なかしましほ(料理研究家)の年齢に結婚は?おやつのお店の場所や姉は編み物作家の三國万里子?

スポンサーリンク
なかしましほ 料理研究家

なかしま・しほ(料理研究家)さんは書籍や雑誌を中心に、ナチュラルなおやつ、ごはんのレシピを提案と、

料理教室やレストラン、カフェのメニュー開発や映画のフードコーディネートなどもされている。

人気になった「ほぼ日」で続けてきた
「ちいさなレシピを1ダース」シリーズ。

2012年の5月からはじまったこのコンテンツはスタートと同時に大人気企画となり、今もたくさんのおやつファンに親しまれています。


そんな「なかしま・しほ」 さんの年齢に結婚は?おやつのお店の場所、姉は編み物作家の三國万里子さんなど調べて見ました。

 

なかしましほ

スポンサーリンク

なかしま・しほ さんの年齢に結婚は?

誕生は1972年生まれで新潟県胎内市出身です。

お菓子に興味を持ったのは小学校低学年の頃だそうで、

クリスマスや誕生日買ってもらった雑誌

①non-noのケーキ本

②初心者向けのお菓子の本

③若い女の子向けのお菓子

三冊の雑誌が大事で現在も持っている。

雑誌はは買ってもらうが作るためのオーブンも無く毎日寝る前に読んでは作った気持ちになって、作ってもいないのにレシピを暗記するほどだったそうです。

20代でレコード会社や出版社で働いており、
お菓子作りのページの編集を担当したこともきっかけとなって、

二十代半ばには、もっと料理と関わっていきたいと考えるようになり退社し、

下北沢にあったベトナム料理店で働くが朝の9時出勤で帰りは

朝の4時の毎日で体を壊し、

ナチュラル系レストランに就職後に音楽イベントでケータリングを始めた。

そこで知り合った旦那さんと結婚されます、

旦那さんはデザイナー・イラストレーターの中島基文さん

お子さんは長男・長女の2人おられます。

なかしましほさんのお店「おやつの店foodmood」

HP:https://foodmood.jp/

住所:東京都 国立市 西 2-19-2

電話番号:042-573-0244

営業時間:

10:00~17:00(L.O.16:30)

定休日:月曜日・日曜日

アクセス

国立駅南口から徒歩17分

立川バス「音高(おんこう)」バス停より、徒歩約20秒

姉は編み物作家の三國万里子?

名前:三國万里子(みくに・まりこ)さん

職業:編み物作家、ニッター

誕生:1971年生まれ

出身地:新潟県胎内市

出身大学:早稲田大学第一文学部仏文科卒

妹:料理家の(なかしま・しほ)

家族:夫・長男

 

「なかしましほ」さんのかんたんクリスマスケーキレシピ!

お店のようなふんわり&しっとりスポンジのクリスマスケーキをおうちでも。小さめサイズなら少ない材料で気軽に挑戦できます。

調理時間80分

※スポンジを冷ます時間、休ませる時間、ケーキを冷蔵庫で冷やす時間は除く。

材料直径12cmの丸型1台分

卵(正味)90g(約1+1/2コ分)

砂糖(上白糖)45g

薄力粉(あれば製菓用のもの)45g

【A】

プレーンヨーグルト(無糖)15g

ごま油(白)

※米油やコーン油などでもよい10g

【シロップ】

熱湯大さじ1

砂糖(上白糖)小さじ1

【クリーム】 

生クリーム(乳脂肪分42%前後)200ml

砂糖(上白糖)20g

いちご(小)1/2パック(100g)

 

