根本宗子(劇作家)の年齢や経歴に彼氏はヒモ男と同棲?中村勘三郎との出会いとは?

スポンサーリンク
根本宗子 気になる情報

根本宗子(ねもと・しゅうこ)さんは劇作家、演出家、 脚本家、女優、月刊

「根本宗子」主宰。

月刊「根本宗子」はこちら

https://gekkannemoto.wixsite.com/home

根本宗子さんは19歳で劇団を旗揚げし、企画・脚本・演出・女優までこなす

演劇界大注目の人物です。

また、根本宗子さんが編集長を務めるwebマガジン「ほまれ」

2021年1月大変豪華ラインナップでスタートされている、

毎月500円で連載陣のコラム読み放題!
書籍化を目指している。

根本宗子さんの結婚など検索されておりますが、まだ結婚はしておりませんが、

根本宗子さんヒモ男と3年半同棲していたり、恋愛が根本さんの舞台になっている。

そんな根本宗子さん年齢や経歴にヒモ男と3年半同棲、6年の車椅子生活、中村勘三郎との出会いなど調べて見ました。

根本宗子

スポンサーリンク

根本宗子さんヒモ男と3年半同棲?

ネット上でも「かわいい」など検索されておりますが、

結婚はしてないが同棲はしていたのです、しかもヒモ男と3年半同棲していた。

対談で

私は、ヒモっぽい男の人と長く一緒に住んで、その関係が終わった時に、

「もうちょい早く気づけばよかった」って思ったことはありました。

私は3年半で気づいたけど、その時書いた台本は、10年付き合って気付くってことにして。

それが自分の中での落とし所だった。自分よりもっと悲惨なバージョンを演劇にすることで、「それよりはマシだったな」って自分を慰めるという。

その時のヒモ男も演劇をやりながらバイトをしていてホントに

ダメな人だったようです。

家賃も全額、払っていたし20代前半のときは、共依存感が強かったから、

自分よりもしっかりしていない人と出会うことが多かったせいか、好きな人に頼まれたらすべてにイエスと言ってしまう。

20代後半になって「付き合ったらすぐ同棲」というパターンをやめたら、恋愛面は少し平穏になったそうです。

現在は平穏な恋愛をされているでしょう?

根本宗子さんが可愛いと思ってしまうのは、どこか抜けている人。

昔から、食べている途中で食べ物がお箸やスプーンからこぼれてしまう人を見るのが好きなんです。

「かわいそう」と「可愛い」が入り交じった感情を抱くそうです。

根本宗子さんが中村勘三郎との出会いとは?

幼少期から里谷多英(モーグル)に憧れていたが、不慮の事故で負傷し中学高校時代を車椅子で過ごしていた。

交流のあった中村勘三郎氏に薦められた演劇にのめり込む、

高校時代には年間100~120本ほど鑑賞していたという。

お金が無ければ年間100本以上見られません、実家は金持ちではないか?

実家は不動産一家!

両親・お祖母ちゃんも不動産業の不動産一家で
お金持ちだったのです。

中村勘三郎氏の関係は根本宗子さんの母親と
中村勘三郎さんの奥さんが親友という縁があって、

中村勘三郎氏から誘ってもらい「大人計画っていう面白い劇団があるんだ。

そこに今度出るから、観においで」って。

小さい頃から歌舞伎を観に行って勘九郎さん、七之助さんとは幼馴染なのです、

お兄ちゃんみたいで出演するお芝居はかかさず観に行っていた。

根本宗子さんの経歴
誕生日:1989年10月16日生まれ

出身地:東京都目黒区

出身高校:東洋英和女学院高等部

出身演劇学校:ENBUゼミナール演劇コース

趣味:テーマパーク巡り、旅行

ENBUゼミナール演劇コースに通っていたのは、わずか1年間で、その際に学んだ基礎と、これまでの経験や知識を元に、劇団を立ち上げたのはスゴイ才能の持ち主で金銭的にも余裕があったからでしょう。

最後に

根本宗子さんは、ふいに聞こえてきたセリフから妄想を展開するそうです。

日常の中でふと出会った人々の言動から、時に鋭く、時に優しく、時に斜めの方向に妄想を広げる。

タイトルとURLをコピーしました