荒木健太郎は雲研究者の経歴や年齢や結婚と子供は?すごすぎる天気の図鑑が売れている?

スポンサーリンク
荒木健太郎 気になる情報

荒木健太郎(あらき・けんたろう)は、雲研究者・学術博士で映画『天気の子』気象監修やNHK『おかえりモネ』気象資料提供されている。

私たちは気象予報士は天気予報ではお馴染みですが、「雲研究者」は知りませんでした。

荒木健太郎さんが自身を「雲研究者」と名乗っているのです。

多くの人に気象に関心を持ってほしいと願い、多種多様の雲を自ら撮影し、SNSで発信。

今ではツイッターのフォロワー数は24.5万人を超えるまでになった。

Twitter:@arakencloud

昨今の日本ではゲリラ豪雨や線状降水帯が頻発し、雨による災害は引きも切らない。

荒木さんのの大切なミッションのひとつが雲の動きを計算して天気予報の確度を上げることだ。

そんな荒木健太郎さんの雲研究者の経歴や年齢や結婚と子供は?すごすぎる天気の図鑑が売れているなど調べて見ました。

 

荒木健太郎

スポンサーリンク

荒木健太郎(あらき・けんたろう)さんの経歴

職業:気象学者・雲研究者・現在、気象庁気象研究所研究官、三重大学大学院生物資源学研究科協力研究員、防災科学技術研究所客員研究員

誕生日:1984年11月30日生まれ

出身地:茨城県

出身高校:茨城県立竹園高等学校

出身大学:。慶應義塾大学経済学部→気象庁気象大学校

学位:三重大学大学院生物資源学研究科で博士(学術)の学位を取得

職歴

2003年4月~2004年3月 慶応義塾大学経済学部

2004年4月~ 2008年3月 気象庁 気象大学校

2008年4月~2010年3月 新潟地方気象台

2010年4月~2012年3月 銚子地方気象台

2012年4月~2013年5月 気象庁 気象研究所 物理気象研究部 第一研究室 研究官

2013年5月~2015年3月 気象庁 気象研究所 予報研究部 第四研究室 研究官

2015年4月 ~2019年3月 気象庁 気象研究所 予報研究部 第三研究室 研究官

2019年4月~現在 気象庁気象研究所 台風・災害気象研究部 第二研究室 研究官

2019年9月 ~現在 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 客員研究員

2019年4月~現在 三重大学 大学院 生物資源学研究科 協力研究員

2010年5月~現在 日本雪氷学会 電子情報委員会委員

2016年6月~現在 日本気象学会 気象研究ノート編集委員会委員

専門は雲科学・気象学。防災・減災のために、豪雨・豪雪などによる気象災害をもたらす雲の仕組みの研究に取り組んでいる。

2019年公開の映画『天気の子』(新海誠監督)では、雲の形や雨粒の動きなど気象監修を担当。

自身も本人役で映画に出演。

多くの雲に関する著書を出版し、今年発売された『天気の図鑑』(KADOKAWA)は、天気のジャンルで異例の10万部発行を記録した。

2021年4月NHK『おかえりモネ』気象資料提供。

 

荒木健太郎さんの結婚や子供は?

荒木健太郎さんは結婚されており、女のお子さんがおります。

詳細は不明ですが、こんなのがありました、

荒木健太郎さん妻ともめる。

それは「パーセルくん」の名前でもめた。

・奥さんは「ぽんぽん」と呼んでいる。

・娘さんは{わんわん}と呼ぶ。

「パーセルくん」とは?

「パーセルくん」という「空気の塊」のゆるキャラです。

一番売れている天気の本『すごすぎる天気の図鑑』とは?

荒木健太郎さんから講評(こうひょう)されている、

『空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑』(2021年4月30日発売)が、重版8刷、累計10万部を突破しています。

・夕焼けが赤い理由って?

・虹は半円形ではない?

・雨のにおいには名前がある?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑 [ 荒木 健太郎 ]
価格:1375円(税込、送料無料) (2021/8/4時点)

楽天で購入

 

 

雲の正体は水と氷のつぶ!

白くてモクモクした雲。「乗ってみたいな」と思ったことがある人もいるかもしれません。でも、残念ながら雲に乗ることはできません。乗ろうとしても、自分の体がすり抜けてしまうでしょう。なぜなら、雲は水と氷のつぶでできているから。

雲は、無数の水や氷のつぶが集まって空に浮かんでいるものです。雲のつぶの大きさ(半径)は0.01㎜くらいで、髪の毛の太さ(断面)の5分の1程度という小ささ。この雲のつぶは毎秒数㎜〜数㎝の速さで落ちるのですが、空にはもっと速い上昇気流(上に向かう気流)がたくさんあるので、雲は空に浮かんでいられるのです。

じつは、水と氷の雲には見わけ方があります。モクモクしている雲はだいたい水のつぶでできていて、高い空でなめらかなスジっぽいかたちをしている雲はだいたい氷でできています。空に浮かんでいる雲の姿から、その雲が水と氷のどちらのつぶが集まってできたものかを想像しながら、空を旅するつぶたちを見上げてみてください。

荒木健太郎著の書籍『空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑』から一部抜粋

コメント

タイトルとURLをコピーしました