萩原章史は食文化社長の経歴や高校&大学に離婚と再婚は?グルメ通販や口コミは?

スポンサーリンク
萩原 章史 企業の社長

萩原 章史(はぎわら・あきふみ) 株式会社 食文化 代表取締役社長(CEO)です。

日本の「うまいもん」を届けるグルメ通販の仕掛人で、コロナ禍で小中学校が休校になったとき、

行き場を失った学校給食用の食材を買い取ることで生産者を支援し、話題になったのが「株式会社 食文化」でした。

運営する通販サイト「うまいもんドットコム」で販売すると注文が殺到し、新規顧客さんが50万人になったのです。

萩原 章史社長は全国のこだわり食材を発掘し、魚河岸にも進出して高級食材を値ごろ感ある価格で販売もされている。

現在は生産者や自治体、魚河岸からの信用が買われ異色の経営者とも言われている。

そんな萩原 章史社長の経歴や高校&大学に離婚と再婚は?グルメ通販や口コミは?など調べて見ました。

 

萩原 章史

スポンサーリンク

萩原 章史(はぎわら・あきふみ)社長の経歴

役職: 株式会社 食文化 代表取締役社長(CEO)

誕生日:1962年1月23日生まれ

出身地:静岡県島田市

出身高校:静岡県立藤枝東高等学校

出身大学:早稲田大学 経済学部

前職歴:大手ゼネコンに勤務

 

中国・アメリカなどを中心に13年を海外で暮らし39歳11ヶ月で大手ゼネコンを退職。

海外事業部の営業に配属されて、天津に赴任し日中合弁ホテルを建設されて帰国、

人事異動で経理部に配属され3年ほど経理で我慢し、その後に北米担当としてロサンゼルスへ赴任。

任務はバブル崩壊の精算ゼネコン不況で今までのような面白い仕事ができるとは思えないという判断で、

39歳になったこと、21世紀になったこと、これらが理由で退社されました。

2001年4月に株式会社 食文化を起業。

食のちからで日本人を元気にすることをミッションに掲げ、

インターネットやパソコンが出来ない生産者を支援するためのネット販売システムを構築し、日本人を元気にすることをミッションに掲げ、

中高年をターゲットにしたEコマース『うまいもんドットコム』を始める。

2001年8月に こだわりのグルメサイト『うまいもんドットコム』『豊洲市場ドットコム』を開設。

2004年に東京中央卸売市場(築地青果市場)と提携し、全国の特選フルーツや野菜を宅配する新ビジネス『築地市場ドットコム』を開始。

近年ではインターネット通販のノウハウをローソンやKDDIといった企業に提供し、共同で事業を展開している。

社長業のかたわら、渋谷区神南の北谷稲荷神社の権禰宜(ごんねぎ)」の神職を務める。

 

萩原 章史社長の離婚と再婚?

萩原 章史社長は実は離婚して再婚されている、その再婚相手が渋谷区の由緒正しい渋谷区神南の北谷稲荷神社の宮司なのです。

結婚後は萩原 章史社長も神職の資格を取得したのですが、資格取得のために1か月ほど國學院大學に通っていた。

また、結婚されて奥さんの名字「杉本」になっており、「萩原「」はビジネスネームだそうです。

お子さんは萩原 章史社長が50歳の時に誕生されている。

萩原 章史社長は人生にゴールを決めたくないと、とりあえず「100歳まで現役宣言」をしている。

 

●通販サイト「うまいもんドットコム」

世界中の「うまいもん」がワンストップで、日本中どこからでも手に入る「こだわりの食の情報の拠点」。

HP:https://www.umai-mon.com/

●豊洲市場の掘り出し物が見つかるサイト!

自社で市場から直接買い付けることができる買参権を取得。さらに豊洲市場の有力仲卸と提携し、有名ホテルや高級飲食店御用達の高品質な生鮮食材を市場から直送。

HP:https://www.tsukijiichiba.com/

●イエノミ

楽天店はこちら

イエノミ!

うまいもんドットコムの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました