三島有紀子(映画監督)経歴や大学に年齢と結婚は?元NHKで映画作品は?

三島 有紀子

三島 有紀子(みしま・ゆきこ)さんは映画監督、脚本家です。

元NHKのディレクターだった三島有紀子さんですが、幼いころからの夢だった

映画の世界に33歳で飛び込みます。

現在は女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生さんが2014年に発表し、

倫理を越えた描写で新境地を開いた

『Red』。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

現在累計20万部発行となった本作を、三島有紀子さんが映画化で話題に。

そんな三島有紀子さんの経歴や大学に年齢と結婚は?

元NHKで映画作品など調べて見ました。

画像:https://ontomo-mag.com/people/yukiko-mishima/

三島有紀子(みしま・ゆきこ)さんの経歴

職業:映画監督、脚本家

誕生日:1969年4月22日生まれ

出身地:大阪府大阪市北区北新地

出身中高学校:大阪府立豊中高等学校

出身大学:神戸女学院大学文学部

元勤務先:1992年にNHKに入局

兄弟:兄(10歳上)

三島有紀子さんは幼少期から父親が映画館へ連れて行ってくれて『赤い靴』という

イギリス映画を観に行ったのが、

初めての映画体験だったのがきっかけで映画大好きになり映画館に通っていた、

なんと小学生の頃にはすでに映画監督を志していたそうだ。

三島有紀子さんは神戸女学院大学文学部在籍中に、アルバイトで貯めた資金で

自主映画『夢を見ようよ』の脚本と監督を手がけたのです。

大学卒業後は1992年にNHKに入局し、ドキュメンタリー作品を企画・監督した。

33歳でNHKを退社し東映京都撮影所などで助監督、脚本執筆などを経て

『刺青 匂ひ月のごとく』で映画監督デビュー。

受賞歴

2009年に『世界がお前を呼ばないなら』サンダンス・NHK国際映像作家賞の

優秀作品に選出。

2014年に脚本・監督を務めた『ぶどうのなみだ』は第38回モントリオール

世界映画祭のワールド・グレイツ部門に招待される。

2015年に第16回全州国際映画祭、
第18回上海国際映画祭日本映画週間に招待される。

2017年に『幼な子われらに生まれ』が第41回モントリオール世界映画祭で、

審査員特別グランプリを受賞。

第42回報知映画賞では監督賞を受賞。

映画人の育成を図り功績をたたえる山路ふみ子映画賞では作品賞を受賞。

関連サイト

島本理生(直木賞作家)夫・佐藤友哉と再婚で子供は?経歴に高校や母もシングル?

https://etutorend.com/12380.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぶどうのなみだ [ 三島有紀子 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2020/2/12時点)

スポンサーリンク

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しあわせのパン (ポプラ文庫 日本文学 179) [ 三島 有紀子 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2020/2/12時点)

楽天で購入

 

 

三島有紀子さんの結婚は?

三島有紀子さんの結婚などの情報は無いようです、

高校時代には彼氏がいた情報はありますが、インタビューでも夫などの話も出ておりません、

私の個人的には独身と勝手に考えております。

三島有紀子さんの名前の由来は?

三島有紀子と三島由紀夫?
何か関係があるのか?

父親が三島由紀夫さんのフアンだったそうで名字が三島なので、

由紀夫と付けようとしたが母親の猛反対され「有紀子」になったそうです。

三島有紀子さんが制作した映画は?

●ビブリア古書堂の事件手帖

製作年:2018・主演:黒木華

古書にまつわる謎を解き明かす若くて美しい古書店主が主人公の人気小説を、『幼な子われらに生まれ』などの三島有紀子監督で映画化したミステリー。古書店主のヒロインと彼女の推理力に心酔する青年が、希少本を狙う謎の人物の正体に迫るさまを描く。

●幼な子われらに生まれ

製作年:2017・主演:浅野忠信

『恋妻家宮本』など数々の映像化作品がある直木賞作家・重松清の小説を映画化。再婚した中年サラリーマンが、現在の妻とその連れ子、前妻と暮らす実の娘、そして新たに授かった命をめぐり、家族との関係を模索する。

●少女

製作年:2016・主演:本田翼

映画化もされた「告白」「白ゆき姫殺人事件」などで知られる人気作家・湊かなえの小説を実写映画化。『繕い裁つ人』などの三島有紀子監督がメガホンを取り、「人が死ぬ瞬間を見たい」という願望を持つ2人の女子高生が過ごす夏休みを、それぞれの視点で描く。

●繕い裁つ人

製作年:2014・主演:中谷美紀

『嫌われ松子の一生』などの演技派女優中谷美紀を主演に迎え、池辺葵のコミックを映画化した心に染みる人間ドラマ。クラシカルなミシンで洋服を作る職人肌の主人公と、彼女を取り巻く人々が織り成す物語を紡ぐ。

●ぶどうのなみだ

製作年:2014・主演:大泉洋

『しあわせのパン』などの三島有紀子監督が、再び北海道を舞台にして放つヒューマンドラマ。北海道・空知でワイナリーを営み小麦の栽培をする年の離れた兄弟と、キャンピングカーで自由気ままに旅する女性の触れ合いを見つめていく。

●しあわせのパン

製作年:2011主演:原田知世

『東京オアシス』の原田知世と『探偵はBARにいる』大泉洋が初共演を果たし、夫婦を演じたハートウオーミングな人間ドラマ。北海道でパンカフェを開いた夫婦のもとに集まる客たちとの温かい交流を紡ぎ出す。

最後に

『Red』は不器用な男と女の恋愛模様を描いた大人のラブストーリー。

実力派俳優陣が繰り広げる新たな恋愛映画
です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。