上野雄次は花道家で経歴や年齢と高校や前職は?花いけ教室 @JikonkaTOKYOは?

スポンサーリンク
上野雄次 特集・ドキュメント

上野雄次(うえの・ゆうじ)さんは花道家・アーティストです。

もっとも注目される気鋭の華道家のひとりであり、花いけの表現者として 指導者として 様々な活動をしております。

上野雄次さんの生ける花には二つの異なる世界観があり、ライブパフォーマンスの「動」の世界、もう一つは器に寄り添う「静」の世界です。

二面性のあるところが上野雄次さんという花道家のおもしろさであり、他の花道家との違いでもある。

そんな上野雄次さんの経歴や年齢と高校や前職は?花いけ教室 @JikonkaTOKYOは?など調べて見ました。

 

上野雄次

スポンサーリンク

上野雄次(うえの・ゆうじ)さんの経歴

職業:花道家・アーティスト

誕生日:1967年生まれ

出身地:京都府生まれ、鹿児島県出身

現在住:東京都在住

出身高校:鹿児島県立薩南工業高等学校建築科

前職業

・東京のゼネコンに就職し10カ月退職。

・デザインから印刷まで手がける会社に入りアシスタントの仕事を2年で退職。

 

1988年に勅使河原宏の前衛的な「いけばな」作品に出会い華道を学び始める。

※勅使河原 宏 (てしがはら・ひろし)、1927年1月28日 – 2001年4月14日) は、日本の芸術家。

いけばな草月流の創始者勅使河原蒼風の長男で草月流三代目家元。

映画、いけばな、陶芸、舞台美術、オペラなど様々な分野で活躍した。妻は女優の小林トシ子。

第四代 勅使河原茜(宏の二女) 2001年~

 

国内展覧会での作品発表の他、バリ島、火災跡地など野外での創作活動、イベントの美術なども手掛ける。

2005年~「はないけ」のライブ・パフォーマンスをギャラリーマキ(東京)で開始。

地脈を読み取りモノと花材を選び抜いて活けることで独自な「はないけ」の世界を築き続けている。

創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。

詩人、写真家、ミュージシャン、工芸家、ファッションデザイナー、茶人等とのコラボレーションも多数行っている 。

2014年Japanese IKEBANA for every season をアメリカにて出版。

同書はフランス語、イタリア語にも翻訳され欧州で出版されている。

上野雄次さんの著書

 

花いけ教室 @JikonkaTOKYOは?

JikonkaTOKYO オーナー 西川弘修氏

JikonkaTOKYO

住所: 東京都世田谷区深沢7-15-6

TEL&FAX 03-6809-7475

OPEN:12:00―18:00 CLOSED:火・水・木

HP:http://www.jikonka.com/event_lesson/category/flower/

※残念ながら上野雄次花いけ教室は現在、新規の生徒募集は行っておりませんでした。

詳細はオーナー 西川弘修氏に!

上野雄次さんの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました