三浦洋介おにぎり浅草宿六の3代目で経歴やお店の場所は?おにぎりの握り方伝授!

スポンサーリンク
おにぎり浅草宿六 店主 グルメ

三浦洋介(みうら・ようすけ)さんは、おにぎり専門店「おにぎり浅草宿六」3代目です。

また、プロのフルート講師でもあります。

浅草観音裏、言問通り沿いに位置する東京最古のおにぎり専門店で、

おにぎり専門店として世界で初めて「ミシュランガイド 東京2019」に掲載され、グルメ界で大きな話題を呼んだ型なのです。

自宅でも真似できるおにぎりの握り方を教えてもらい、弁当のおにぎりをランクアップさせましょう。

そんな三浦洋介さんの経歴やお店の場所は?おにぎりの握り方伝授!など調べて見ました。

 

おにぎり浅草宿六 店主

スポンサーリンク

三浦洋介(みうら・ようすけ)さんの経歴

職業:おにぎり浅草宿六 店主・プロのフルート講師

誕生日:1979年生まれ

出身地:東京都台東区浅草生まれ

1954年に開業し創業者である1代目の祖母が、1日中遊んでいる夫のためにおにぎり店をオープンしたのが始まりでした。

家族の生活費を最低限まかなうためだけに営業してい
たのが3代目まで受け継がれている。

米は単一原料コシヒカリ(現在は能登産・年により変更)、海苔は江戸前、塩は天然塩(季節により変更)を使用。

大釜で炊かれたコシヒカリをつかい、北海道産の鮭や紀州梅といった定番から、山ごぼうや生姜味噌漬、あみといった専門店ならではの食材まで、幅広いメニューを提供している。

おにぎりには20種類の具がありますが、三浦洋介さんは初めて来店する方へオススメする具は「あみ」だそうです。

小さなエビを塩と醤油で漬け込んだもので、新潟産のほんのり甘い米と、千葉産の無塩海苔(のり)とマッチしオススメしている。

おにぎり浅草宿六のお店の場所は?

住所:東京都台東区浅草3-9-10

電話番号:03-3874-1615 予約不可

営業時間:

昼:11:30~(ご飯が無くなり次第終了)

夜:17:00~(同上)

定休日:

昼:日曜日

夜:火曜日・水曜日・日曜日

席数:16席

(カウンター8席 テーブル8席)

HP:http://onigiriyadoroku.com/

アクセス

くばエクスプレス浅草駅 徒歩3分

東武伊勢崎線浅草駅 徒歩8分

東京メトロ銀座線浅草駅 徒歩9分

都営地下鉄浅草駅 徒歩11分

宿六のおにぎりに近づく!

※「おにぎり浅草宿六」のおにぎりは、海苔が片方だけ立っています。これは一体なぜなのでしょう?

答え

「見た目がかっこいいから!」

素材の選び方!

① 米は香りの強い品種が良い

宿六では新潟産コシヒカリを使用。

また、大事な香りを失わないように、研ぐときも流水で10秒程かき混ぜるだけにしましょう。

② 具は自由に好きなものを使用する

③ のりは風味の強い「専門店の中級品」がベストです

スーパーで買うなら、できるだけランクの高い風味の強いものを

【おにぎりの握り方】ぎゅっと握らないのが宿六流!

※ごはんを潰さないように、握るというよりは“形を整える”というイメージで

材料(1個分)

ごはん(少しかために炊く)…約75g(量は手のひらの大きさで調整。作り方1参照)

具材…適量

のり…全形を縦半分に切ったもの1枚

塩…適量

【作り方】

1・手のひらにごはんを取る

握りやすい量は、厚さ2〜3cmで、自分の親指の付け根から中指の第2関節に収まるくらい。ごはんは炊きたてがベストだが、やけどに注意して。

2・まな板の上にごはんをほぐしながら広げる

広げることで少し冷めて握りやすい温度になる。

3・ごはんの中心に具材を薄く広げる

具材の分量は、具の味の濃さで調整する。例えば薄味の鮭なら20g程度。

4・まわりのごはんを具材の上にかぶせる

具材は完全に隠れなくてOK。

5・まな板の上で三角形に整える

左右の中指を合わせ、片方の親指を反対の中指の付け根に合わせて三角形を作り、ごはんを左右から寄せて三角形に整える。

まな板上で三角形にしておくと何度も握らずにきれいな形にできる。

6・手に水と塩を付け、なじませる

手を水で軽く濡らし、人差し指、中指、薬指の第1関節に塩を付ける。

両手をこすり合わせて、塩を手のひらになじませる。

7・ごはんと具材をまな板から手に移す

利き手でないほうの手のひらをごはんの下にフライ返しのように差し込んで、形を崩さないように取る。

8・利き手でくの字を作り、1回だけ形を整える

ごはんを軽くまとめるイメージで。力を入れて握るとごはん粒の間が詰まったり、ごはん粒が潰れたりしてかたくなってしまう。

9・手前に回転させ、残りの2角についても1角につき1回ずつ形を整える

10・そのまま1分ほどおいて粗熱を取る

表面についた余計な水気も飛ぶ。具ははみ出したままでOK。

11・10をのりで包む

三角形の底辺が、のりの長辺の真ん中あたりにくるようにおく。

のりの下半分をごはんにかぶせ、左右の2辺を折り込む。

12・できあがり

のりのパリパリ食感も楽しめるように、背面ののりはそのままで。大きなのりで全体を包んでいるので、握り方が弱くて少々崩れたとしても大丈夫。

※お弁当に入れるときは、ラップで握り、冷ましてから包む、

お弁当におにぎりを入れるときは、傷まないように注意が必要。

おにぎりに雑菌がつかないように、素手でなく、ラップを使って握りましょう。

たくさん作る場合などは、ラテックス製の薄い手袋を使うと便利です。

いずれも握るのは難しくなりますが、衛生面を優先して。

おにぎりを温かいうちに包むのも雑菌が繁殖しやすくなるのでNGです。

https://www.nichireifoods.co.jp/media/7705/から抜粋!

タイトルとURLをコピーしました