粟田 貴也は丸亀製麺創業者で経歴に妻と息子や娘に父親は?香港タムジャイサムゴー ミーシェン出店!

スポンサーリンク
トリドールホールディングス 企業の社長

粟田 貴也(あわた・たかや) 氏は株式会社 トリドールホールディングスの社長です。

粟田 貴也社長は丸亀製麺創設者なのですが、2016年の会社分割を経て「株式会社丸亀製麺」となり、

現在は山口寛 代表取締役社長になっております、

丸亀製麺でお馴染みの会社の方が分かりやすいのですが、

株式会社 トリドールホールディングスとは!

●外食事業 国内

・丸亀製麺

・コナズ珈琲

・Lanai Cafe

・とりどーる

・長田本庄軒

・丸醤屋

・天ぷら定食まきの

・クローバー珈琲焙煎所

・豚屋とん一

・博多ん丸

・肉のヤマキ商店

・晩杯屋

・ずんどう屋

・SONOKO

●外食事業 海外

・WOK TO WALK

・MARUGAME UDON

・CRACKIN’ KITCHEN

・TOKYO TABLE

・Boat Noodle

・SHORYU

・雲南ヌードル

・Pokéworks

・MONSTER CURRY

こちらのお店を総括しているのが株式会社 トリドールホールディングスなのです。

高校卒業後に大学の門をくぐりますが、大学生になった時から将来はサラリーマンではなく、独立して自分の会社を起業しようと考えていました。

神戸市立外国語大学を中退し開業資金を得るために佐川急便のセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたそうですが、

その時は結婚されていたそうで、厳しい生活だったそうです。

そんな粟田 貴也社長の経歴に妻と息子や娘に父親は?香港タムジャイサムゴー ミーシェン出!など調べて見ました。

 

トリドールホールディングス

スポンサーリンク

粟田 貴也(あわた・たかや)社長のwikiや経歴

役職:株式会社 トリドールホールディングス代表取締役 社長

誕生日:1961年10月28日生まれ

出身地:兵庫県神戸市

出身高校:兵庫県立加古川東高等学校

大学:神戸市立外国語大学 夜間部中退

家族:奥さん・お子さんが3人(2男1女)計5人家族

職歴

1952年に佐川急便入社。

1985年8月にトリドール三番館 創業。

1990年6月 有限会社トリドールコーポレーション 代表取締役社長。

1995年10月に株式会社トリドール 代表取締役社長。

(現株式会社トリドールホールディングス)へ組織変更し、同社代表取締役社長に就任。

2000年に丸亀製麺開業。

M&Aなどを進め業容を拡大させた。

粟田 貴也社長は神戸市の出身ではありますが、その後加古川市へ引っ越しされた。

父親は警察官でしたが粟田 貴也社長が中学1年生の頃にくも膜下出血で亡くなられてしまいます。

お兄さんもおられたが非常に貧しい生活を強いられます。

お兄さんは後に警察官になっております。

粟田 貴也社長は日雇いバイトなどで家計を助けながら、名門・県立加古川東高校を卒業、

神戸市立外国語大学に進学しましたが、当時からサラリーマンではなく、独立してして自分の会社を起業したい漠然とした気持ちを持っていた。

外食産業を起業するきっかけになったのは、大学生時代にアルバイトをしていた喫茶店の仕事だった、

目標を定めた後はすぐに大学を中退し、その後開業資金を集めるために、

佐川急便のセールスドライバーを経て、23歳の時に故郷の加古川市に「 Yakitori Tori doll 3番館」をオープンさせています。

父親の故郷である香川県の讃岐うどん人気に着想をえて、2000年にセルフうどん業態『丸亀製麺』を開業。

しかし2003年から2004年に猛威を振るい始めた、

鳥インフルエンザが社会問題化し、その後本格的に「焼き鳥事業からうどん事業」にシフトを決断する。

チェーン店の常識を覆す数々の挑戦で顧客の心をつかみ、急成長。

2006年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2008年に東京証券取引所第一部に市場変更。

その後も多業態展開を加速しており、全業態の店舗数は2020年(令和2年)12月末時点で国内に857店舗、海外に11の国と237店舗を構える。

粟田貴也社長の妻と息子に娘や父親は?

 

父親は粟田貴也社長が中学1年生の頃にくも膜下出血で亡くなられてしまいます。

家族が気になりますが、妻(嫁)さんは粟田貴也社長の幼馴染だそうです。

お子さんは2男・1女の3人いらっしゃいますが、

詳細は不明です。

2015年のインタビューでは妻と次男の3人暮らしと言われておりました。

お子さんは現在は株式会社トリドールホールディングスの役員では名前がありませんでした。

他社で修行されているかもしれません?

 

香港人気No.1タムジャイ サムゴー ミーシェン出店!

株式会社トリドールホールディングス粟田 貴也代表取締役社長 兼CEO は、傘下グループ企業の「Tam Jai International Co. Limited」を通じ、

香港で人気No.1ブランドと評され、ミシュランに3年連続で掲載された『譚仔三哥米線(タムジャイサムゴー ミーシェン)』を日本に初出店する。

粟田 貴也社長は2028年3月期に海外店舗数を現在の6倍強の4000店に拡大する計画を掲げている。

2022年3月31日(木)に初出店する新宿中央通り店を皮切りに、

4月14日(木)に吉祥寺店、4月21日(木)に恵比寿店を続けてオープンする。

HP:https://www.tjsamgor.jp/

本場香港の味わいが日本で!

全6種のスープを揃えるグランドメニューには、香港で一番人気の“ピリ辛”スープ「麻辣(マーラー)」、トマトのフレッシュな甘さと酸味が魅力の「番茄湯(トマト)」をはじめ、

コクがありながらすっきりした味わいの「清湯(クリアスープ)」、焦がしスパイスの風味が癖になる「煳辣(ウーラー)」、

酸味と辛みが絶妙なバランスの「酸辣(サンラー)」、中国酢の酸味と辛みを融合した「三哥酸辣(サムゴーサンラー)」がラインナップする。

店内では、サイドメニューも充実しており、スパイスをまぶして焼いた人気チキン「トーフェイ・チキン」をはじめ、

豚バラにニンニクソースをかけた「豚バラチャーシューにんにくのせ」、日本限定メニューの「丸ごとトマトの黒酢ソース」「ほうれん草のマスタードソース」なども用意。

また「タムジャイサムゴーミーシェン」独自にブレンドした香港スタイルのアイスティー「香港レモンテイー」など、さっぱりしたドリンクメニューも展開する。

メニュー

<スープ例>

・マーラー 610円

・トマト 670円

・クリアスープ 550円

・サンラー 610円

・ウーラー610円

<トッピング例>

鶏むね肉 150円、豚バラチャーシュー 190円、香港直送フィッシュボール 150円、香港直送三角揚げ 150円

<サイドメニュー例>

トーフェイチキン 3個 380円、5個 550円、豚バラチャーシューにんにくのせ 小550円/大950円、丸ごとトマトの黒酢ソース 350円

<ドリンク例>
香港レモンティー 280円

タイトルとURLをコピーしました