本多京子は管理栄養士&医学博士で年齢や経歴は?女性の夏バテ・美肌に効果的な食材は!

本多京子

本多京子(ほんだ・きょうこ)さんは 医学博士・管理栄養士です。

本多京子さんの60代からの暮らしはコンパクトがいい―「食」からはじめる

シンプルな快適生活が共感をえております。


作品内容

「〈食〉を中心に生活をコンパクトにしたら、どんどん身軽に心地よい」,

今後の「自身の時」、何をトップに大事にしていきますか?

一生100年ご時世を元気に生きる「食と生活」の知恵とは?

・身のまわりのものはみんな「現在の3分の1」くらいでちょうどいい、

・個室で「位置をとっているもの」を見直す

・「ラクケンごはん」で、体に当てはめて手っ取り早く・賢く・健康的に

その経験が、メディアやセミナーで反響を呼んでいます。

1回1回の食事、1日1日がさらに満喫してくるヒント集です!。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そんな本多京子さんの年齢や経歴に夫や娘に
60代からの暮らしはコンパクトがいいなど調べて見ました。

本多京子

画像:https://ziizi.i-ra.jp/e973601.html

本多京子(ほんだ・きょうこ)さんの経歴

職業: 医学博士・管理栄養士

誕生日:1948年生まれ

出身地:東京都豊島区巣鴨

出身大学:実践女子大家政学部食物学科卒業後

早稲田大学教育学部体育整理学教室研究員を経

東京医科大学で医学博士号取得。

結婚:夫・娘(詳しい情報はありませんでした。)

役職:「NPO日本食育協会」と「日本食育学会」の理事

本多京子さんが料理の道へ進んだきっかけは、
生まれた家が商売をしていて、忙しかった為自主的に料理を始めたことのようです。

7歳のころから台所に立ってタマゴ焼きなどをつくっていた。

魚屋さんや八百屋さんがまだ幼い本多京子さんに、食材の特徴や栄養、調理方法など丁寧に教えてくれたのが現在の職業になっている。

女性の夏バテ・美肌に効果的な食材は?

女性の84%が「夏バテ」経験者だそうです、
最近は異常気象が続いており、

「夏バテ」になると

・冷たい食べ物を多く摂りがちである。

・食生活が乱れがちになる。

・食欲が低下する。

したがって夏の食生活の乱れは、体調不良や、胃腸の働きの低下を招くほか、

肥満や肌トラブルの原因にもなります。

「きのこ×豚肉×塩麹」の組み合わせで「夏バテ」「夏太り」を解消!

●発汗によるビタミンB群の喪失が「夏バテ」の原因に

発汗によって失われるのは水分だけではありません。

汗とともに水に溶ける水溶性のビタミンが体から排出されますが、

中でも流出量が多いのがビタミンB1で、不足するとカッケ状態を招き、その結果だるさや疲れなどの「夏バテ」が起こるのです。

夏は、糖分が含まれている冷たい飲みものやデザートなどをとることが多くなるので、さらにB1不足を招きがちです。

「夏バテ」を予防できないと、秋口になっても疲れが抜けきらず、体調不良を引きずることも懸念されるのでやっかいです。

●きのこと豚肉の“ビタミンBの足し算効果”に期待

「夏バテ」になると食欲が減退し、さらにビタミンB群が不足しがちになります。

では、このような負のスパイラルから抜け出すには、どうすれば良いのでしょうか。

まず重要なのは、体を「食事」で立て直していくということです。

失われたものは食事で補うという発想がポイントとなります。

そこで「夏バテ」対策として活用したいのが、身近な食材の「きのこ」、「豚肉」と現在注目されている「塩麹」の組み合わせです。

「きのこ」と「豚肉」は、ともにビタミンB群を豊富に含んでいますので、夏の発汗で失われたビタミンBを補うのに理想的な組み合わせと言えます。

ビタミンB群(B1やB2、B6など)は一緒に組み合わせて摂取することで相互に働き合います。

ビタミンB群を日常の食事で手軽に摂れるのが「きのこ」と「豚肉」であり、「きのこ」にはB1,B2,B6,ナイアシン(B3)が含まれ、「豚肉」にはビタミンB1が含まれています。

それぞれが多く含んでいるビタミンB群の種類が違う為、かけ合わせて摂ることで、バランスよく摂取することが出来ます。

「きのこ」と「豚肉」がおすすめできるのは、この「手軽さ」という点に加え、2つを一緒に使うことで“Bの足し算効果”を期待できる点がなにより大きなメリットとなります。

ちなみにビタミンB群の中でも、皮膚の合成に関係するビタミンB2やB6、皮膚炎の予防に関係するナイアシン(B3)は“美容ビタミン”とも言われ、美肌を保つ作用も期待できそうです。

このような点からも、“ビタミンBの足し算効果”が期待できる「きのこ×豚肉」の組み合わせはおすすめなのです。

●食物繊維が豊富でヘルシー。「きのこ」と「塩麹」による「菌食」効果も

「きのこ」と「塩麹」に共通する点としては、まず、ともに「菌食」(菌を食べる)であるということです。

体にとって良い菌は、腸の中で善玉菌を増やして体調を整えてくれるという働きが期待できます。

「きのこ」と「塩麹」のもうひとつの共通点は、ともに「うまみ成分」が豊富なことです。

料理に自然な味わいが加わり、なおかつ「豚肉」との相性も抜群です。

さらに「塩麹」には「きのこ」にない塩分も含まれていますので、適量を加えることでうまみと塩気の両方を補うことができ、食欲も高めてくれます。

ちなみに、最近では、「夏痩せ」ならぬ「夏太り」が気になるという人も多いようですが、「きのこ」は低カロリーなうえ、

うまみと食物繊維が豊富で、しかも料理のかさを増やしてくれるため、食べた後の満足感が得られやすい食材です。

また、「豚肉の赤み」も低カロリーなため比較的安心して使えます。

「夏バテ」対策としても「夏太り」対策としても有効な食材の組み合わせを賢く取り入れて、暑い夏を上手く乗り切りたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ エール

朝ドラ!エール

NHK朝の連続ドラマ小説古山裕一(窪田正孝)のモデル古関裕而と妻・古関金子の半生は?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

忍者