髙城順子は料理研究家で経歴に大学と出版物は?子どもの野菜嫌いを治すポイントは?

スポンサーリンク
高城順子 料理・食べ物

高城順子(たかぎ・じゅんこ)さんは料理研究家、栄養士です。

得意の料理ジャンルは 家庭料理、和・洋・中の料理に精通し、

本格的な味をシンプルな調理法で、誰にでも再現できるレシピを提案している。

栄養学に基づいた家庭のご飯に合うおかずと親しみやすい語り口が人気。「きょうの料理ビギナーズ」の監修も務めております。

NHK「きょうの料理」「あさイチ」などのテレビや雑誌、講演など幅広く活躍している。

そんな高城順子さんの経歴に大学と出版物は?子どもの野菜嫌いを治すポイントはなど調べて見ました。

 

高城順子

スポンサーリンク

高城順子(たかぎ・じゅんこ)さんの経歴

職業:料理研究家、栄養士

年齢:非公開

出身地:大阪府生まれ名古屋育ち

出身短期大学:女子栄養短期大学食物栄養科

 

高城順子さんの出版物は?

 

 

 

高城順子さんの子どもの野菜嫌いを治すポイントは?

高城順子さんは「子どもの野菜嫌いを治すポイント」を

3つ挙げておられます。

①野菜の強い味を和らげることだそうです。

どのようにするか?そのためには油で炒めたり、卵を使ったマヨネーズで和えたりして、野菜をコーティングすることが有効です。

②野菜の形や食感を変えることだそうです。

野菜を大きくカットしたものや食物繊維の多いものは子どもには食べにくいし、飲み込みにくいのです。

その場合はつぶしてスープにしたり、すりおろして細かく刻んで料理に入れたりするなどの工夫も大切とのことなのです。

③野菜は子どもの受け入れやすい味と組み合わせることが大事です。

隠し味にトマトケチャップを入れたり、カレーやみそ汁、焼きそば、スパゲッティなど、

好んで食べている味と組み合わせたりするのもよいそうです。



野菜好きの人は生活満足度が高い?

生活の満足度について聞くと、「野菜好き」な人は「野菜が普通・嫌い」な人と比べ、

「家族関係」「健康」「食生活」に関する満足度がそれぞれ約10ポイント高かったのです。

料理研究家で栄養士の高城順子さんは、野菜には「酸味」「苦味」「渋味」が含まれていると指摘。

子どもは「甘味」「旨味」「塩味」がベースになっているため、酸味や苦みなどは受け入れにくいとのこと。

しかし、少しずつ慣れていくようになるため、最初に食べなかったとしても食卓に出し続けることが大事だそうです。

最後に

高城 順子さんの情報が少なく年齢や結婚などは見つかりませんでした。

両親の介護と仕事の両立は、これからの高齢化社会の問題です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました