永沢碧衣マタギ&絵画作家の経歴や年齢と高校に大学は?父親は造形作家・永沢敏晴!

スポンサーリンク
永沢碧衣 特集・ドキュメント

永沢碧衣(ながさわ・あおい)さんは絵画作家ですが、今、秋田県阿仁町に移住マタギのシカリ(頭領)、鈴木英雄さんの下で修行をし、

狩猟免許を取得し、東北の山猟文化に関わりながら作品制作を進めている。

マタギとは?

古い方法を用いて集団で狩猟を行う者を指す、古くは山立(やまだち)とも呼ばれており、

特に秋田県の阿仁マタギが有名で、その歴史は平安時代にまで遡るのです。

近年はマタギも進む少子高齢化と人口減少により、年々少なくなっており、それにより熊が増えて里に出てくる。

永沢碧衣さんはマタギ文化に関わるようになったのは、通っていた秋田公立美術大学の卒業制作にあたってのフィールドワークがきっかけだった。

そんな永沢碧衣さんの経歴や年齢と高校に大学は?父親は造形作家・永沢敏晴!など調べて見ました。

 

永沢碧衣

スポンサーリンク

永沢碧衣(ながさわ・あおい)さんの経歴

職業:絵画作家・渓流釣り・狩猟マタギ

誕生日:1994年生まれ

出身地:秋田県横手市山内

出身高校:秋田県立横手城南高校

出身大学:秋田公立美術大学 アーツ&ルーツ専攻

免許:狩猟免許を取得

趣味:沢登り・釣り・ドライブ・映画鑑賞

 

永沢碧衣さんは造形作家・永沢敏晴さんの長女としてうまれる。

秋田県の奥羽山脈の麓にある田舎で生まれ育ち、山・川・沢などの水辺のある場所に恵まれながら過ごしてきた。

秋田県立横手城南高校卒業後は秋田公立美術大学 アーツ&ルーツ専攻 されていたが、

大学生活半ばで父親が倒れて退学も考えたが、バイトを頑張って、奨学金を増やして無事卒業されました。

就職は地元横手の水産物卸売市場の営業をしていた。

水産物卸売市場では作家もやっていいよと言われ、営業は午前で終わり午後からは絵の制作をいていた。

その後水産物卸売市場を退職し、2018年からは秋田県と東京の2拠点で生活を始める。

絵画作家として活動しながら、都内でギャラリー有する飲食店のスタッフを務める。

現在は秋田県阿仁町に移住マタギのシカリ(頭領)、鈴木英雄さんの下で修行をし、

狩猟免許を取得し、東北の山猟文化に関わりながら作品制作を進めている。

絵画作品制作、イラストビジュアル制作、絵画教室、SNS写真撮影、クリエイティブユニット「パシャパ舎」他。

 

永沢碧衣さんの父親は造形作家・永沢敏晴さん!

横手市在住の造形作家・永沢敏晴(ながさわ・としはる)さんの長女の永沢碧衣さんです。

1959年: 秋田県横手市出身

2004年:日常生活の中で見つけた素材を元に作品制作を始める

2016年:第2回あきたアート はだしのこころ(秋田/秋田県立美術館)

2017年:第3回あきたアート はだしのこころ(秋田/にぎわい交流館AU)
ビック・アイ アートプロジェクト (大阪/国際障害者交流センター)

2018年:はだしのこころ 特選作家展(秋田/秋田市役所1階ホール)
ビック・アイ アートプロジェクト2017入選作品 日本財団 DIVESITY IN THE ARTS 作品展
(横浜/障害者スポーツ文化センター横浜ラポール)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takeshi Saka(@kusukusu_gallery_t)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

永沢 碧衣(@nagasawaaoi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

永沢 碧衣(@nagasawaaoi)がシェアした投稿

タイトルとURLをコピーしました