柴田裕キーコーヒーの経歴に大学と家族や 子供は?会社名の由来は?

スポンサーリンク
キーコーヒー 企業の社長

柴田 裕(しばた・ゆたか)キーコーヒー株式会社 代表取締役社長です。

1920年(大正9年)柴田文次(しばた・ぶんじ)氏がコーヒー商・木村商店として創業、

2020年8月キーコーヒーは創業100周年を迎えている。

初代 1920年(大正9年)柴田文次氏

2代目1970年(昭和45年)柴田博一氏

3代目1994年(平成6年)太田敬二氏

4代目2002年(平成14年)柴田 裕氏

キーコーヒーは一流ホテルやマクドナルドのコーヒーにも使われているのです。

コロナ禍では、自社ブランドのセルフ式カフェの出店攻勢をかけたり、家飲み需要にも応えたりしている。

幻のコーヒーとも言われた「トアルコトラジャ」というブランド豆は、

一度は滅んだと思われていた名品を、インドネシアの自社農園で復活させた。

そんな柴田 裕社長の経歴に大学と家族や
子供は?会社名の由来など調べて見ました。

 

キーコーヒー

スポンサーリンク

柴田 裕(しばた・ゆたか)社長の経歴

役職:キーコーヒー株式会社 代表取締役社長(4代目)

誕生日:1964年1月12日生まれ

出身地:神奈川県横浜市

出身大学:慶応義塾大学経済学部

1994年慶應ビジネススクールMBAを取得

趣味: ラテンミュージック・ピアノ・2人息子さんのピアノの練習をみてやること

特技:スペイン語

家族:妻・2人男の子

 

【経歴】

1987年に キーコーヒー株式会社入社

1997年4月に第一営業部長

1997年6月に取締役就任

1999年に広域営業本部副本部長

2000年に 常務取締役就任、企画本部長

2001年4月にマーケティング本部長

2001年6月に専務取締役就任

2002年1月に代表取締役専務取締役就任

2002年7月に代表取締役社長就任(現在に至る)

 

柴田 裕社長は会社を継ぐように言われたことが無かったので、

学生時代は商社への就職を検討していた、
仕事で各国をまわる商社のワークスタイルには、単純に惹かれた。

会社に入る切っ掛けは、訪れれていたインドネシア・スラウェシ島「トアルコ トラジャ」を生産する直営農場。

栽培されるコーヒーをより多くの日本人に広め、現地の栽培者にもさらに豊かになってもらいたい。

商社でなくとも、憧れる仕事やそのスタイルが目の前に広がっていたのだった。

柴田 裕社長の家族や子供は?

柴田 裕社長には2人の息子さんがおられるそうで、

現在ピアノを再開されて2人息子さんのピアノの練習をみてやることが趣味になっているそうです。

奥さんとは休日は「単館上映の欧州映画を見に行くことが多い」そうで月に2回ほど映画館に通うそうです。

その他の詳細は不明でした。

キーコーヒーの名前の由来は?

柴田文次(しばた・ぶんじ)氏がコーヒー商・木村商店として創業されておりますが、

KEY COFFEE「キーコーヒー」の名前の由来が気になります。

平成元年にキーコーヒー株式会社に社名を変更したのですが、

キーコーヒーのキーとは「食文化を握る鍵」であり「高品質を握る鍵」となる企業へ飛躍するという意味が込めている。

いつの時代にも、

コーヒー文化の鍵を開く存在であり続ける企業を目指しています。

昭和3年から鍵をシンボルにしたロゴを使用し、

現在のデザインは平成元年の社名時に変更しました。

ロゴの背景の青は「信頼性、正直さ」、

文字とマークの黄色は「幸福や希望」を表しています。

最後に

柴田 裕社長は平均すると1日4~5杯は飲んでいる、

飲み方は体のコンディションで変わるそうで、疲れたときは砂糖と、

ミルクをたっぷり入れたウインナーコーヒーやカプチーノがお好きだそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました