大江伸治は三陽商会の再生請負人!経歴に大学と今後注力するブランドは?

スポンサーリンク
大江伸治 企業の社長

大江伸治(おおえ・しんじ)株式会社三陽商の代表取締役社長 兼 社長執行役員です。

三陽商会は3期連続最終赤字を止めるために三井物産から送り込まれた大江伸治社長。

大江伸治社長はスポーツウエア大手のゴールドウインを再建した手腕を買われ、

構造改革だけでなく、仕入れのストップ、赤字ブランドの大幅コストカットに着手。

加えて2020年7月には東京・銀座の自社ビル売却し、

2021年1月には180人の希望退職の募集もした。

ブランドECを運営するルビー・グループをソニーグループ傘下のSMNに売却するなど、

しかし結果は5期連続の最終赤字となった。

2018年7月、H&Mの日本1号店だった銀座店が閉店し、「ファストファッション時代の終焉」と大きな話題になりました。

日本人のファッションの常識が崩れる中、消費者にどんな服なら買ってもらえるのか?

大量生産・大量消費を前提にしてきたアパレルビジネスはどう変わるのか?

そんな大江伸治社長の再生請負人!経歴に大学と今後注力するブランドは?など調べて見ました。

 

大江伸治

スポンサーリンク

大江伸治(おおえ・しんじ)社長の経歴

役職:株式会社三陽商会 代表取締役社長 兼 社長執行役員

誕生日:1947年8月27日生まれ

出身地: 奈良県

出身大学:京都大学 法学部

職歴

1971年4月 三井物産株式会社入社。

1997年7月 同社本店繊維第三部長。

2004年4月 同社理事コンシューマーサービス事業第一本部副本部長。

2007年6月 株式会社ゴールドウイン取締役専務執行役員総合企画本部長。

2010年4月 同社取締役副社長執行役員総合企画本部長兼事業統括本部長。

2014年4月 同社取締役副社長執行役員社長補佐。

2016年6月 同社取締役相談役。

2018年6月 同社相談役。

2019年4月 同社顧問。

2020年3月 株式会社三陽商会 入社副社長執行役員。

2020年4月 株式会社三陽商会 副社長執行役員経営統轄本部長。

2020年5月 株式会社三陽商会 代表取締役社長兼社長執行役員経営統轄本部長(現任)。

 

今後注力するブランドは何?

・「マッキントッシュ ロンドン」

・「クレストブリッジ」

・「エポカ」「ポール・スチュアート」

の4つはコアブランドとして発展させていくそうです。

「三陽山長」や「エス エッセンシャルズ」については「SANYO」の社名を打ち出していく。

 

三陽山長の店内に「100年コート」を置くなどしてきたが、SANYOを冠としたショップの中に誇るブランドをいくつか揃え、

マーチャンダイザーにも工夫を取り入れ、品質の高いものを展開していく。

最終的にはひとつのベンチマークとなることを目指しする。

 

大江伸治社長の「三陽商会の復活」は?

まず黒字化は前提で、いまはスタートラインにも立てていない。

黒字化を達成した後、僕がどこまで経営に携わるかは正直わからない。

一つの切符がもらえるとしたら、売上規模はともかくとして、

営業利益率10%、粗利率55%、販管費率45%の水準を達成することが一つの目標になるだろう。

これは私がゴールドウインに在籍していた頃の水準でもある。

販管費率については来期に47%、粗利率は50%に到達する見込みで、実現性のある数字だと思っている。

最後に

終わりを迎えた百貨店との蜜月

オンワード樫山を中核とするオンワードホールディングスは、

2019年度2020年度の2年間で、同社店舗の4割強に当たる1400店を撤退。

コメント

タイトルとURLをコピーしました