廣瀬タカ子ひろせホームの経歴や高校に夫は?行政の補助金はあるの?

スポンサーリンク
廣瀬タカ子 気になる情報

廣瀬タカ子(ひろせ・たかこ)さんはひろせホーム
・小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)
の代表です。

廣瀬タカ子さんは親が育てられない子供を、別の家庭で一時的に育てる「里親制度」で、

現在は廣瀬タカ子さん夫婦と幼い5人の子どもたちが、ひとつ屋根の下で暮らしている。

年齢からしたら5人の孫の世話を毎日しているようなことなのです。

「里親制度」は

親の病気、家出、離婚、そのほかいろいろな事情により家庭で暮らせない子どもたちを、自分の家庭に迎え入れて養育する人のことをいいます。

里親制度は、児童福祉法に基づいて、里親となることを希望する方に子どもの養育をお願いする制度です。

近所に住む廣瀬タカ子さんの娘や孫も加わって食卓を囲み、テレビを見たりケンカする子を叱ったり

勉強の進みぐあいなど見てやったりと、本当の家族と変わらない生活をされている。

どんな事情があれ、産まれてきた子を守るために周りがどれだけサポートできるか、

社会全体で子どもを育てる世の中になってほしいと、廣瀬タカ子さんは思うのです。

そんな廣瀬タカ子さんの経歴や高校に夫は?収入や補助金はあるの?など調べて見ました。

 

廣瀬タカ子

スポンサーリンク

廣瀬タカ子(ひろせ・たかこ)さんの経歴

職業:ひろせホーム・小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)代表

誕生日:1947年生まれ

出身地:北海道伊達市生まれ

出身高校:神戸学院大学附属高校 (旧)森学園

結婚:夫(正(まさし)さん)

前職:千葉県君津養護学校職業訓練

Facebook

廣瀬 タカ子
廣瀬 タカ子さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、廣瀬 タカ子さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

 

廣瀬タカ子さんの父親も里親として子どもを引き取っており、里子と共に幼少期を過ごされている。

中学生の頃には、養子として叔母さんの元で暮らしていたそうです。

20歳で廣瀬 正さんと結婚。

40代で里親登録すると、2003年に千葉県で最初の里親型ファミリーグループホームを開設されている。

廣瀬タカ子さんは地方自治体ごとの制度だったファミリーホームを全国に広める活動を始める。

厚生労働省に通い詰め、ファミリーホーム法定化への道筋をつけたのです。

2005年8月に「ファミリーホーム全国連絡会」と命名し全国里親型のファミリーホームを設立し、

会長に就任し全国にファミリーホームを広めるための活動を開始。

2009年4月にファミリーホームの制度化を実現させ、児童福祉法改正に取り組む。

ファミリーホーム「ひろせホーム」の場所は?

住所:千葉県君津市人見2町目12-4

電話番号:0439-54-5688

FAX:0439-54-5688

ファミリーホームの行政の補助金はあるの?

「ファミリーホーム」って?

A:厚生労働省が定めた第二種社会福祉事業で「小規模住居型児童養育事業」を行う住居を「ファミリーホーム」といいます。

里子を委託されると里親へ支払われる手当、里子への養育費など一覧

里親手当て・養育費(国からの助成・給付)

里親手当て・里子への養育費・各自治体からの助成>里親から里子への児童虐待
里親のもとに保護されても、里親からの虐待により悲惨な生活を送る子供もいます。里親による里子の養育費の使い込みを見逃さないでください。

各自治体からの支援・助成(国からの助成に加算)

里親手当て・里子への養育費・各自治体からの助成>里親から里子への児童虐待
里親のもとに保護されても、里親からの虐待により悲惨な生活を送る子供もいます。里親による里子の養育費の使い込みを見逃さないでください。

最後に

小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)は定員が6人が基準です。

規模によりますが認可申請が受理されるまでの人件費や必要経費は自己負担となります。

あくまでもボランテア一環として成り立っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました