生そうめん小豆島の通販や消費期限は?北海道岩見沢の元祖生そうめん めんめ!

スポンサーリンク
生そうめん小豆島 グルメ

そうめんは乾麺が主流であり、生麺は希少性の高い食材と言われ、かつては生産者だけが食べていた麺なのです。

そばやうどんであれば生麺はめずらしくないが、仕上げに麺を乾燥させるのがそうめんの標準的な製造方法。

そのため、そうめんの生麺を製造する業者は全国的にも非常に少ないのです。

普通は乾麺はコシが無いが、生のうどんのように、細いけどもっちりとした食感でコシも強い。

したがって「生ひやむぎ」もあります。

一口メモ

スポンサーリンク

「そうめん」と「ひやむぎ」の違いは?

2つの麺の違いとは何でしょうか。

「ズバリ麺の太さです」

●ひやむぎは長径1.3mm以上1.7mm未満。

●そうめんは長径1.3mm未満。

●うどんは長径1.7mm以上。

●きしめんは幅4.5mm以上、厚さ2.0mm未満。

同じく小麦で作られたこれら4つの麺は、太さによって分類が決められているのです。

※番外品もある

「手延べそうめん」は直径1.7mmあります、

延べそうめんは、手で伸ばして作っているため、どうしても作るときに太さに幅が出てしまうからです。

そんな生そうめん小豆島の通販や消費期限は?北海道岩見沢の元祖生そうめん めんめなど調べて見ました。

 

生そうめん小豆島

生そうめん小豆島の通販は?

楽天 生そうめん小豆島の通販はこちら

生そうめん小豆島の消費期限は?

生そうめんは必ず冷蔵庫で保存してください。

1ヶ月(30日)という賞味期限に限らず、早めにお召し上がりください。

残った場合は、乾燥しないようビニール袋に入れ、冷蔵庫に入れて2~3日でお召し上がりください。

 

生そうめんの作り方ポイントは?

生そうめんも乾麺も茹でるのはのはおなじですが、

生そうめんは30mと長めにカットされておりますので、

袋に入っているそうめんは長い麺が折りたたまれている状態です。

そのまま茹でたら長くて食べづらいので2箇所くらい切って茹でます。

■大きめの鍋に200g /1袋に対して
2~3リットルのお湯が目安ですが気持ち多めに用意します。

■注意※湯の温度が低かったり湯の量が少ないと、ベタ付きやくっつく原因になります。

■鍋全体に広がるように生麺を入れます。
固まらないように散らして混ぜる。

■沸騰したら、ふきこぼれない程度に火を調節し、1分45秒で上げます。

茹で上がったら

■湯を切り、しっかり冷水で洗う。

■ざるを使って、湯を切り水で一気に冷やします。

■1分ほど冷水に漬けて、しっかり麺を引き締めます。

氷があれなもっと良いです。

■麺つゆはお好みでつくります。

そうめんつゆの基本&アレンジレシピ20選!簡単ちょい足しも!

そうめんつゆの基本&アレンジレシピ20選!簡単ちょい足しも◎ - macaroni
今回は、簡単でおいしい「そうめんつゆ」のアレンジレシピをご紹介!のどこしがよく、つるつる食べられると人気なのが「そうめん」。でも、いつもめんつゆをかけて食べるだけでは、飽きてきてしまいますよね。さまざまな食べ方を試してみてくださいね◎

■具材はお好みで用意します。

万能ねぎ、大葉、炒りゴマ、刻みのり、青のり、七味唐辛子などお好きなもでどうぞ。

北海道岩見沢の元祖生そうめん めんめ とは?

そうめんの常識を変える!北海道岩見沢からもちもち『生そうめん』を全国に届けたい、

川口義行さんと奥さまの知衣子さんです。

通常の乾麺より、少し太めの生そうめん、
2011(平成23)年4月にオープンし、たちまち行列のできる人気店に。

めんめんの生そうめんを食べた人が口を揃えて言うのが「そうめんの概念が変わった!」ということです。

HP:https://namasoumen.com/

住所:北海道 岩見沢市 10条西18丁目8-1

電話番号:0126-25-8895

営業時間:

11:00〜 麺、つゆがなくなり次第終了

日曜営業

定休日:木曜日(祝日の木曜日は営業中)

席数:32席

(カウンター8席、6人掛けテーブル1、小上がり6人卓3)

アクセス

岩見沢駅から徒歩28分

元祖生そうめん めんめ 通販はこちら?

HP:https://namasoumen.com/item_list.html

元祖生そうめん めんめの消費期限は?

生そうめん めんめでは、「食べごろは製麺から丁度7日目」

だそうです、通販の場合は製造日と消費期限と二つのシールが貼ってあるので、食べごろをしっかりと確認してください。

最高の状態で食べられるまでは、冷蔵庫でしっかり熟成するまで我慢しましょう。

一口メモ

「生そうめん 通販」と検索すると、色々な会社から生そうめんが出されています。

そのほとんどが半生そうめんです。

本物の生そうめんかどうかを確かめるためには、賞味期限を確認してください。

賞味期限が30日以上に設定されているものは「半生そうめん」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました