上田淳子は料理研究家で経歴や年齢に大学は?料理教室に息子は双子と母親のハンバーグレシピ!

スポンサーリンク
上田淳子 料理研究家

上田淳子(うえだ・じゅんこ)さんは料理研究家で自宅で料理教室を主宰するほか、雑誌やTV、広告などでも活躍されております。

スポンサーリンク

上田淳子のしごとのテーマ3つの柱?

1・フレンチベースのきちんとおいしい家庭料理

フランス、スイスでの料理修業、厨房勤務経験を活かし、しゃれた欧風料理を

家庭で作りやすくすることに重点をおいている。

2・赤ちゃん、子どもたち、そしてママの幸せを食で支える

双子のお子さんの離乳食から始まり食べ盛りのお子さんの成長の屋台骨である「食」。

3・日々の暮らしとごはんに役立つアイディア

海外の特別な料理ではなく、ごく普通の食事に季節の素材を、気候に合った食べ方、

心と体が元気になる日々のごはんを大切に思い、それらをパパッと手際よく作る。

そんな上田淳子さんの経歴や年齢に大学は?料理教室に息子は双子など調べて見まし。

 

上田淳子(うえだ・じゅんこ)さんの経歴

職業:料理研究家・日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー

誕生日:1964年生まれ

出身地:兵庫県出身

出身大学:甲南女子短期大学卒業

専門学校:辻学園調理技術専門学校で西洋料理・製菓・製パン技術を習得

結婚:夫・息子さんは双子

 

子供のころから食べるのが大好きな女の子で、また作るのも大好きだった。

上田淳子さんは、辻学園調理技術専門学校
卒業後に同校の西洋料理研究職員をされていた。

その後に渡欧されてスイスのホテルの
レストラン、ベッカライ(パン屋)、

フランスではミシュランの星つきレストラン、シャルキュトリー(ハム・ソーセージ専門店)などで約3年間、料理修業を積む。

帰国後は東京下北沢にあるティーサロンに勤務、シェフパティシエを経て料理研究家として独立されました。

自宅で料理教室を主宰するほか、雑誌やTV、広告などでも活躍されております。

フランスのワイン産地ロワール地方での日本の食の紹介活動、子どもの食育についての活動も行う。

上田淳子さんの著書

上田淳子、有賀 薫、笠原将弘、稲田俊輔、藤井 恵『おいしい煮込み 5人の料理家が作り続けているレシピ』






その他

上田淳子さんの料理教室は?

上田淳子さんは妊娠されてから、
吉祥寺のご自宅でお菓子や西洋料理、ワイン教室をされているのですが、

残念ながら新規の生徒さんは取っていない
ようで詳細はありません、

人気があり新規の募集をしてないとおもわれます。

上田淳子さんの双子の息子さんは?

「あさイチ」で双子の息子さんが出ていましたが双子の息子さんでした、

年齢は2017年で14歳と言われてましたから、

2003年生まれだと思われます。

自宅の台所で手際よく調理してるシーンで、お二人とも手際よく分担し調理、後片付けをされており、

上田淳子さんの仕事の影響も多いにあるでしょうが、

もしかしたら料理人なるかも知りませんね、双子の料理人もいないのではないでしょうか?

 

上田淳子さん母の味「ハンバーグ」「トマトサラダ」丁寧な下ごしらえでおいしく!

●上田淳子さんの母の味「ハンバーグ」

「食パンを牛乳に浸したつなぎを使ったり、玉ねぎをバターで炒めたりと、

当時の洋食は母にとっても特別なごちそうだったんでしょうね」と、上田さん。

炒めた玉ねぎがやさしい味わいのハンバーグレシピ。

<材料>(4人分)

合いびき肉…400g玉ねぎ…1個バター…10g食パン…1/2枚(6枚切り)

牛乳…大さじ2~3卵…1個塩…小さじ2/3こしょう…適量サラダ油…大さじ1/2<A>ケチャップ・マヨネーズ…各大さじ2 ウースターソース…大さじ1

<作り方>

【1】フライパンにバターを入れて中火で熱し、みじん切りにした玉ねぎを加えしんなりするまで4~5分炒め、冷ましておく。

【2】ボウルにちぎったパンと牛乳を入れ、パンがふやけたら指で崩してペースト状にする。

卵を入れて混ぜ、塩、こしょう、合いびき肉を入れて全体がなじむまでよく混ぜる。

【1】を加え、均一になるまで混ぜたら、生地を4つに分けて丸く形作る。空気を抜き、厚さ2㎝程度の小判形にする。

【3】フライパンにサラダ油を中火で熱し、ハンバーグ生地の中央を軽くへこませて並べ、ふたをする。

【4】パチパチ音がし始めたら弱火にし、表面が白っぽくなり、底面がこんがり焼けるまで4~5分焼く。

ふたを取って裏返し、中心に火が通るまで4~5分焼く。

【5】【4】を皿に盛り、付け合せを添えて<A>をかける。

<付け合せ>

【1】を皿に盛り、付け合せを添えて<A>をかける。鍋に湯を2 1/2カップ沸かし、カレー粉・塩各小さじ1を入れる。

【2】小房に分けたカリフラワー1/2個を火が通るまでゆでる。

◆ハンバーガーにアレンジも!

リモートワーク中のランチは、自分で作るという息子の和範さん。この日は、「肉を味わう」100%牛肉のハンバーガーを自作。

●思い出の味「トマトサラダ」

キンキンに冷やして食べる!

玉ねぎとパセリのみじん切りをたっぷりかけたトマトサラダも「大好きな思い出の味」、と上田さん。

「できたサラダを冷蔵庫でキンキンに冷やし、食べる直前に食卓に出すのが母のこだわり(笑い)。

トマトの皮を湯むきするひと手間に、家族を思う母の心を感じます」

<材料>(4人分)

トマト…3~4個玉ねぎ…1/2個パセリのみじん切り…大さじ4<A>ごま油…大さじ3

しょうゆ…大さじ11/2 酢…大さじ2 砂糖…ひとつまみ

<作り方>

【1】トマトは湯むきをする。横に1cmの輪切りにし、皿に並べる。

【2】玉ねぎは細かいみじん切りにして水にさらし、水気を切りペーパーで絞る。

【3】【1】に【2】とパセリをのせ、混ぜ合わせた<A>をかける。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4c2b860148169ea02cb11b2239b7a3c3a24c851 から抜粋

最後に

上田淳子さんは365日毎日食べるからこそ「ああ、おいしかった!

 しあわせ~」と言いたいし、言ってほしい。

心と体が元気になる日々のごはんを大切に思い毎日作っている。

タイトルとURLをコピーしました