中嶋祐子ケンタッキーの経歴や年齢に高校や大学は?2層戦略と国内産使用と店内の手作り?

スポンサーリンク
中嶋祐子 グルメ

中嶋祐子(なかじま・ゆうこ)さんは日本ケンタッキー・フライド・チキンの立役者であり、

日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)
マーケティング本部長 CMO兼 マーケティング部長 です。

中嶋祐子(なかじま・ゆうこ)さんは2017年
10月以降から売上が9カ月連続で前年割れだったケンタッキーフライドチキン(KFC)、

※前職、KFC Restaurants Asia Pte. Ltd.で日本を中心としたアジアマーケットのブランドマネジメントを行った経験をもとに、2018年4月より現職。

売り上げ減少の原因はコンビニエンスストアでチキンが提供されるようになるなど、市場環境の変化が大きかった。

日本のKFCはクリスマスなどのスペシャルな機会に食べられる傾向が強く、ランチや個食など日常で食べてもらうイメージがあまり無い、

中嶋祐子さんの敢行した施策が、「2層戦略」だった。

そんな中嶋祐子さんの経歴や年齢に高校や大学は?2層戦略と国内産使用と店内の手作りなど調べて見ました。

 

中嶋祐子

 

スポンサーリンク

中嶋祐子(なかじま・ゆうこ)氏の経歴

 

役職:日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)
マーケティング本部長 CMO兼 マーケティング部長

誕生日:1974年生まれ

出身地:千葉県柏市

出身高校:千葉県立東葛飾高等学校

出身大学:慶応大学法学部政治学科卒

前職:米系広告会社のジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン(旧名)

中嶋祐子さんは千葉県立東葛飾高等学校を1993年卒業し1998年慶応大学法学部政治学科卒。

卒業してから米系広告会社のジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン(旧名)入社。

2012年にKFCブランドを保有するヤム・ブランズのアジア部門に転職しシンガポールにてブランドマネジメントを担当。

2018年4月に日本KFC入社。

2020年4月からマーケティング本部長 CMO兼 マーケティング部長 現職。

中嶋祐子さんの敢行した施策が、「2層戦略」とは?

 

・買い得感のあるセットと期間限定商品の双方を強化。

若年層にとっては、コンビニなどと並んで数ある選択肢の一つにすぎない。

お得なセットも少ないので、『ケンタッキーは高い』と思われていました」。

負のイメージを払拭し、「ワクワクするブランド」という認識を広げることが肝要だった。

2018年7月から販売した500円ランチセット、CMに演技派女優の高畑充希を起用。

「今日、ケンタッキーにしない?」

客数が前年比20%以上と異例の急増した。

 

2019年にはレッドホットチキンに加え、甘辛い「辛口ハニーチキン」「スパイシーメキシカン」といった期間限定商品を割安なメニューと併売。

たまった「チキンマイル」に応じて特典を受ける公式アプリを強化。

広告戦略を変える?

限られた予算で両方の魅力をアピールする必要が生じ、中嶋祐子さんの戦略は1つひとつのキャンペーンの販売期間を長く取る戦略だった。

現在はTwitterや、TikTok、YouTubeといったデジタルメディアにも広告を出す。

 

オリジナルチキンは国内産使用と店内の手作り?

ケンタッキー・フライド・チキンの素材には徹底的にこだわっており、全量、国内のKFC登録飼育農場で、

独自に開発したハーブ飼料を与えて飼育した肉を使用している、

中雛(ひな鳥)を使い、店では生の鶏肉の粉付けからすべて手作りしている。

しかし、その認知率は国内産鶏のみ使用という点でまだ6割で、手作りについても5割の認知度をこれから安全を出していく。

最後に

500円ランチセットは利用させていただいている、素材やお店での手作りで、

厨房スタッフ全員に「チキンスペシャリスト」というKFC独自の調理認定資格の取得を義務付けている、

子供にも安心して食べさせるのが良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました