三島豊は三島食品 会長で経歴や大学に年齢は?食品サービス業に進化とは?

スポンサーリンク
三島 豊 企業の社長

三島 豊(みしま・ゆたか)赤ジソのふりかけ「ゆかり」三島食品株式会社 代表取締役会長です。

本社は広島市ですが、1949年(昭和24)1月に
創業者 三島哲男氏が創業された。

三島食品株式会社の三島 豊会長は2代目となります。

「ゆかり」はご飯のお供として、誰もが一度は食べたことがあると思うロングセラーで、赤ジソのふりかけ「ゆかり」。

その他にも「ふりかけ」「混ぜごはんの素」「青のり」「お茶漬」などもあつかっている。

2代目トップの三島 豊会長は「三島食品」のイノベーションを生み出す独自の会社に生まれ変わらせた経営者なのですだ。

他にはない独自の取り組みで、三島食品を「ふりかけ」だけにとどまらない食品メーカーへと成長させてきたのです。

そんな三島 豊会長の経歴や大学に年齢は?食品サービス業に進化とは?など調べて見ました。

 

三島 豊

スポンサーリンク

三島 豊(みしま・ゆたか)会長の経歴

役職:三島食品株式会社 代表取締役会長

誕生日:1954年1月28日生まれ

出身地:広島県

出身大学:東京大学大学院 金属材料専門課程

趣味:ピアノの練習、散歩、ゴルフ、乗馬

職歴

1978年4月に京都セラミック株式会社(現京セラ株式会社)入社。

1981年8月に三島食品株式会社入社。

1984年3月に同社取締役社長室付部長。

1986年6月に同社専務取締役。

1989年3月に同社取締役副社長。

1992年4月に同社代表取締役社長。

2016年1月に株式会社ミシマホールディングス代表取締役社長(現)。

2017年4月に三島食品株式会社代表取締役会長(現)。

2019年12月当社社外取締役就任(現)。

 

父親で創業者の三島哲男氏が2016年3月12日に99歳で亡くなられ、次男の三島 豊氏が会社を引き継いだ。

社長時代も創業者の父親との経営方針の違いがあったそうで、

父親は保守的で、トップダウンの経営手法を取って
いたために、改善していったそうです。

 

三島 豊会長の食品サービス業に進化とは?

「おばけ退治」?

父親の意志とは関係なく、形骸的に残ってしまっている指示の名残を無くした。

「“掟破り”をしよう」?

創業者の方針に縛られることなく、自由な発想を促す活動です。

トップダウンの経営手法を取って、いたために発言出来ず殻にとじこもっていたのを排除。

このペン型容器に入った『ゆかり®』も社員のアイデアから生まれたものです。

お菓子屋さんとコラボレーションし赤しそ味の飴を作ってみた。

三島食品の「ふりかけ4姉妹」に男の 新メンバー「ひろし」登場?

・赤しそふりかけの「ゆかり」

・青じそふりかけの「かおり」

・ピリ辛たらこの「あかり」

・カリカリ梅の「うめこ」

ふりかけ4姉妹としてSNSで人気となっている。

4姉妹に続いて男性名の「ひろし」が登場した。

「ひろし」は 広島県産の「広島菜」を使用、温かいご飯にかけたり、混ぜるだけで、手軽においしい青菜ごはんが楽しめる同社こだわりのふりかけ商品。

日本三大菜漬のひとつである地元広島県産の「広島菜」を100%使用しており、その素材の良さを生かし彩りよく仕上げている。

また、アレルギー物質指定28品目不使用など、同社ならではのこだわりが凝縮された商品となっている。

一時は売り切れ続出で入手困難にもなりました、
「うめこ」「ひろし」は兄弟なのか、

従兄弟(いとこ)なのか、恋人なのかといった関係性が、SNS上で独自のストーリーとして創造されております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました