尾身奈美枝は料理研究家で経歴や出身校は?フードコーディネーターとは?目玉焼き丼レジピ6選!

スポンサーリンク
尾身奈美枝 料理研究家

尾身奈美枝(おみ・なみえ)さんは料理研究家 フードコーディネーターです。

「フードコーディネーター」という職種を世に広め、定着させた先駆け的存在なのです。

料理番組の金字塔であるフジテレビ「料理の鉄人」においてフードコーディネーターとして活躍、

そこでの信頼と実績を生かし、現在テレビのみならず、新聞・雑誌やさまざまなメディアの料理番組を手がけながら、

エコをテーマとした新しいレシピ提案をメディアに発信し続けている。

そんな尾身奈美枝さんの経歴や出身校は?フードコーディネーターとは、目玉焼き丼レジピ6選など調べて見ました。

 

尾身奈美枝

スポンサーリンク

尾身奈美枝(おみ・なみえ)さんの経歴

職業:料理研究家,フードコーディネーター

誕生日:非公開

出身地:東京都

出身高校:トキワ松学園高等学校

専門学校:武蔵野調理師専門学校

フードコーディネーターとは?

テレビや雑誌などで解説される料理のメニューを思い描く事から、材料の仕込み、セッティングなどを担当する。

テレビや映画、広告などの食事シーンの色づけも手がける。

見るおいしさを伝える事が多々あるので、センスやテクニックも不可欠。

食の衣装合わせのほかにも、食関連の雑誌や単行本の企画を立てたり、

レストランや宿泊施設に就職して新メニューを考慮したり、食品メーカーに就職してアイテム製作に携わったりと、その職域は広がっている。

専門学校などに通って勉学する事も可能なのですが、専門家のアシスタントをしたり、関連の業務をしながら実力をつけていく。

日本フードコーディネーター協会の認定資格があると加味になる事もある。

年収はどれくらい?

・会社員として勤務する場合、会社の待遇に準じて年収400~800万円程度。

・フリーランスの場合、年収200~500万円程度。

尾身奈美枝さんの著書

 

 

 

尾身奈美枝さんの目玉焼き丼レジピ6選!

●ハムエッグ丼

(材料)

・たまご…1個

・ハム…2枚

・サラダ油…大さじ1/2

・ご飯…200g

・キャベツ(千切り)…30g

・ウスターソース…適量

(作り方)

①キャベツは千切りする。

②フライパンにサラダ油を入れ熱し、ハムとたまごを重ならないように入れハムは両面、たまごは片面焼く。

③どんぶりにご飯を盛り、キャベツの千切り、ハムとめだま焼きをのせ、ウスターソースを回しかける。

●おかかめだま丼

(材料)

・たまご…1個

・サラダ油…大さじ1/2

・ご飯…200g

・焼き海苔…1/2枚

・おかか…2g

・醤油…適量

(作り方)

①フライパンにサラダ油を入れ熱し、たまごを入れ焼く。

②どんぶりにご飯を盛り、焼きのりをちぎりながらのせ、①のめだま焼きとおかかをのせ、醤油を回しかける。

●カルボめだま丼

(材料)

・たまご…1個

・オリーブ油…大さじ1/2

・ご飯…200g

・バター(有塩)…5g

・黒胡椒…適量

・粉チーズ…適量

・ベーコン(厚切り)…50g

・パルメザンチーズ…適量

・黒胡椒…適量

・オリーブ油…適量

(作り方)

①ベーコンは1cm幅の棒状に切る。

②フライパンにオリーブ油を入れ熱し、①のベーコンとたまごを重ならないように入れ、ベーコンは転がしながら炒める。

③どんぶりにご飯を入れ、バター・黒胡椒・粉チーズを加え混ぜ合わせる。

④③に②のめだま焼きとベーコンをのせ、削ったパルメザンチーズ、黒胡椒をかけ、オリーブ油を回しかける。

●エッグベネディク丼

(材料)

・たまご…1個

・サラダ油…大さじ1/2

・ベーコン…3枚

・ご飯…200g

・刻みパセリ…適量

[オランデーズソース]

・卵黄…1個

・マヨネーズ…大さじ1

・醤油…小さじ1/3

・バター(溶かす)…15g

(作り方)

①フライパンにサラダ油を入れ熱し、たまごを入れ、水を少し加えフタをして「蒸し焼きたまご」をつくる。

②ベーコンをカリカリになるまで焼く。

③ボウルに卵黄とマヨネーズを入れよく混ぜ、醬油を加え混ぜたら、溶かしたバターを少しずつ加えなら混ぜる。

④どんぶりにご飯を盛り、ベーコンと蒸し焼きたまごをのせ、③のオランデーズソースをかけ、刻みパセリをふる。

●ウインナーサラたま丼

(材料)

・たまご…1個

・サラダ…油大さじ1/2

・ご飯…200g

・ウインナーソーセージ…2本

・好みのナッツ類(刻む)…20g

・ベビーリーフ、グリーンカールなど(お好みの葉野菜)…適量

・ミニトマト…4個(半分に切る)

・和風ドレッシング…適量

(作り方)

①ソーセージに切り込みを入れる。グリーンカールなどは食べやすい大きさにちぎりベビーリーフと水に放ち、水気をよく切っておく。

②フライパンにサラダ油を入れ熱し、たまごと①のソーセージを重ならない様に入れ焼く。

③どんぶりにご飯を盛り、①のサラダ類とミニトマト、めだま焼き、ソーセージをのせ、和風ドレッシングを回しかけ、好みのナッツをふる。

●ほうれん草エッグ丼

(材料)

・たまご…1個

・サラダ油…大さじ1/2

・ご飯…200g

・ほうれん草…100g

・ベーコン…20g

・バター(有塩)…10g

・塩、胡椒…適量

・醤油…小さじ1/2

(作り方)

①鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を加えほうれん草を茹でる。流水にとり、水気をしぼり3cm幅に切る。

②フライパンにサラダ油を入れ熱し、片隅にたまごを入れ焼き、空いてるところにバター・ベーコン・①のほうれん草を加え炒めあわせ、塩・胡椒・醬油で味を調える。

③どんぶりにご飯を盛り、ベーコンほうれん草とめだま焼きをのせる。

出典元:キユーピー株式会社、キユーピータマゴ株式会社
たまご知識普及会議 PR事務局より抜粋!

タイトルとURLをコピーしました