重里欣孝SRSホールディングス会長で経歴や大学は? 弟の 政彦3代目社長の経歴や大学は?

スポンサーリンク
重里 欣孝 企業の社長

重里 欣孝(しげさと・よしたか)SRSホールディングス株式会社 取締役 会長です。

和食のファミレス『和食さと』をはじめ、グルメ寿司の『にぎり長次郎』、定食の『宮本むなし』など、“和食だけに特化”した異色の外食チェーンを展開する、SRSホールディングス株式会社。

和食の店は職人技が必要なため、効率的なチェーン化が難しいと言われていた。

SRSホールディングス株式会社の重里 欣孝会長は、独自の店舗運営の仕組みを作り上げ、効率的なチェーン化を実現させたのです。

『和食さと』を店舗数日本一の和食ファミレスブランドに成長させ、和食の進化を生み出す改革を突き詰め売上高約430億円にまで伸ばした。

創業者の重里進氏が1993年に59歳で急死されて、長男の重里欣孝氏が35歳で社長に就任した。

現在は重里 欣孝 SRSホールディングス株式会社 取締役 会長

弟の重里政彦氏が代表取締役執行役員社長 (3代目社長)になっております。

そんな重里欣孝SRSホールディングス会長で経歴や大学は?弟の 政彦3代目社長の経歴や大学は?など調べて見ました。

 

重里 欣孝

スポンサーリンク

重里 欣孝(しげさと・よしたか)会長の経歴

役職:SRSホールディングス株式会社 取締役 会長

誕生日:1958年3月22日生まれ

出身地:大阪府大阪市浪速区恵美須町

卒業大学:日本大学法学部

職歴

1987年3月にサトレストランシステムズ株式会社入社。

1987年6月に 取締役企画室長。

1990年4月に常務取締役商品本部長。

1993年11月に代表取締役社長。

2002年6月に代表取締役兼執行役員社長。

2014年2月に代表取締役執行役員社長。

2014年10月にSRSホールディングス株式会社 取締役会長 現在。

SRSホールディングス オフィシャルサイト

SRSホールディングス株式会社
SRSホールディングス株式会社「私たちは、食を通じて社会に貢献します」

 

創業者の重里進氏の長男として大阪市浪速区恵美須町で誕生、

父親が、当社の前身である『株式会社尼崎すし半本店』を設立したが、「とにかく、怖い人だった」。

したがって大学は東京の日本大学法学部に入学されている、

当時の大学は1クラス100人もおり出欠はとらないので、学校にはほとんど行かず学生ながら商売をしたが、

21歳の時に、1500万円の借金を背負ってしまい朝・昼・晩・夜中と死にものぐるいで働いて、借金を返済したそうです。

しかし大学は卒業できたそうです。

卒業後に父親の会社に入社されたが、創業者の重里進氏が1993年、59歳で急死されて、重里欣孝会長が35歳で社長に就任したのです。

また、弟の重里 政彦氏が2017年4月1日付けで
代表取締役兼執行役員社長になっていります。

重里 政彦(しげさと。まさひこ)社長の経歴

役職:SRSホールディングス株式会社 代表取締役兼執行役員社長

サトフードサービス株式会社 代表取締役兼執行役員社長

誕生日: 1968年5月25日生まれ

出身地 :大阪市浪速区恵美須町

卒業大学 :東京大学農学部

職歴

トーメン(現豊田通商)に入社。

2003年にアリスタライフサイエンスに入社。

2008年にサトレストランシステムズに入社。

2008年6月に社長室長。

2009年2月に執行役員郊外和食営業本部長。

2010年6月に月 取締役兼執行役員。

2010年7月に取締役兼執行役員 事業統括本部長。

2014年2月に取締役執行役員副社長 管理本部長。

2016年2月に取締役執行役員副社長。

2017年10月 SRSホールディングス株式会社 代表取締役兼執行役員社長。

サトフードサービス株式会社 代表取締役兼執行役員社長。

2018年4月に代表取締役執行役員社長兼サトフードサービス株式会社取締役兼株式会社フーズネット取締役。

兄の重里欣孝会長をサポートしつつ、社内の組織改革から、サービス・メニューの改革までを行い、業績の立て直しに貢献。

タイトルとURLをコピーしました