体験型店舗のb8ta(ベータ)Japan北川 卓司の経歴や 大学は?お店の場所や出品料1カ月30万円?

スポンサーリンク
北川 卓司 企業の社長

売らない店「b8ta(ベータ)」はアメリカ・シリコンバレー発で様々な企業が開発した家電やグッズを展示する店を2020年8月に日本に上陸した。

b8ta Japan(ベータジャパン)の北川 卓司(きたがわ・たくじ)合同会社 CEOは、現在は東京都内に3店舗展開中.

b8ta Tokyo – Shibuyaオープン日を2021年11月15日に、出品可能57区画は既に完売されている。

【b8taとは】

b8taは2015年に体験型ストアを米サンフランシスコ近郊のパロアルトでオープン。

Retail as a Serviceのパイオニアとして約5年間新しいソリューションを先導。

ミッションとして「リテールを通じて人々に“新たな発見”をもたらす(Retail Designed for Discovery.)」を掲げています。

実店舗への出品をまるでオンライン広告を掲載するのと同じくらい手軽なものにし、消費者に世界中のイノベーティブな製品を発見、体験、購入できる場を提供します。

■b8ta 公式ホームページ https://b8ta.jp/

■b8ta公式SNSアカウント(日本版)

Twitter:@b8tajp

Facebook: https://www.facebook.com/b8tajp

Instagram: https://www.instagram.com/b8tajp/

そんなb8ta(ベータ)Japan北川 卓司合同会社 CEOの経歴や大学は?お店の場所や出品料1カ月30万円は?など調べて見ました。

 

北川 卓司

スポンサーリンク

北川 卓司(きたがわ・たくじ)合同会社 CEOの経歴

役職:b8ta Japan(ベータジャパン)合同会社 CEO

誕生日:未公開

出身地:東京都

出身高校:東京都中高一貫校(未公開)

出身大学:仏EMLYON経営大学院でMBAを取得

職歴

・2004年に独立系PR会社コスモ・ピーアール

・IR(Investor Relations)のコンサル会社 日本支社

・2008年に ロモジャパンCEO(最高経営責任者)

・2015年にdysonでリテールマネージャー

・2019年11月にb8ta Japanに入社

 

b8ta店舗一覧

●b8ta Tokyo – Yurakucho

住所:京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1階

営業時間: 11:00 – 19:30

定休日: 不定休

アクセス

有楽町駅から徒歩1分

●b8ta Tokyo – Shinjuku Marui

住所:東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ 本館1階

営業時間:新宿マルイ本館に準拠

店舗のご案内|新宿マルイ 本館|丸井百貨

定休日 : 新宿マルイ本館に準拠

アクセス

新宿駅から徒歩3分

●b8ta Tokyo – Shibuya

住所:東京都渋谷区渋谷1丁目14番11号 小林ビル1階

営業時間: 11:00 – 19:30

定休日: 不定休

アクセス

渋谷駅から徒歩1分

 

b8taの出品者は月30万円の出品料は高いか、安いか?

出品者は1区画、1カ月30万円前後の「出品料」を支払う代わりに、来店客の行動履歴などのマーケティングデータが得られる。

最低契約期間が6カ月であることから、サブスクリプションモデルであることをうたっている。

b8taの1区画1カ月30万円前後の「出品料」で得られるメリットとは?

●マーケティングデータが得られる「b8taダッシュボード」

●AIカメラとデモグラカメラ、タブレットで顧客の行動データを収集・分析する

「b8taダッシュボード」と呼ばれるプラットフォームで確認できる主なデータは13種類にのぼります。

製品の前を通り過ぎた人数がわかる。

「5秒」という基準に設けることで、「5秒」未満で過ぎ去った人は商品に関心を示さなかった人として「IMPRESSION」、

「5秒」以上滞在した人は商品に関心を示した人として「DISCOVERIES」に分類する。

これらの行動は、天井に設置したAIカメラで識別するのです、またb8taは、これらのデータを出品者に開放します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました