川田智也は中国料理人でお店の場所や料金に予約困難で3カ月待ちで予約方法は?

川田智也(かわだ・ともや)氏は東京都 港区 南麻布にある中国料理茶禅華

(さぜんか)の料理長です。

この店の現オーナーである林亮治氏で「麻布 長江」時代の先輩である。

ミシュラン2つ星店「茶禅華」、伝統の中国料理と日本料理の技を調和させた

「和魂漢才」という新たな中国料理を生み出し、世界から注目されるシェフだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そんな川田智也料理長のお店の場所や料金に予約困難3か月待ちと予約方法は?

など調べて見ました。

画像:https://images.app.goo.gl/cCnQyifvNxiT45dM7

中国料理茶禅華 (さぜんか)のお店の場所や料金は?

住所:東京都 港区 南麻布 4-7-5

電話番号:050-3188-8819

営業時間:

17:00~24:00(LO20:30)

定休日:日曜日、月曜日を中心に不定休

席数:26席

(メインダイニング12席 個室2階2部屋10席 個室1階4席)

予約:予約可

web予約がおすすめです

web予約は公式ホームページより24時間受付け

HP: http://sazenka.com/

Facebook

https://www.facebook.com/sazenka/

インスタブラム

https://www.instagram.com/sazenka/

アクセス

日比谷線 広尾駅から徒歩12分

大江戸線 麻布十番駅から徒歩14分

南北線  白金高輪駅から徒歩14分

メニューは?

・季節の食材のおまかせコース(約15品) ¥23,000~

・干し鮑を含む季節のおまかせコース ¥38,000~

・上海蟹コース ¥35,000~

上海蟹を様々な調理法でお楽しみいただける秋冬のコース料理

※10月中旬~1月中旬限定

中国料理茶禅華は予約困難で3カ月待ちとは?

人気店はどこも同じで中々予約が取れないのが定番になっております。

茶禅華は毎月1日に2か月先末までの予約受付を開始するのです、

確実に3カ月待ちとなります、キャンセルが入った場合は運よくは入れるかも?

忍耐で予約するしかありません。

※食べログや一休.comレストランといったWeb予約も不可能です。

●誰でも簡単に予約する方法があるとの情報などもありましたが?

ラグジュアリーカードのブラックカードを保有すると、早く予約が摂れるとのこと?

ラグジュアリーカード ブラックは年会費100,000円(税抜)と高額ですし、審査などもあるのです。

富裕層向けのカードですので、忍耐良く予約してください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Premium Japan(@premium.japan)がシェアした投稿

川田智也(かわだ・ともや)料理長の経歴

職業:中国料理茶禅華 (さぜんか)料理長

誕生日:1982年12月8日生まれ

出身地:栃木県出身

出身高校:栃木県 佐野日本大学高等学校

専門学校:東京調理師専門学校 高度調理経営科 中国料理専科

職歴

2000年に東京調理師専門学校在学中に中国料理麻布長江にてアルバイトとして働く。

スポンサーリンク

2002年 東京調理師専門学校 高度調理経営科 中国料理専科卒業。

2002年に麻布長江 入社。

2008年に麻布長江 副料理長に就任。

200年に麻布長江 退社。

※サービス、調理ともに経験

201年に日本料理龍吟 入社。

※サービス調理ともに経験

2013年に台湾 祥雲龍吟の立ち上げに参加 副料理長に就任。

2016年4月に日本料理龍吟を退社。

2017年2月に茶禅華オープン。

2018年12月にミシュラン東京2019 二つ星獲得。

209年12月にミシュラン東京2020 二つ星獲得。

川田智也 料理長は幼少期から担々麺、麻婆豆腐、棒棒鶏などの四川料理が好きで、

幼稚園の卒園アルバムには既に「料理人になる」と書いていそうです。

栃木県佐野日本大学高等学校卒業後は上京し
東京調理師専門学校 高度調理経営科 中国料理専科に入学し、

アルバイトとして【麻布長江】に入門し、専門学校卒業後に、

2002年に入社されます。

【麻布長江】で10年間の研鑽を同店にて積んで、

その後、日本食材を活かす技術を学ぶべく
【日本料理龍吟】に入社されている。

※川田氏:

まさに自分が探していたのは、こういうことなのかと思いました。

食材を知り尽くした料理人がいる世界で修業すれば、きっと自分が考える中国料理の発展にもつながると確信を得ました。

「龍吟」ではまずはサービスから始めましたが、しばらくして台湾で新しい店「祥雲龍吟」を立ち上げることになり、

現在料理長を務める稗田良平料理長とともに副料理長としてそのオープニングに携わらせていただきました。

台湾店である【祥雲龍吟】の立ち上げにも参加する。

帰国後に準備期間を経て2017年2月【茶禅華】をオープン。

2018年12月にミシュラン東京2019 二つ星獲得。

209年12月にミシュラン東京2020 二つ星獲得。

川田 智也料理長の自慢の一品!

じっくりと旨味を煮溶かした『雉の極上スープ 雲呑添え』

スープは2日間ほど鶏ガラを水出しにし、あえて血抜きをせずに作っています。状態の良い雉を使っているからこそ、スープに血を煮溶かしても臭みが出ず、香りと風味が染み込んだ清らかなスープになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujioka Tsuyoshi(@tsuyoshi.fujioka)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Terasaaan(@h.tera)がシェアした投稿

最後に

川田 智也料理長は中国料理一筋であったが、独立ではなく日本料理店【龍吟】でのさらなる修行されております。

料理はときに優しく、ときにドラマティックな、音楽の旋律のようなコースメニュー、

和の心で食材に向き合い、独自の中国料理へと進んでおられます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ エール

朝ドラ!エール

NHK朝の連続ドラマ小説古山裕一(窪田正孝)のモデル古関裕而と妻・古関金子の半生は?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

忍者