小野寺ずる(女優)の経歴に年齢や大学と実家気仙沼?趣味で漫画や詩集も?

小野寺ずる

小野寺ずる(おのでら・ずる)さんをご存じですか?

舞台女優で2011年から□字ック(ロジック)の舞台で活躍されており、

□字ック(ロジック)は東京を拠点に活動する劇団で、正団員は全員女性であり、

男性俳優は客演として起用されるのです。

小野寺ずる さんを知ったのは阿部寛主演「結婚できない男」で、

吉田羊さんのアシスタント役で出ております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

名前が「小野寺ずる」?見間違えかと次週の時に確認しましたら、

「小野寺ずる」さんでした、本名ではないでしょうから興味があり、

そんな「小野寺ずる」さんの経歴に年齢や実家気仙沼、

大学、彼氏、下ネタ好きなど調べて見ました。

小野寺ずる

画像:https://wonderfulnomadolife.com/drama/5415/

小野寺ずる(おのでら・ずる)さんの経歴

職業:女優

誕生日:1989年5月17日生まれ

出身地:宮城県気仙沼市出身

出身大学:神奈川県 女子美術大学

身長:158cm

趣味:ダンス、4コマ漫画を描く、ドラム演奏

結婚:独身

芸名の小野寺ずる理由は?

小野寺ずるさんのお母さんのお友達に
『しずるさん』という方がいたようで、
あだ名は『ずるちゃん』でした。

小野寺さんはそのあだ名に憧れを感じていたそうで、
ご自身の芸名を『ずる』にしたんだそうです!

名字の小野寺は本名だと思います?

小野寺ずるさんが幼少期から日本舞踊や作文朗読や軽音楽部など

ステージに立って歌ったりしていた、

就職活動が上手く行かなかった時に父親の
アドバイスが女優への道に行くきっかけになったそうです。

好きなことをやりながら、アルバイト生活をするのも良いのではないか
『舞台などをしたらどうだ?』と言われ舞台女優になったのです。

初舞台では2011年4月「燦燦」

2012年「鬼畜ビューティー」

203年「渇望」、2014年「荒川、神キラーチューン」主演、

2015年「東京」、2016年「荒川、神キラーチューン( 再演)」などの劇団□字ック作品ほか、数多くの舞台に出演し、

ドラマでは2017AbemaTVAbemaSPECIAL チャンネル「もうちょい、奪い愛with 生ドラマ」に、

映画では2017年「めがみさま」など。

2019年5月に30歳を期に個人表現研究所ZURULABOを立ち上げ、

第一弾として上演した『同じ浄土に咲く花で』で一人芝居をした。

女優業の他にエッセイの連載、楽曲提供、イラスト、バラエティー番組や広告出演など幅広く活躍している。

小野寺ずる処女詩集『すてばちる』はこちら

http://enbu.shop21.makeshop.jp/shopdetail/000000009650

立ち読みはこちら

http://www.enbu.co.jp/kick/library/zuru_sample.pdf

ブログはこちら

小野寺ずるさんの趣味で漫画も?

小野寺ずるさんの趣味が4コマ漫画なのですが、女優でありながら下ネタ大好き、

周りからひかれることがしばしばあるという、趣味で漫画を書いているのだが、

ここでも下ネタが多く一覧です。

その他はこちらから

Instagram

https://www.instagram.com/zuru_onodera/

最後に

小野寺 ずるさんは色んな才能がある方なので女優以外でも活躍が期待されるのが
楽しみです。

「まだ結婚できない男」のDVDも3月に発売されますので見て見たいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。