村山権一は惣菜店・小田原屋店主で経歴や大学は?お店の場所や通販にすき焼き袋レシピ?

スポンサーリンク
村山権一 企業の社長

明治21年創業で東京都文京区白山上で134年余りの歴史がある「惣菜店・小田原屋」

その5代目として、店を切り盛りするのが村山権一(むらやま・けんいち)店主です、

初代店主:村山鎌五郎氏

2代目店主:村山権之助氏

3代目店主:村山 幸氏

4代目店主:村山珍之氏

5代目店主:村山権一氏

になります。

時代と共に総菜も変わっているでしょうが、家族一丸となって、伝統の味・新しい味を造り続けているのです。

「あさりの佃煮」「揚げ出しナス」「ポテトサラダ」「丹波の黒豆」「高野豆腐」どれも手作りのおかずがならんでいる。

一番人気は1日40個限定の「すき焼き袋」こちらは5代目店主:村山権一店主が開発されたのです。

今では午前中で売り切れてしまうこともしばしばあるそうで、休日も村山権一店主は新メニューの開発に取り組んでいる。

親子3代に渡ってファンだという家族連れもいるそうで、地元に愛されているからでしょう。

お店は30種類に及ぶ惣菜を両親、妻、従姉妹で日々作り続けている。

そんな村山権一店主ので経歴や大学は?お店の場所や通販もある?など調べて見ました。

 

村山権一

スポンサーリンク

村山権一(むらやま・けんいち)店主の経歴は?

職業:惣菜店・小田原屋 5代目店主

誕生日:1973年生まれ

出身地:東京都

出身大学:青山学院大学 史学科

結婚:既婚(妻と2人のお子さん)

職歴

・洋菓子メーカー

・ニューヨークの和食レストラン

村山権一店主は幼少期から食べることも料理も大好きで、小学生の頃には店の手伝いでコハダをさばいていたそうで、

又、賄いのカレーを作ったりしていたのです。

青山学院大学の史学科を卒業後には洋菓子メーカー勤務を経て店に入るが、

知人の紹介でニューヨークの和食レストランで修行した、

小田原屋に入って1年ほど経った頃に「すき焼き袋」を開発されて、地元の新聞の取材で人気に火がつき店の看板メニューになったのです。

代々伝わる煮豆や佃煮、祖父が得意とした「ポテトサラダ」、父親が始めた「中華サラダ」など、

店の味を受け継ぎながら、新商品の開発を模索している。

惣菜 小田原屋のお店の場所は?

住所:東京都文京区本駒込1-1-30

電話番号:03-3811-4386

営業時間:10:00~20:00

定休日:日曜日

HP:http://www.odawaraya.net/

アクセス

都営三田線白山駅から徒歩2分

東京メトロ南北線 本駒込駅 徒歩2分

惣菜 小田原屋の通販サイトはこちら!

惣菜、煮豆、佃煮、漬物、干物、おせち等

電話番号:&FAX:03-3811-4386

HP:http://www.odawaraya.net/06_page.html

すき焼き袋レシピ?

材料

牛肉、白滝、長葱、椎茸、うどん、うずらの卵

調理

すき焼き風に煮て油揚げで包む。

煮汁につけて一晩寝かせ、翌朝、油揚げごと煮込めば完成。

簡単そうなので挑戦してみます。

タイトルとURLをコピーしました