川上未映子は小説家で経歴や高校に離婚と再婚の夫と子供は?弟はラグビ選手の川上利明!

スポンサーリンク
川上 未映子 医師・先生

川上 未映子(かわかみ・みえこ)さんは小説家、詩人、元歌手です。

2008年に第138回芥川龍之介賞『乳と卵』で芥川賞を受賞されました。

川上 未映子さんは元歌手の経歴もある方で、2002年ビクターエンタテインメントより「川上三枝子名義」で歌手デビュー、

アルバム『うちにかえろう~Free Flowers~』を発表されている。

2004年にアルバム『夢みる機械』プロデューサーに財津和夫氏がいたが、売れなかった。

2006年に、エッセイ『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』を出版、

2007年7月に処女作である『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が刊行されました。

歌手を断念し小説家で成功されたのです。

そんな川上 未映子さんの経歴や高校に離婚と再婚の夫と子供は?弟はラグビ選手の川上利明!など調べて見ました。

 

川上 未映子

スポンサーリンク

川上 未映子(かわかみ・みえこ)さんの経歴

職業:小説家、詩人、元歌手

誕生日:1976年8月29日生まれ

出身地:大阪府大阪市城東区

出身高校:大阪市立工芸高等学校

兄弟:1歳年上のお姉と1歳年下弟(ラグビー選手の川上利明)

家族:夫(阿部和重)・長男

受賞歴

2007年 第1回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞(『わたくし率 イン歯-、または世界』『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』)

2008年 第138回芥川龍之介賞(『乳と卵』)

2008年 第1回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞(『わたくし率 イン歯-、または世界』『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』)

2009年 第14回中原中也賞(『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』)

2010年 第83回キネマ旬報新人女優賞を受賞(『パンドラの匣』)

2010年 第5回おおさかシネマフェスティバル新人女優賞

2010年 第60回芸術選奨文部科学大臣新人賞『ヘヴン』)

2010年 第20回紫式部文学賞(『ヘヴン』)

2013年 第43回高見順賞(『水瓶』)

2013年 第49回谷崎潤一郎賞(『愛の夢とか』)

2016年 Granta Best of Young Japanese Novelists

2016(『マリーの愛の証明』)

2016年 第1回渡辺淳一文学賞(『あこがれ』)

2019年 第73回毎日出版文化賞(『夏物語』)

 

川上 未映子さんは大阪市城東区で生まれで大阪市立すみれ小学校、大阪市立菫中学校、大阪市立工芸高等学校でデザインを学んでいます。

当時は大学には行かず弟を大学進学させるために、昼間は本屋でアルバイト、夜は北新地のクラブでホステスとして働いたのです。

1996年に日本大学通信教育部文理学部哲学専攻科入学されたそうですが、卒業さてたかは不明です。

その後は歌手デビューしますが、全く売れずに断念し、

2006年11月に自分のブログをまとめたエッセイ「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」を出版。

2007年7月に「わたくし率 イン 歯ー、または世界」が刊行。

2008年1月に「乳と卵」で第138回芥川龍之介賞を受賞されたのです。

 

川上 未映子さんの離婚と再婚の夫と子供は?

川上 未映子さんは2006年に所属レコード会社ビクターエンターテイメントの元担当者と結婚されましたが2010年に離婚されている。

離婚の理由などの情報はありませんでしたが、芥川龍之介賞を受賞されてからなので???。

2011年10月に阿部和重(あべ・ かずしげ)小説家、映画評論家と再婚している。

阿部和重氏との間には2012年5月に男のお子さんが誕生されている。

阿部和重氏も離婚されており、お互い再婚どうしの結婚です。

 

川上 未映子さんの弟はラグビーの川上利明選手!

川上美枝子さんには1歳年上のお姉さんと、1歳年下弟・利明さんがいます。

お姉さんも結婚されており2人のお子さんがいる、
弟の利明さんはラグビー選手で、

※画像 向かって右です

所属チーム;NTTコミュニケーションズ

誕生日:1977年11月8日生まれ

出身地:大阪府大阪市城東区

身長:179cm

体重:97kg

出身高校:大阪工大高校

出身大学:明治大学

タイトルとURLをコピーしました