アンドリュー・ブバラ(ティファール)の経歴や大学と職歴は?入社希望の方に何を求める?

スポンサーリンク
アンドリュー・ブバラ 企業の社長

アンドリュー・ブバラ氏は、株式会社グループセブ ジャパン(本社:東京都港区/代表取締役社長です。

2015年9月25日付けでアンドリュー・ブバラが新たに代表取締役社長に就任されている。

日本向けで驚きの進化する「ティファール」が大躍進されている。

フライパン・電気圧力鍋・衣類スチーマー他、
調理器具業界の世界的巨人がニッポンの家電業界に殴り込み。

「焦げ付かないフライパン」として、いまや日本でもお馴染となったティファールだが、

最近では、電気圧力鍋などの調理家電や衣類スチーマーなどの生活家電でもヒットを生み出し、日本市場で存在感を高めている。

調理器具メーカーとして知られるティファールが、家電大国が日本で攻勢をかけ、成功を収めているのか?

その秘密こそ、2015年に社長就任したアンディの経営手腕にあったからなのです。

そんなアンドリュー・ブバラ社長の経歴や大学と職歴は?入社希望の方に何を求める?など調べて見ました。

 

アンドリュー・ブバラ

スポンサーリンク

アンドリュー・ブバラ社長の経歴

役職:株式会社グループセブ ジャパン代表取締役社長

年齢:未公開

出身地:アメリカ合衆国出身

出身大学:イエール大学にて学士号を取得 専攻:経済学、東アジア研究

出身大学院: バージニア大学にてMBAを取得

 

【前職略歴】

・ソニー株式会社にて約20年間在籍。

ジェネラルマネジメント、ビジネス&サプライチェーンマネジメント、マーケティングなど幅広い業務に従事し、数々の要職を歴任。

・その後、グーグル 株式会社にてアジアパシフィック・コンシューマーオペレーションの責任者。

2015年7月1日 株式会社グループセブ ジャパンにマネージング ディレクターとして入社。

アンドリュー・ブバラ社長はイエール大学時代に
日本語を学んだのが切っ掛けで、

京都に1年間留学したこともあり日本を選んだ。

日本からはソニーよりオファーをもらい、ソニー株式会社で約20年間在籍。

いったんソニーを辞めて、1999年に自費でバージニア大学のMBAコースに入学し2年間在籍しMBAを取得。

その後は再度、サンディエゴのソニーアメリカに籍を置いた。

その後にプライベートの事情があり、再度日本の
ソニー本社で働く。

2013年からグーグル 株式会社にてアジアパシフィック・コンシューマーオペレーションの責任者。

2015年7月1日 株式会社グループセブ ジャパンにマネージング ディレクターとして入社。

現在は、日本のローカルニーズを活かした製品開発を積極的に進めている。

フライパン・電気圧力鍋・衣類スチーマー他

ティファール フライパン

 


ティファール 電気圧力鍋

ティファール 衣類スチーマー

 

株式会社グループセブ ジャパンとは?

株式会社グループセブ ジャパンは、フランスに本社を置く調理器具・小型家電のメーカー「Groupe SEB(グループセブ)」の日本法人です。

フランスの調理器具・小型家電ブランド「ティファール」をはじめ、ドイツのキッチン&テーブルウェアブランド「WMF(ヴェーエムエフ)*コーヒーマシンを除く」、

イタリアの調理器具ブランド「Lagostina(ラゴスティーナ)」の3ブランドの販売を日本全国で展開しています。

株式会社グループセブ ジャパンHP

グループセブ ジャパン | ティファール【公式】
グループセブジャパンについて。製品の最新情報をお届け。毎日の家事をもっと楽しく、もっとラクに!T-fal(ティファール)公式サイト。

 

入社希望のどんな方を求めていますか?

アンドリュー・ブバラ社長は入社する方には、2つのことを求めたいそうです。

①自ら考えて行動する姿勢。

②チームプレイヤーとして他部署や本社チームと円滑な連携を取る姿勢。

メンバー全員が、高い目標に向けて一致団結し、主体的にアクションプランを作ってポジティブに働いているからです。

アンドリュー・ブバラ社長は、日本独自の付加価値の高い製品を開発し、ヒットさせていけば、これからも売上・利益を伸ばせると確信しています。

このようなチームの一員になって、ティファール・WMFなどの新製品をともに生み出し、日本に広めたい方を求めている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました