石原洋子は料理研究家の夫はホテルオークラ元総料理長!夫婦の普段の食卓は?

スポンサーリンク
石原洋子 料理・食べ物

石原洋子(いしはら・ひろこ)さんは料理研究家で自宅で40年も料理教室もされていました。

また「キユーピー3分クッキング」で10年間も就任されている。

石原洋子さんは「仕事をしている人が、家に帰って30分以内でつくれるレシピがあれば」と考えて書いたのが

2005年に出版された『3品30分の大満足晩ごはん』ですが、

現在は絶版になっております。

『今夜の食事にもう悩まない 献立力 30をつくりました』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今夜の食事にもう悩まない 献立力 30分で作る晩ごはんの考え方とレシピ136 [ 石原洋子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/6時点)

楽天で購入

 

 

そんな石原洋子さんの料理研究家の夫はホテルオークラ元総料理長!夫婦の普段の食卓など調べて見ました。

 

石原洋子

スポンサーリンク

石原洋子(いしはら・ひろこ)さんの経歴

職業:料理研究家

誕生日:1946年生まれ

出身地:東京都

出身高校:学校法人自由学園(東京都東久留米市)中等科・高等科一貫校

夫:根岸規雄(ねぎし・のりお)氏
ホテルオークラ東京 第四代総料理長
(2001~2009年)を務める。

 

石原洋子さんは幼いころから母親と共に台所に立ち、

「昼食は自分たちの手で」という食教育の自由学園に学ぶ。

卒業後は家庭料理、フランス料理、中国料理など、各分野の第一人者に学び、アシスタントを務めたのちに独立されました。

自宅で開く料理教室は40年以上になる。

確かな技術に基づく指導に定評があり、テレビや雑誌などで活躍中。

石原洋子さんの著書

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本当は秘密にしたい料理教室のベストレシピ [ 石原洋子(料理) ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/5/23時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

65歳からのふたりごはんの愉しみ [ 石原 洋子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/5/23時点)

楽天で購入

 

 

根岸規雄(ねぎし・のりお)さんの経歴

職業:料理人・学校法人北陸学園理事

誕生日:1941年生まれ

出身地:埼玉県生まれ

出身校:東京YMCA国際ホテル専門学校卒業

職歴

東京YMCA国際ホテル専門学校卒業後、ホテルオークラ東京の料理人となる。

ホテルオークラ東京開業以来50年にわたり腕をふるい、

第四代総料理長(2001~2009年)を務める。

フランス農事功労章シュバリエ受章。

現代の名工受章。

学校法人北陸学園理事。

著書は『ホテルオークラ総料理長の美食帖』(新潮新書)。

 

基本調味料だけでつくると、優しい味になる?

添加物が好きではないから、固形スープや化学調味料などは使わないそうです。

自然に出てくる素材の味で十分という主義なのです、

食材からうまみがちゃんと出てきます。

「絶対に出汁をとらなきゃ」と思っている方も多いけれど、そんなことありませんよ。

味つけは「酒とみりんと醤油を1・1・1」で、お砂糖をお好みで入れれば大丈夫。

それだけで、バランスのいい味ができあがります。

私は基本調味料が好き。

化学調味料を使ってばかりいると、家族の舌もそれに慣れて、刺激の強い味でないと物足りなくなる。

普段から基本調味料を使っていると、みんな優しい味で満足できるようになります。

子どもにはなるべく、優しい味で育ってほしい。ホッとする家庭の味が一番です。

 

夫婦の普段の食卓がきになる?

根岸規雄ホテルオークラ元総料理長とテレビでもお馴染みの料理家・石原洋子夫妻の「普段のごはん」、

食を極めたふたりの「普段のごはん」はどんな食事をされているか気になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん [ 根岸 規雄 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2021/5/23時点)

楽天で購入

 

 

根岸規雄さんがオークラのシェフ時代に世界一と言われたフレンチトーストが、ふたりの食卓に上がる日があるのでしょうか?

皆さんも高級なパンを使用されて思いきや、何と普通の4枚切り食パンだそうです。

ホテル勤務時代は家では料理を作る時間がなかったそうです、

しかし、今では根岸規雄さんが朝食を作っているそうで、

野菜スープ・コールスローサラダまでふたりの定番ばんだそうです。

特に和と中華のおかずに定評がある石原洋子さんは、

春はたけのこ、夏はなす、秋は鮭、冬の大根と、旬の食材をいろいろ料理している。

ワインのつまみもは、グリーンアスパラのパイロール焼き、チキンレバーのムースなど、

台所で一緒に肉を焼き、出来立てをふたりで食べるのが一番だそうです。

また保存食としては、梅干し、切干大根、ルバーブのジャム、きのこのソテーなどつくっているそうです。

高級食材かと思われましたが、普通の食材を使った料理でした。

タイトルとURLをコピーしました