マッチングアプリおとうふさんの本名に職業は?モテる方法・アドバイス申し込みは?

おとうふさん

マッチングアプリ「おとうふさん」何者なのかきになります?

マッチングアプリのプロフィール添削をしてくれるプロなのです。

婚活マッチングアプリ「ベアーズ」の貴方の
プロフィール添削や作成をしてくれるお仕事なのです。

何と「ベアーズの赤ペン先生」と呼ばれている

モテないことが長年のコンプレックスでしたが、プロフィールに研究に研究を重ねた結果、

マッチングアプリのペアーズで都道府県別1位(最高2000+いいね!)を獲得!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今までにマッチングアプリでデートした男性の数は推定300人以上!

そんな「おとうふさん」の本名に職業は?モテる方法・アドバイス申し込みなど調べて見ました。

おとうふさん

画像:https://images.app.goo.gl/DWekkDtrjaFWe8zT6

「おとうふさん」の本名に職業に経歴は?

職業:マッチングアプリのプロフィール添削と作成

本名:未公開(名前の由来は「おとうふメンタルだったから」)

誕生日:1989年2月24日生まれ

現住所:東京都

免許:中・高学校教員免許(英語)/日本心理教会認定カウンセラー

ツイッター

@o10fusan

「おとうふさん」は元ガールズバンドをされていた、しかし特にモテなかったらしいです。

画像を見る限りは可愛い方なので、もてそうですが何故なのでしょうか?

音楽を辞めると決意し実家でしばらく療養する。

27歳の頃から10種類以上のマッチングアプリ、友達の紹介、合コン、相席屋、婚活パーティー、結婚相談所など利用した。

モテないことが長年のコンプレックスになり、マッチングアプリのプロフィール研究を重ね、

マッチングアプリのPairs(ペアーズ)で都道府県別1位(最高2000+いいね!)を獲得した。

何と今までに出会った男性の数は300人以上なのです。

スポンサーリンク

しかし独身です。

その後は自身の経験とノウハウを生かして、今までに200件の近くのマッチングアプリのプロフィール作成や恋愛相談の依頼を受けている。

スキルマーケット ココナラの「モテる方法」カテゴリでは、プロフィール添削サービスが12ヶ月以上連続でランキング第1位となる。

今は婚活らしい婚活はしていない、「楽しく生きるのが一番じゃね????」という結論に達したからだそうです。

Twitterで自由気ままにオフ会の企画をしたり恋愛の気付きを呟いたり、

プロフィールの添削をはじめとした、マッチングアプリの仕事をしながら生計を立てている現在です。

恋愛・婚活マッチングサービス【Pairs】

国内最大級「800万人」が利用する恋愛・婚活マッチングサービス『Pairs(ペアーズ)』へようこそ!

Pairsでは、2012年11月のリリースから現在まで延べ15万人以上に恋人が出来たという実績があります。

328 フォロー中
9,354 フォロワー

「おとうふさん」の相談はこちら!

Pairsの 赤ペン先生

HOME:https://bananagohan.thebase.in/

利用料金

・プロフィール作成:9000円

・プロフィール添削:9000円

・写真選びサポート:2000円

※15枚以内のお写真の中から、マッチングアプリに使用するのに最もよいお写真を選びます。

・メッセージの添削:2000円

※最大6往復まで。それ以上の添削をご希望の場合は再度サービスをご購入ください。

・いいねを増やす写真を選ぶコツ:500円

・いいねを増やすひとことのコツ:500円

・マッチング後のメッセージのコツ:500円

・メッセージつきいいねのコツ:500円

・10日間集中コンサル:15000円

※10日間、メッセージでマッチングアプリのお悩み相談に乗ります。
1日1通は必ずお返事いたします。

・3ヶ月間集中コンサル:100000円

※3ヶ月間、マッチングアプリ運用やLINE、デートに関するコンサルを行います。

CONTACTはこちら

https://thebase.in/inquiry/bananagohan

最後に

マッチングアプリは4年間で1日に4~5件のアポを入れていたそうです、

メイクの研究、ダイエット、バストアップ、プロフィールの研究モテるためにありとあらゆる努力をしたそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ エール

朝ドラ!エール

NHK朝の連続ドラマ小説古山裕一(窪田正孝)のモデル古関裕而と妻・古関金子の半生は?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

忍者