唐澤千帆は三軒茶屋帆帆魯肉飯店お店の場所やメニューと料金は?経歴や口コミは?

スポンサーリンク
唐澤千帆 グルメ

東京世田谷三軒茶屋に台湾の国民食「魯肉飯( ルーローハン)」の専門店「帆帆魯肉飯(ファンファンルーローハン)です。

そこの店主が唐澤千帆(からさわ・ちほ)さんで、
簡単に言えば台湾料理の一つで「煮込み豚肉かけご飯」です。

醤油をベースに台湾料理の代表的なスパイス・八角で豚肉を甘辛く煮込み、白ご飯にかけた台湾の国民食。

唐澤千帆さんが会社員時代に台湾に旅行した時に、心奪われたのが始まりで、

中国語から勉強しレシピを学んだ本場の味に、「クセになる美味しさ」「他で食べるより美味しい」と、お客さんの評判も上々だ。

そんな唐澤千帆さんの東京世田谷三軒茶屋に台湾の国民食「魯肉飯( ルーローハン)」の専門店「帆帆魯肉飯(ファンファンルーローハン)の

三軒茶屋帆帆魯肉飯店お店の場所やメニューと料金は?経歴や口コミなど調べて見ました。

 

唐澤千帆

スポンサーリンク

帆帆魯肉飯(ファンファンルーローハン)の場所は?

 

HP:https://www.funfunluroufan.com/

住所:東京都世田谷区三軒茶屋1丁目5-17

営業時間:

【LUNCH】12:00~15:00(14:30L.O)

【DINNER】17:00~20:00(19:30L.O)

土日:12:00~19:00(18:30L.O)

定休日:月曜・水曜

営業カレンダーはこちら

帆帆魯肉飯|店舗・営業情報
東京世田谷・三軒茶屋に2020年秋にオープンした台湾料理の魯肉飯(ルーローハン)専門店「帆帆魯肉飯(ファンファンルーローハン)」の営業情報です

アクセス

三軒茶屋駅徒歩7分

 

この投稿をInstagramで見る

 

帆帆魯肉飯(@funfunluroufan)がシェアした投稿

帆帆魯肉飯のメニューと料金は?

メニュー

・魯肉飯セット(並)
魯肉飯(並サイズ)、滷蛋、週替わりスープ、漬物付き900円(税抜)

・魯肉飯セット(小)
魯肉飯(小サイズ)、滷蛋、週替わりスープ、漬物付き800円(税抜)

・単品魯肉飯[TAKE OUT]
単品の魯肉飯でテイクアウトが可能です。漬物付き
700円(税抜)

・単品魯肉飯(小)
台湾夜市で見かける小さいサイズ。お子様にオススメ600円(税抜)

・涼拌乾絲
押し豆腐のサラダ400円(税抜)

・台湾茶シロップの杏仁豆腐
ふるふるやわらかい杏仁豆腐の台湾茶シロップがけ
430円(税抜)

・台湾茶
その時々で提供する茶葉が変わります
400円(税抜)

※料金は2021年3月現在です。

 

唐澤 千帆(からさわ・ちほ)さんの経歴

 

唐澤 千帆さんは元々は会社員で料理人経験のなかったが、休日にカフェを間借り営業して、ルーローハンの店をスタートしました。

その味が評判を呼び、行列のできる人気店となったのです、

3年で間借り先は4店舗に増えたが、会社員との両立が難しくなり、

会社を退職されます。

その半年後にコロナの1回目の緊急事態宣言が発出され、間借り先がすべてなくなり収入がゼロになった。

唐澤 千帆さんは融資を受けて東京世田谷三軒茶屋に台湾の国民食「魯肉飯( ルーローハン)」の専門店「帆帆魯肉飯(ファンファンルーローハン)開店されたのでした。

わずか1ヵ月半で2度目の緊急事態宣言が発出され、売り上げは2割程度落ちた。

経営的には厳しい状況が続くが逆境の中でも、いつか自分が誰かの架け橋になる事を夢見て奮闘を続けているのです。

テイクアウトありますので応援していきたいです。

唐澤 千帆さんは一般人なので他の情報はありませんでした。

 

魯肉飯店( ルーローハン)の口コミは?

お昼ごはん

■ 魯肉飯セット(並)¥900(税抜)

メニューは、魯肉飯を中心に、
サイドメニュー、台湾茶といったドリンクメニューのラインアップ。

8分ほどで到着。
魯肉飯の他、スープが付く。
そのスープは、本日は干しエビとセロリのスープだそうで、優しいお味。

魯肉飯には、豚肉の他、高菜・煮卵・たくあんが付く。
メインの豚バラ肉の角切りは、
甘辛く醤油で煮込まれれており、炊きたてのごはんと相性もバッチリ。

干し椎茸も入っており、コイツもいい役目。
普通に美味しく、バクバク進む。

ちなみに卵の黄身はパッサパサタイプ。
これとろっとタイプならいっそういいのに、と思うのは私だけ?
これが台湾式なのだろうか。

ファストフード感覚でサクッと食べられるので、
可愛らしい外観、女性的な雰囲気に怖気づかず、
牛丼チェーンに飽きてきた男性連中にも、オススメです。

・美味しいかわいい台灣的魯肉飯!

*待ち時間*
日曜日12:10頃
20分程度待ちました。

*注文&金額*
魯肉飯セット990円

*お店の雰囲気*
とっても可愛らしい雰囲気です。
台湾の可愛いところを集めた感じです。

*サービス*
親切な店員さんでした。日本語もとてもお上手です。

*感想*

魯肉飯
ちょっと割高な気もしますが許容範囲です。
味は濃すぎず、でも八角の味が効いています。お肉も適度に脂身が入っていて柔らかジューシーで美味しいです。これは今まで食べた日本の魯肉飯の中では上位の方かも!

煮卵はかなり固茹ででした。高菜やたくあんで味変もできて美味しかったです。
普通サイズと小サイズがありますが、小サイズは普通サイズの6割くらいだそうです。
なので普通サイズのご飯少し少なめというわがままなお願いをしてしまいましたが、快く承諾してくれました。また、味は辛くないですか?とわざわざ声をかけに来てくれました。この量で私はちょうどよかったので、次回もこれでお願いしたいです。

蛋湯
干しエビも入っている優しい味の卵スープで美味しかったです。

涼拌乾絲
ちょっと硬めの乾絲でしたがご飯とスープでは物足りず、おかずが一品足りないなと思っていたのであってよかったです。

*期待したいこと*
魯肉だけレトルトパックに販売して欲しいと思いました。また行きたいです。

・魯肉飯専門店

三軒茶屋に移転してきた帆帆魯肉飯さん。

魯肉飯のセットと涼拌乾絲
を頂きました。
スルメイカのスープの味が面白い。

墨田区のお店を探して行ってから2年半ぶり。
やっぱり美味しい。
テイクアウトも出来るので有り難いです。

このような口コミがありますが、台湾の屋台等で食べた事がある方にとっては、少し割高感があるようです。

食べて見て高いか安いかはその方の判断ですが、台湾屋台と東京の三軒茶屋では立地等を考えると?

最後に

台湾旅行もままならない現状ですので、少しでも台湾の味が恋しい方には最高なのではないでしょか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました