大間漁師の竹内薫の魚喰いの大間んぞく!お店の場所や料金は?

スポンサーリンク
竹内薫 グルメ

大間漁師の竹内薫さんは100年以上の歴史を持つ大間のマグロ漁の中で知る人ぞ

知る大間漁業協同組合理事、

また引退され「魚喰いの大間んぞく(おおまんぞく)」魚系食堂のオーナーです。

竹内薫さんは長年培った目利き力で、獲れたての「大間のマグロ」を提供している。

竹内薫

画像:https://images.app.goo.gl/275tW5rebKH2gt9i8

スポンサーリンク

伝説の男・竹内薫さんとは?

竹内薫さんは工務店が本業だが、もともと漁師の子としてうまれている。

漁に出るようになった切っ掛けは、2000年に放送されたNHKの連続テレビ小説「私の青空」の舞台になったことなどで、大間産マグロのブームが起きていたころだ。

事故で左腕が不自由になり、マグロの一本釣りが不可能に。はえ縄漁を始めるが、

今度は船が全焼。それでも家族に励まされ、竹内さんは一億近い借金を背負い船を新造。

竹内薫さんは2001年には築地の初競りで2020万円(202キロ)の最高値をつけ、この記録は10年間破られなかったのです。

息子の長男の竹内大輔さんも偉業達成?

なんと息子長男の竹内大輔さんが、
2013年に 1億5540万円という破格の値で親子2代の最高記録保持者になった。

※222キロの青森県大間産クロマグロが、1億5540万円(1キロ当たり70万円)で競り落とされた。

これまで最も高かった2012年の5649万円(同21万円、269キロ)の3倍近くとなり、

記録のある1999年以降、最高値となった。

競り勝ったのは、2年連続ですしチェーン
「すしざんまい」運営の喜代村(東京)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@14yasuがシェアした投稿

竹内薫さんの「魚喰いの大間んぞく(おおまんぞく)」お店の場所は?

住所:青森県 下北郡大間町 大間 大間平17-377

電話番号:0175-37-5633

営業時間:8:00-18:00

定休日:不定休

アクセス

車:東北自動車道青森ICまたは、八戸自動車道八戸北ICから車で約3時間30分

電車:JR大湊線大湊駅から車で約80分

 

この投稿をInstagramで見る

 

@saitoakemiがシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

はるみちゃん(@harumichan21)がシェアした投稿

青森県 大間産本マグロを通販で購入はこちら

「魚喰いの大間んぞく」メニューは?

・まぐ唐定食 950円

・3色マグロ丼 3100円

・マグロ丼 2900円

・うに・マグロ丼 2500円

・3色マグロ刺身定食 3100円

・マグロ刺身定食 2900円

・マグロ・あわび丼 2800円

・うに・あわび丼 2800円

・うに丼 2500円

・刺身定食 2100円

・焼き魚ホッケ定食 900円

・あんこう鍋定食 1000円

・アワビ刺身 1800円

・ウニ刺身 600円

・タコ刺身 500円

・もずく 400円

・マグロ胃袋酢みそ和え 380円

・マグロ血合い唐あげ 300円

・マグロ唐あげ 700円

・タコ唐あげ 500円

予算

ランチ ~4000円・ディナー ~5000円

最後に

竹内薫さんはテレビ出演を拒否していたそうですが、

NHKさんのしぶとい出演交渉に根負けしたそうです。

タイトルとURLをコピーしました