオリニスト)清塚美耶さん

清塚信也さんは日本人の父、韓国人の母をもつハーフです。

5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。

中村紘子氏、加藤伸佳氏、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。

桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業。

1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。

2000年第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位。

2004年第1回イタリアピアノコンコルソ金賞。

2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位。

国内外のコンクールで数々の賞を受賞されている。

2012年に女優の乙黒えりさんと結婚。

2013年に公開の映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役で俳優デビュー。

2019年8月16日に日本人男性クラシックピアニスト初の日本武道館公演。

 

この投稿をInstagramで見る

 

家族でお揃いのオーダーしていただきました??太めボーダーです! #乙黒えり#タイダイ#タイダイ染め#ボーダー#親子#キッズ# @ellyotoguro

(株)MOTTさん(@mott_official)がシェアした投稿 –

清塚信也さんの嫁は乙黒えりさんでミックス!?

 

清塚信也さんは2012年に、 女優でタレントの乙黒えりさんとご結婚されています。

なんと乙黒えりさんは「タイ、英国、日本」のミックスのタイで生まれの方でした。

また2年半ほど モロッコ・カサブランカで過ごしたのちにスカウトされて

芸能界デビューされています。

両親の国籍というものはオープンになっていないが3カ国の血が混じっている。

清塚信也さんの出会いのきっかけは知人の紹介なのだそうです。

乙黒えりさんもピアノを習っていたことがあり、 清塚信也さんと意気投合し、

恋人関係に発展した。

お子さんは女のお子様が2人いらっしゃる様です。

タイ、英国、日本、韓国の混血のお子さんは美人になるでしょう。

乙黒 えりさんの経歴

タイ、英国、日本の混血

出身高校:横浜雙葉学園

出身大学:青山学院大学文学部心理学科卒業

2001年にテレビ朝日のオーディション番組で4000人の中から選ばれ

1ヶ月の香港生活を送り、香港映画『ザ・スチュワーデス』でデビュー。

特技:功夫、英語、中国語(北京語)

身長:165cm

スリーサイズ:B80cm・W58cm・H83cm

現在の活動の様子はというと、雑誌「Mart」に登場するほかは、子育てにいそしむ様子がAmeba blogで綴られています。

清塚 美耶さんの投稿 2020年4月8日水曜日

姉(2歳年上でバイオリニスト)清塚美耶(きよづか・みや)さん

職業:バイオリニスト

誕生日:1980年生まれ

出身地:埼玉県 所沢市出身

現住所:東京都世田谷区在住

出身高校: 桐朋女子高等学校音楽科

出身大学:桐朋学園大学 中退

清塚美耶さんは音楽学校の名門である桐朋学園大学に入学しますが、

アメリカでの武者修行のため大学を中退。

帰国後は洗足フィルハーモニー管弦楽団に所属し、バイオリニストとしての地位を確立します。

2006年にはHYの全国ツアーに参加するなど、その実力は業界でも認められており、

その後も音楽教室の講師や各種コンサートに参加するという、バイオリニストとして素晴らしい経歴の持ち主です。

清塚信也さんの母親は鬼?

父親が日本人で母親が韓国人です。

母親がクラシックが大好きだったが、習い事を
やらせてもらえなかったコンプレックスが、

清塚信也さん・姉の清塚美耶さんにスパルタ教育の始まりだったのす。

子供の頃からスパルタな母親により教育を受けていた。

以下の様なエピソードもあり。

■小さい頃に姉と笑うと

「今笑うな、人生の後半で笑え」

「笑う暇があったら練習しろ」

「音楽家になれなかったら
そのときは生きていなくていい」
などと言われる。

(当時小学校低学年)

■朝5時から練習。

起きれないときには

「人はいつかずっと寝る時が来る」

「今は起きなさいなどと言われる。

■朝5時から12時間ピアノの練習。

朝はみんな弾いていない、
差をつけるなら朝だという理論。

■母の留守中に交代で遊んだ。

その時は姉と楽器を使って見張り番。

見張りが母が来た音を聞きつけると
「ミドミド」「シソシソ」
と音を出し合って監視を切り抜けた。

■ピアノに特化しすぎて

掛け算は6の段以降はできない。

割り算はルールがわからない。

ハンパ無いスパルタ教育ですが、現代は虐待になるようです、

それがあっての今日の活躍につながっている。

ピアニスト・清塚信也さんはなぜバラエティ番組に?

清塚信也さん『ワイドナショー』(フジテレビ系)などにも出演されています。

ヨーロッパ文化の代表が「クラシック」なら、日本における芸術的な文化の代表は

「お笑い」だと言っている。

松本人志さんや東野幸治さんと話してみると

「1秒を逃したらもうウケない」

「遅くても早くてもダメ」という、

ものすごく繊細な世界でお笑いとクラシックは一緒なんだそうです。

「この1音」というのを、的確なタイミングと強さで届けられなければ、

もう台無しという共通のストイックさをものすごく感じるのです。

コメンテーターが話しているときに司会の東野さんが、

ほんの一瞬だけ松本さんの方を見て、今どう思っているのかを判断して次の質問を決める。

五感をフルに使っているそういう感覚はセッションをするときにも必要なので、

ものすごく勉強になるために出演されている。

タイトルとURLをコピーしました