中村雅行オカムラ社長の経歴や年齢に大学は?ESG経営の3つの要素とは?

スポンサーリンク
株式会社オカムラ 企業の社長

中村 雅行(なかむら・まさゆき)株式会社オカムラ代表取締役 社長執行役員です。

株式会社オカムラは1945年(昭和20年)に岡村製作所は航空機製造の技術者を中心に、

設立の主旨に賛同した人たちが資金を持ち寄り創業し「有限会社岡村製作所」を設立。

創業者は吉原謙二郎氏ですが「岡村製作所」が「オカムラ」に2018年4月から社名変更している。

「岡村製作所」の会社名は横浜市磯子区「岡村町」
なので町の名前から付けられた。

話題になっているのはコロナ禍で職場を縮小する企業が急増し、赤字転落を覚悟したというオフィス家具大手のオカムラが、

最高益を更新する業績を叩き出している、一体何故、奇跡のような逆転劇は起きたのか?

それは創業75年のオカムラ流「人が活きるオフィス」作りだったのです。

中村雅行社長は弱冠27歳で部門長に任命され、その後およそ13部門をわたり経験を積んだ生え抜きだ。

そんな中村雅行社長の経歴や年齢に大学は?ESG経営の3つの要素とは?など調べて見ました。

 

株式会社オカムラ

スポンサーリンク

中村 雅行(なかむら・まさゆき)社長の経歴

役職:株式会社オカムラ代表取締役社長執行役員

誕生日:1951年生まれ

出身地:東京都

出身大学:早稲田大学理工学部

職歴

1973年に岡村製作所(現オカムラ)入社。

設計施工管理部長、経営企画部長、オフィス家具部長などを歴任。

1996年に取締役 経営企画部長。

2001年に常務取締役 企画本部長。

2006年に常務取締役 生産本部長兼第一事業部長。

2007年に専務取締役 生産本部長。

2012年6月に㈱関西オカムラ代表取締役社長(現)

2019年年6月に代表取締役 社長執行役員(現)

株式会社オカムラ

HP:https://www.okamura.co.jp/

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happyデジタル(@happydigialwomen)がシェアした投稿

中村 雅行社長のESG経営3つの要素とは?

※ESGとは企業が長期的な成長を遂げるために、3つの要素を重視する考え方だ。

その3つの要素とは

「Environment(環境)」

「Social(社会)」

「Governance(企業統治)」

を指し、各単語の頭文字を取って「ESG」と呼ばれている。

・人材、特に女性活躍推進が重要だと考えています。女性にとって魅力ある産業となり、女性従業員比率を上げることも課題です。

キャリア形成ができる組織風土の実現を目的とした「ソダテルプロジェクト」の取り組みを進めてきました。

例えば商環境事業のセールスやデザインなど、女性が力を発揮できる職場づくりに努めています。

オカムラでは5年後の目標を設定し、それを達成するための2021年3月期を初年度とする中期経営計画を策定しました。

その基本方針の中心にESGを据えています。

社会環境が大きく変化する中、企業の社会的責任を果たすためには、ESGの視点が重要となるからです。

・環境、社会、ガバナンスに対して積極的に取り組むには、利益が必要です。

企業の社会的責任を果たし、企業を取り巻く人々、従業員、そして社会に還元するためにも社員には失敗を恐れず、

一人二役も三役も果たすことで仕事の面白さを知り、利益を上げることを考えてほしい。

中期計画はそのための構造改革です。

「創造、協力、節約、貯蓄、奉仕」という社是にもあるように、チームワークで社会のニーズに合ったものを提供し、新しい需要を創造することが重要だと考えます。

https://project.nikkeibp.co.jp/ESG/atcl/interview/00079/ 記事から抜粋

コメント

タイトルとURLをコピーしました