わたなべぽんの年齢や夫にwikiに経歴は?母親との関係やダイエット35kg成功?

わたなべぽん

わたなべぽんさんはエッセイ漫画家ですが、
コミックエッセー「やめてみた。」が大ヒット中でシリーズ

累計35万部突破してます。

炊飯器やアイロン、メーク、もやもやする人間関係などを、やめてみたら、

暮らしが楽になったそうで、どこかに必ず共感する部分がある、

日常の「あるある」が反響を呼んでいます。

また「長年、部屋を片づけられない女」として過ごしてきましたが、

一念発起し汚部屋生活からも抜け出したそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

思い切ってモノを捨てたら、心の中の棚卸しまで出来のです。

そんな、わたなべぽん さんの年齢や夫にwikiに経歴は?母親との関係や

ダイエット35kg成功?など調べて見ました。

わたなべぽん

左・ダイエット前  右・ダイエット後

画像:https://images.app.goo.gl/AjtRiPs6TDEijhC37

 

わたなべぽん さんのwikiや経歴

職業:エッセイ漫画家

年齢:1974~1975生まれ

45歳~46歳(2012年37歳)

出身地:山形出身

現住所:杉並区在住

結婚:既婚

わたなべ ぽん さんは第6回コミックエッセイプチ大賞・C賞を受賞しデビュー。

著書にはAVなど成人男性向け商品を取り扱う古本屋の女性店長を務めた経験を、

・コミカルに描いた『桃色書店へようこそ』

わたなべぽん さん幼少期から母親との関係に悩む?

わたなべぽん さんは、幼少期から母親との関係に悩んでいたそうです。

母親に暴力をともなった厳しすぎる躾(しつけ)、精神的に追い詰められるほどの暴力的な言動、

昨今では児童虐待と呼ばれるかもしれない。

わたなべぽん さんの許容量をはるかに超えていて、彼女をずっと苦しめていたのだという。

スポンサーリンク


そんな経験から自己肯定感を持てなくなった彼女が、少しずつ自分自身を認め、

受け入れていく様を描いたリアルな物語だ。

彼女がどうやって幸せを感じるに至ったか、そのプロセスにある。

子供の頃のつらい記憶も含め自分の人生なんだ、それを受け入れるのが大変でしたが、

しかし改めて文字や絵で表現することで心の中や感情が整理できてきて、以前より自分の心に納得がいった感じがしたそうです。


わたなべぽん さん1年間+その後で35キロ痩せた?

2012年(37歳)で95㎏あった体重が、1年間で-30㎏に成功したダイエット方法は「スリム美人の真似をして痩せる!」という方法です。

実際95kgの時は運動不足に暴飲暴食生活

・お昼は弁当・揚げ物・マヨネーズ系サラダ・大福・コーヒー牛乳。

・夜はビール2本に唐揚げ+数種類のおかずで晩酌。

旦那さんが帰宅すると食事は再度一緒に山盛りの食事。

ダイエットのきっかけは自宅の便座が割れてしまったこと、

以前にマツコ・デラックスさんも、度々便座を割っていることを話してました。

割れた所に肉が挟まれて、そうとう痛いそうです。

これでダイエット魂に火が付きスリム美人になったつもりでダイエットする。

・朝からウォーキング

・食べ物は揚げ物でなく旬でヘルシーなもの

・飲み会はビールではなくスパークリングワイン

・夜はお肌のケア

・寝るときはジャージではなくパジャマ

・細やかな気遣いで心も美人

・体重が減るごとにご褒美も設定

1年間で-30㎏のダイエットに成功されました。

リバウンドしないでさらに5キロ痩せて35kgに成功」された。

自分が痩せると家族も痩せる、ダイエットは人生を変える、

ホントに「美人になったつもり生活」をやってみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。