粕川ゆき(いか文庫店主)の経歴や年齢に大学は?お店の場所やいか文庫とは?

粕川ゆき(かすかわ・ゆき)さんは
奥渋谷でオープンから10年になる、

「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」(略称SPBS)の店長で、

エア書店「いか文庫」店主でもある。

実店舗でも書店員を勤め、ネットでも
「いか文庫店主」としてオススメの書籍を紹介している粕川ゆきさん。

この「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」(略称SPBS)

本のセレクトショップと言える丁寧な品揃え大きからず、小さからずの店内に

平置きを中心に本が見やすく陳列されています。

何よりも置かれている本の品揃えが素晴らしい、スタッフの方が独自の

「目利き」で丁寧に1冊1冊選び抜かれた、さまざまなジャンルの本が揃っています。

スポンサーリンク

見たことないような自費出版のものやジン、ライフスタイルに役立ちそうな

書籍などもたくさんあって、

行けばきっと思いもしなかったいい作品に出会えるのです。

そんな粕川ゆきさんの経歴や年齢に大学は?

お店の場所やいか文庫など調べて見ました。

粕川ゆき(かすかわ・ゆき)さんの経歴

職業:「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」店長・書店員

エア書店:「いか文庫」店主

HP:http://www.ikabunko.com/

誕生日:1978年生まれ

出身地:山形県生まれ

出身大学:2000年宮城学院女子大学卒

職歴

大学卒業後に大手のスポーツ用品メーカーミズノに入社。

ミズノに7年間勤務。

29歳のときに「30歳になる前にやりたいことをやろう」と思い転職を決意。

本や雑貨が好きだったので、大学の時に通っていた「ヴィレッジヴァンガード」

にアルバイトとして入社。

ヴィレッジヴァンガードはこちら

HP:https://vvstore.jp/

粕川ゆき さんは様々な売り場で、仕入れやディスプレイ、ポップ制作などを担当。

書籍の担当になったのをきっかけに、本を売る楽しさに目覚めたのです。

現在は書店 SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSで働くかたわら、

エア書店「いか文庫」の「店主」としても活動中です。

2017年3月より書店 SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSの店長になり、
リアル書店員とエア本屋店主の二足のわらじ生活を送っている。

粕川ゆき店長のSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSの場所は?

住所:東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F

電話番号:03-5465-0588

営業時間:

月~土曜 11時~23時

日曜11時~22時
※イベント等により変更ある

定休日:不定休

アクセス

渋谷駅より徒歩9分

粕川ゆき店主のエア本屋「いか文庫」とは?

HP:http://www.ikabunko.com/

名前の由来は?

「いか文庫」は、私、店主の思いつきで始まりました。

本屋をやるとしたら、何て名前にする?じゃあ、いま使ってるiphoneケースが

「イカ」だから「いか文庫」でいいか

「いか文庫」は通常の本屋さんとは違った形ではありますが、本や本に関わる物事、

そして本屋さんの楽しさをたくさんの方々に知っていただきたい、そして「イカ」のこともちょっと詳しくなっていただきたいという一心で、

今後も営業して参ります。

また、「いか文庫」を通して人と人が繋がる「イカリング」を皆さまと一緒に楽しんでいけたらと強く思っております。

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

いか文庫店主

 

この投稿をInstagramで見る

 

. #粕川ゆき さん、ありがとうございました! #jwave #good813 . お店も商品も持たない??エア本屋<いか文庫>店主として さまざまな書店やイベント会場で、本や本屋さんにまつわる活動をされている粕川さん?? . イカが大好き??…なわけではないのですが、イカがつないでくれた仲間と(イカリング) 見守ってくれるサポーターたち(イカサポ)と共に”どこにでも いつでも開店できる”を楽しみながら本の魅力を伝えています???? . #shibuyapublishingbooksellers のリアル職場のお話伺いつつ、「夏の終わりに読みたい1冊」をテーマに作品のオススメも??! 今の時期にぴったりなここちよさをくれる1冊と、気持ちの細かい描写に感動する1冊 それぞれご紹介いただきました?? . #本日のネイバーさん #いか文庫 #粕川ゆき さん #またお待ちしています??

J-WAVE GOOD NEIGHBORSさん(@good_813jwave)がシェアした投稿 –

いか文庫「エア本屋」とは?

本と本屋の楽しさを多くの人に伝えるための活動なのだそうで、

リアルな店舗を持たない架空(エア)の本屋です。

主な仕事としては、リアル本屋の棚をお借りしてコーディネートする「いか文庫」

フェアを不定期に開催している。

新宿の書店では、いか文庫が考える「新宿本」を選んでみたり、

エア本屋が「これはエアだな」と思う本を集めてみたり、

立地によって、どのような好みや趣向の人が集まりそうかを予想して

テーマを決めるほか、

「いか文庫新聞」の発行や体験型イベントの実施、オリジナルグッズの

販売などを行っている。

最後に

粕川ゆきさん「いか文庫」をこの活動を長く続けて行きたいと思っている、

「なんで儲からないことやるの?」

「本が好きな人を増やしたい」という気持ち「いか文庫」が、普段本を読まない人が、

本屋にいくきっかけ、本を読むきっかけになってくれる活動を続けて行くそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。