小出雄二(桃屋)の経歴や大学出身大学は!社長は娘婿で社名の由来は?

桃屋

小出雄二(こいで・ゆうじ)氏は株式会社 桃屋(ももや)の
3代目代表取締役社長です。

「ごはんですよ!」に代表される海苔製品や、その他漬物等を製造する食品メーカーで創業は1920年(大正9年)4月創業。

100年も続いている企業なのです、創業者の小出孝男氏が「花らっきょう」「鯛みそ」発売。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

初代社長:小出孝男氏

2代目社長:小出孝之氏

3代目社長:小出雄二氏

桃屋は2015年小出孝之代表取締役会長の取締役相談役就任を決め、

44年に及ぶ代表権を返上し、後進に道を譲る。

娘婿の小出雄二社長が代表取締になる。

娘婿の小出雄二代表取締社長は独自の大量陳列などで既存品販売を強化。

就任4年で経営の前面に立ち、20年の創業100周年に向けて良品質主義と

市場創造を貫く。

長年しられています「ごはんですよ!」や「味付メンマ」など多くの家庭で食べられる桃屋の商品は、

半数が昭和生まれのロングセラーなのです。

そんな桃屋の小出 雄二社長の経歴や大学出身大学は!

社長は娘婿で社名の由来など調べて見ました。

画像:https://www.life-netsuper.jp/kandaizumichou/item/d…

小出 雄二(こいで・ゆうじ)社長の経歴

旧姓:桑原雄二

役職:株式会社桃屋 代表取締役社長

小出孝之取締役相談役の娘婿

誕生日:1961生まれ

出身:栃木県真岡市

学歴:1985年慶応大学商学部卒

職歴:味の素入社

海外事業開発マーケテングなど26年間在籍。

2011年桃屋入社し取締役社長に。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちょっと色物っぽいけど、美味い。つまみにピッタリ。 #おやつ #柿の種揚げ #桃屋 #塩辛風味 #意外と美味 #台東区 #蔵前 #山崎岳一ギター教室

スポンサーリンク

Takekazu Yamazaki(@yamazakitakekazu)がシェアした投稿 –

「桃屋」の社名の由来は?

会社のマークには桃とその下に左向きの矢が描かれている。

この矢は、桃を吉兆にたとえてこれを射る、または桃を消費者にみたててその

心を捉えるという意味がこめられている。

また、「桃屋」の名は「桃矢」をかけているともいわれる。

創業者の小出孝男は中国の上海の商学校出身だったが、そこで学んでいた時に桃が古来中国では吉兆や長寿のシンボルであることを知った。

そこで、社名を「桃屋商店」にした。

「西遊記」でも孫悟空が2000年の寿命を与えてくれる桃を食い荒らしたという逸話があります。

「江戸むらさき ごはんですよ」の由来は?

「江戸むらさき ごはんですよ」は喜劇俳優三木のり平の似顔絵キャラクターの宣伝で有名ですね。

本来「江戸紫」とは、古来の染物の色名であるが、佃煮に使用される醤油の別名「ムラサキ」に掛けた名称である。

江戸時代に江戸で「紫染め」が盛んに行われ、特に八代将軍吉宗の時代に江戸紫を奨励したため、

庶民にも広がってその染め物は「江戸紫」さらに江戸のシンボルカラーになる。

元祖「江戸むらさき」と「ごはんですよ!」シリーズとは何が違うの?

「江戸むらさき」は板海苔だけを使用しているので固形感がある。

醤油の風味が強く、しょっぱめの仕立てなので、ちょっとの量でごはんが食べられる高級で大人向けです。

「ごはんですよ!」

ごはんですよは生海苔を30分程度の“あさ炊き”で甘さが一番の違いです。

お子さんも食べられる!

最後に

桃屋のメンマなどはお酒のおつまみで利用してますが、

色んな種類があります、月1回の新商品会議もあるそうで楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。