荒木典子は料理研究家で経歴に大学や結婚は?料理教室の場所や申し込み方法は?

スポンサーリンク
荒木 典子 料理研究家

荒木 典子(あらき・のりこ)さんは料理研究家で
荒木典子料理教室を主宰されている。

人気の料理教室でユニークなキャラクターと充実したレッスン内容で人気なのです。

池尻大橋駅から徒歩約6分、閑静な住宅街に料理教室がある。

普段のおかずに使ってもらえるお料理、年齢を重ねるにつれて日本のよさを実感するようになってきたので、少しでも和食の素晴らしさを伝えている。

そんな荒木 典子さんの経歴に大学や結婚は?料理教室の場所や申し込み方法は?など調べて見ました。

 

荒木 典子

スポンサーリンク

荒木 典子(あらき・のりこ)さんの経歴

職業:料理研究家・世田谷区で荒木典子料理教室を主催

出身地:神戸生まれ京都育ち

誕生日:未公開

出身大学:神戸女学院大学文学部

専門学校:調理師学校(調理師免許を取得)

趣味:書道と篠笛

資格:調理師免許・インテリアコーディネーター

前職業

・某会社員2年で退職

・東京の出版社で料理書の編集

 

荒木 典子さんは神戸生まれ京都育ちで、幼少期から料理上手の祖母と母の影響で食に関心のある環境で育った。

神戸女学院大学文学部を卒業し会社員として働くも2年で退社されている。

その後に1年間フランスパリへ留学しされており、

フランスから帰国後に調理師学校にて料理の基礎を学び、調理師免許を取得。

その後に上京して世界文化社株式会社で料理本の編集者として勤務された。

2007年に独立して料理の道へ進みます。

現在は書籍や雑誌の仕事を中心に、企業へのレシピ提供、料理店の監修などの仕事とともに、お料理教室を主催されている。

 

荒木 典子さんの結婚は?

荒木 典子さんは年齢や結婚などの情報は未公開となっております、

まだ結婚されていないのかかもしれません、こんな記事がありました。

荒木さんは、ごはんを土鍋で炊き、炊き上がるとすぐお櫃に移します。

「土鍋で炊くと炊飯器よりも早いし、お櫃に移すと、ごはんがふっくらするんです。

余分な水分をお櫃が吸ってくれるから。最後に残ったごはんをお結びにしても、本当に美味しいんですよ。何よりちょっと気分も上がりませんか」

一人で食べるときも、お膳に載せて、季節感のある箸置きを使う。

賄いを、わっぱに入れる。そういう毎日の積み重ねが何かを変えていくと、彼女は言います。

荒木典子さんの出版物は?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

旬の和ごはん 12ヵ月【電子書籍】[ 荒木典子 ]
価格:1265円 (2021/12/27時点)

楽天で購入

 

 

 

荒木典子さんの料理教室の場所や申し込み方法は?

HP:http://arakinoriko.com/

・2019年の春からは「特訓コース」開設

集中して基本的な知識と技術を身につけたい!という方には最適の全五回のコースです。

一名からの開催ですので、開催日時やペースは生徒さまに合わせて開催いたします。

場所や料金は!

・女性限定(原則)

住所:世田谷区(最寄り駅:東急田園都市線 池尻大橋駅)

※入会後にお知らせします。

◇入会金:11,000円

◇月謝金:11,000円

◇時間:11時~15時

◇稽古日:前月末までに翌月のお稽古日をこちらにてお知らせがあります。

HP:http://arakinoriko.com/cooking-class/

◇人数:最大8名

◇持ち物:エプロン、手ふき用タオル、筆記用具

●オンラインでも受講は準備中だそうです。

申し込みはこちら

一番最後にあります

HP:http://arakinoriko.com/cooking-class/

 

大根餅のレシピ

外はパリッと香ばしく、中はモチモチッとした食感が楽しめます。電子レンジを使うので、手軽に作れるのもうれしいポイント。

材料 (18×23×高さ3cmの耐熱の器1個分)

たね
大根 1/4本(約250g)

干しえび 大さじ2

上新粉 150g

片栗粉 大さじ1と2/3

塩 小さじ1/2

水 3/4カップ

好みで豆板醤、香菜 各適宜

酒 ごま油 酢 しょうゆ

熱量 196kcal(1/4量で) 塩分 1.1g(1/4量で)

作り方

❶たね用の大根は皮をむいて細切りにする。干しえびは、粗みじんに刻む。

鍋に、大根、干しえび、水1と1/4カップ、酒大さじ1を入れて中火にかける。

煮立ったら、あればアクを取って、大根が柔らかくなるまで7分ほどゆで、ざるに上げる。

ゆで汁はとっておく。

❷大きめのボールに、残りのたねの材料を入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。

【1】のゆで汁を少しずつ加えてよく混ぜ、大根、干しえびを入れて混ぜ合わせる。

この段階では、とろみの少ない状態でOK。

耐熱の器にラップを敷き、流し入れる。

❸【2】にラップをかけて、電子レンジで5~6分、加熱する。

そのままさまし、まな板に取り出して、食べやすく切る。

❹フライパンに、ごま油大さじ1を中火で熱し、【3】を並べ入れて両面をこんがりと焼く。

器に盛り、好みで香菜を飾る。

酢、しょうゆ、好みで豆板醤各適宜をつけながら、いただく。

オレンジページより抜粋

大根餅
外はパリッと香ばしく、中はモチモチッとした食感が楽しめます。電子レンジを使うので、手軽に作れるのもうれしいポイント。

コメント

タイトルとURLをコピーしました