アジで血管が若返えり老化を防ぐアジの缶詰はあるの?調理方法で良いのは?

サバ缶やイワシ缶と魚の缶詰の健康効果で品薄になってましたね。

今度はアジがサンマより血管が若返えり老化を防ぐ。

血管は何歳になっても若返らせることができるのです、

あなたも不適切な食生活や運動不足、
さらにストレス過多な生活を続けると、

スポンサーリンク

血管が傷みやすくなり、血液の質も悪化し、健康や若さは損なわれてしまうのです。

食事、運動などの生活習慣の改善により、血管は何歳になっても若返らせることは

可能なのです。

画像:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E9%AF%B5&s…

アジで血管が若返えり老化を防ぐ?

アジはサンマやイワシなど同じ青魚のなかでも、EPAやDHAを多く含んでいる。

●EPA(エイコサペンタエン酸)

血液中のコレステロールや中性脂肪を減らして、血栓ができるのを防ぐ効果があるんです。

●DHA(ドコサヘキサエン酸)

動脈硬化を防ぐ効果があるのです。

動脈硬化とは血管の老化で、老化がすすめば、血管がもろくなって、

破れやすくなるので、命にかかわるような病気になりやすくなります。

他にもアジには以下のような栄養素が含まれている。

●タウリン :動脈硬化を予防したり、心臓機能を強くする作用。

●ナイアシン:血液の循環をよくする働きがあるため、動脈硬化を予防。

●カルシウム:動脈硬化の予防。

●カリウム:余分な塩分を外に出してくれるため、血圧の上昇を防ぐ。

アジには、これだけ血管を守ってくれる栄養素が含まれている。

「アジの缶詰」を見かけない!?

青魚である「サバ」、「イワシ」、「サンマ」、「アジ」が挙げられる。

しかし、「サバ」、「イワシ」、「サンマ」の缶詰はあるが、「アジ」の缶詰は見ませんね?

同じ工程でつくってもなぜか「アジ」だけ臭いそうです、

しかし2018年に「アジ缶」が島根県にある缶詰メーカー「シーライフ」が
製造開始、

しかし手間がかかるため、1日多くても
300缶くらいしかできないとのこと。

地元のブランド「アジ」を利用した
「どんちっち あじ水煮缶」の値段は
一缶600円だそうです。

アジの食べ方に良いのはどれ?

●アジの新鮮な選び方?

スーパーなどでアジを見かけたら、目とエラ、ヒレを確認しましょう。

新鮮なアジの選び方の基本は

①目が澄んでいる。

②エラやヒレが張っている。

スポンサーリンク

③小さいものの方が味が良いので、できるだけ身の小さくハリのあるものを選ぶ。

④アジには「ゼイゴ」という硬いトゲのあるウロコがあります、これがハッキリしているものは新鮮な証です。

●アジの干物の選び方?

丸っこい形の干物。

②お腹と背骨の周辺が白っぽいもの。

※丸い形やお腹と背骨周辺が白っぽい鯵の干物は脂が乗っていて美味しい干物になっています。

※逆に、全体が黒っぽい物や骨が浮いているものは鮮度が落ちているものなので避けましょう。

アジの調理方法で良いのは?

●刺身はEPA&DHAを効率よく摂れる

EPA&DHAを効率よく摂れるのは「刺身」です。

アジの脂の部分に含まれているので、加熱するとそれらが流れ出てしまいます。

したがって刺身で食べる方が効率的に栄養を摂取できます。

特に鯵の刺身には生姜やニンニクなどの薬味を添えて一緒に食べることで、

より栄養バランスを良くすることができます。

またレモン汁を絞って食べるとなお良いですよ。

●アジのナメロウ

刺身以外にも味噌・大葉(青シソ)・ネギ・しょうがを加えて作るナメロウなども良いです。

たたきによくあう「生レモン」、ビタミンCがたっぷり入っていて、抗酸化作用は抜群です。

●アジの南蛮漬け

アジと野菜を一緒に食べることが出来るのでアジを単品で食べるよりも栄養

バランスが良くなるので、栄養補給にはぴったりのレシピです。

また小さなアジであれば骨ごと食べられるので、カルシウムをより多く摂取できます。

●アジの干物は栄養価がアップ

アジは干物にすることで、栄養価が高くなります。

ビタミンやミネラルなどの栄養素が濃縮されるので、たんぱく質や脂肪が

「生のアジの2倍以上」

に増えると言われています。

干物にすることによりアミノ酸などのうま味成分が生成されるので味も良くなります。

※塩分も濃縮されてしまうので血圧が気になる方は食べ過ぎには注意が必要です。

●アジの塩焼き

アジの塩焼きで食べる場合は大根おろしをオススメします。

大根の辛み成分のイソチオシアネートには抗酸化作用がありますし、

血栓を予防してくれる働きがあるのです。さらに、ビタミンCも多く含んでいるので

、酸化を防いでくれます。

注意は

※アジはプリン体が多いので痛風の気がある方などは食べ過ぎに注意、

またDHA・EPAの多量摂取は吐き気を催したり、出血が止まりにくくする作用があるのでサプリ併用は注意が必要です。

最後に

昔がらアジは病院食とまで言われているくらい栄養面でもバッチリだったんですね。

年間食べられる魚ですから、血管を若返えらせましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。