下ごしらえ・準備

①型の底と側面に、オーブン用の紙を敷く。

②オーブンは160℃に温める。

③フライパンの深さの1/3ほどまで水を入れ、中火にかけて鍋肌がフツフツとしてきたら火を止める(約80℃)。

④シロップの材料は合わせてよく混ぜ、砂糖を溶かして冷ましておく。

つくり方

スポンジ生地をつくる

❶ボウルに卵、砂糖を入れてハンドミキサーで軽くほぐす。

約80℃の湯を入れたフライパンで湯煎にかけながら、ハンドミキサーの高速で泡立てる。

卵液が人肌より温まったら(約40℃)湯煎から外す。

メモ

砂糖(上白糖)を使うと生地がしっとりする。

❷ハンドミキサーを持ち上げたときに生地がモッタリと落ちて、重なるくらいまで2〜3分間泡立てる。

ハンドミキサーを低速に変え、さらに1分間泡立てる。

メモ
仕上げに低速で泡立てると、泡のきめが細かくなる。

❸薄力粉の半量をふるい入れ、ゴムべらで底からすくい上げるように混ぜる。

粉っぽさがなくなったら残りの半量をふるい入れる。再び同様に混ぜ、粉っぽさがなくなったら、さらに10回混ぜる。

❹【A】を別のボウルに合わせ、なじむまで泡立て器で混ぜる。

❸をゴムべらで1すくい分加え、泡立て器でなじむまで混ぜる。

メモ

ヨーグルトを加えると、しっとりとした生地になる。

❺4を3のボウルに加え、ゴムべらで底からすくい上げるように、全体にムラがなくなるまで混ぜ合わせる。

メモ

油で泡が消えないよう、手早く混ぜる。

スポンジを焼く

❻型に流し入れ、10cmほど上から台の上にトンと落として気泡を抜き、160℃のオーブンで30分間焼く。

焼き色がつき、真ん中に竹串をゆっくり刺して生地がつかなければ焼き上がり。

すぐに型ごと10cmほど上から台の上にトンと落とす。

メモ

焼いたあと台の上に落として熱気を逃がし、焼き縮みを少なくする。

❼型から外して網にのせ、側面の紙を外して冷ます。

底の紙も外してポリ袋にふんわりと入れ、涼しい場所か冷蔵庫で2時間以上休ませる(前日に焼いておいてもよい)。

デコレーションをする

❽スポンジは厚みを半分に切る。いちごは洗ってヘタを除き、2/3量を縦半分に切って紙タオルで水けを拭く。

メモ

スポンジは定規を当て、回しながら少しずつ切るときれいに切れる。

❾【クリーム】をつくる。

ボウルに生クリームと砂糖を入れ、底を氷水に当てながら、ハンドミキサーでたらしたときに重なるくらいの堅さ(七分(ぶ)立て)に泡立てる。

別のボウルに1/3量を移し、ツノが柔らかく立つくらいの堅さ(八分立て)に泡立て器で整える。

❿ ❽のスポンジの断面に【シロップ】を1/3量ずつ小さめのスプーンで塗る。

下半分の断面に❾の八分立ての【クリーム】適量を薄く塗って縦半分に切ったいちご適量を並べる。

⓫上から八分立ての【クリーム】適量を塗っていちごを覆う。スポンジの上半分をのせ、いちばん上に残りの【シロップ】を塗る。

八分立ての【クリーム】が残ったら、側面に薄く塗る。

⓬ケーキの上に9の七分立ての【クリーム】の半量をのせ、ナイフで広げる。

はみ出した【クリーム】は、側面にも広げるように均一に塗る。

【クリーム】が足りなければ、残りの半量から適量を塗り足す。

メモ

小さめのテーブルナイフやパレットナイフを使い、クリームを広げながら平らにならす。

⓭ジッパー付き保存袋を角から折り込んで三角形にし、テープでとめて絞り出し袋をつくる。

⓬で残った七分立ての【クリーム】を堅め(八分立て)に泡立てて入れ、袋の先を1cmほど切り、ケーキの上に丸く絞り出す。

残りのいちごを飾り、30分~1時間冷蔵庫で冷やす。

◎エネルギー:1610 kcal(全量)

NHKhttps://www.nhk.or.jp/lifestyle/recipe/detail/603878.html から抜粋

タイトルとURLをコピーしました