池野谷ひろみ ぎょうざの満洲社長の経歴や大学や結婚は?お店の場所や通販もある?

スポンサーリンク
池野谷ひろみ 企業の社長

池野谷ひろみ(いけのや・ひろみ)は株式会社ぎょうざの満洲(ぎょうざのまんしゅう)の代表取締役社長です。

創業は1964年で埼玉県川越市に本社を持つ中華料理を扱う外食チェーン「3割うまい!!」のキャッフレーズ、

お持ち帰り餃子がおいしいチェーン店第1位に選ばれ、埼玉県民がソウルフードと愛するぎょうざの満洲。

埼玉県を中心に関東に90店舗を展開し2012年から関西にも進出し、

大人気の看板メニューの焼餃子や、おいしさはしっかりと、しながらも女性人気の健康的な中華メニューを考案されている。

そんな池野谷ひろみ社長の 経歴や大学や結婚は?お店の場所や通販もある?など調べて見ました。

 

池野谷ひろみ

スポンサーリンク

池野谷ひろみ(いけのや・ひろみ)社長の経歴

役職:株式会社ぎょうざの満洲(ぎょうざのまんしゅう)の代表取締役社長

誕生日:1962年生まれ

出身地:埼玉県

出身大学:嘉悦女子短期大学(かえつだいがくたんきだいがく)

兄弟:兄利行氏(調理教育部門担当)妻(経理担当)

結婚:夫(営業部門担当)

HP:http://www.mansyu.co.jp/

 

創業者の金子梅吉会長の長女として誕生されており、兄弟はお兄さんがおられます。

池野谷ひろみ社長は嘉悦女子短期大学卒業後は、
食品商社に約4年間勤務し、結婚と同時に退職。

金子梅吉会長から結婚式まで日があるなら、うちの会社を手伝え」と言われ、1996年にぎょうざの満洲に入社されている。

池野谷ひろみ社長は前食品商社勤務の時に労務管理や情報システムといった経験を生かし、

コンピューターによる在庫管理、受発注の経営管理システムなどを構築された。

会社の経営合理化に貢献し1998に年に、金子梅吉会長が62歳で池野谷ひろみ社長が35歳のとき社長交代をする。

長男でなく娘を社長に下のは金子梅吉会長と一番性格が似ているし同じ視点を持つ娘さんにバトンを託したのです。

さらなる飛躍を目指し長男夫婦・池野谷ひろみ社長の夫・孫までも会社で働いている。

創業者の金子梅吉(かねこ・うめきち)会長の経歴

役職:株式会社ぎょうざの満洲 会長

誕生日:1936年生まれ

出身地:群馬県利根村(現 沼田市)

趣味:マラソン(ホノルルマラソンには妻と22回連続で参加し、すべて完走)

 

12人兄弟の末っ子として生まれるが金子梅吉会長が生まれた時は上の6人は亡くなっていた。

また、幼い時に父親を事故で母親を病気で亡くしており、兄姉に育てられたのです。

運送会社勤務から脱サラして牛乳販売店を開業するが、3年ほど続け3店舗まで広げて、

牛乳配達と同時平行で中華料理店も開業し、朝の3時頃から配達して回り、

牛乳の配達が終わったら店に直行して、7時にはスープの火を入れる日が1年間続いた。

牛乳販売店を止めて中華料理店「満洲里」1本にしている。

1972年には西武新宿線新所沢駅前出店を機に「満洲飯店」に名称変更。

1997年には「ぎょうざの満洲」に商号変更した。

2012年に大阪・JR野田駅店を皮切りに関西へ進出。

ぎょうざの満洲のお店の場所は?

店舗一覧はこちら!

HP:http://www.mansyu.co.jp/annai/annai.html

ぎょうざの満洲のオンラインショップはこちら!

HP:https://shop.mansyu.co.jp/

 

ぎょうざの満洲の口コミは?

タイトルとURLをコピーしました