池田沙耶香は気象予報士で経歴や大学と結婚&子供に元役者?災害で家族を守るルール決めは?

スポンサーリンク
池田 沙耶香 気になる情報

池田 沙耶香 (いけだ・さやか)さんは気象予報士ですが、元役者だった珍しい経歴を持っております。

独身時代は常に折り畳み傘を持ち歩いていた為、天気予報を気にしなかったが、

結婚・出産と生活スタイルが変化し、天気予報の重要性に気付、子供を寝かせた後に猛勉強を続け、
2015年に気象予報士資格を取得されました。

池田 沙耶香 さんは「歌のお姉さん」のお天気版
「お天気の母さん」を目指すそうです。

「にじ」が好きで皆で虹をみているあの感じが大好きで、童謡「にじ」が携帯の着信音だそうです。

そんな池田 沙耶香さんの経歴や大学と結婚&子供に元役者?災害で家族を守るルール決めは?など調べて見ました。

 

池田 沙耶香

スポンサーリンク

池田 沙耶香 (いけだ・さやか)さんの経歴

職業:気象予報士

誕生日:1985年9月23日生まれ

出身地;広島県

出身大学:桐朋学園芸術短期大学演劇科

所属事務所:ウェザーマップ

結婚:既婚・女のお子さん1人(2022年4月現在、8歳)

趣味・特技:キャンプ、美味しいコーヒーをいれる事、茶道、子供と遊びに出掛ける事

資格:気象予報士、防災士資格

身長:158cm

血液型:AB型

出演実績

【出演】

TBSテレビ「はやドキ!」「報道の日2019」

TBS NEWS JFNラジオ「Oh!HAPPY MORNING」

Yahoo!天気・災害 動画 NEXCO東日本「ドライビングウェザー」

フジテレビ ホウドウキョク「めざせ名物予報士」

日本テレビ 「ニノさん」

RCC中国放送「西田篤史の週間パパたいむ」

RCCラジオ「広島女子高生日記」

【出演(役者)】

日本テレビ「ハケンの品格」

テレビ東京「勇者ヨシヒコと魔王の城」

NHK 連続テレビ小説「おひさま」

【舞台】

日生劇場「LOVEセンチュリー」

東京セレソンDX「流れ星」

みんなのうたプロジェクト「世界のどこにでもある、場所」

 

池田 沙耶香さんは桐朋学園芸術短期大学演劇科を卒業されておりますので、役者を目指していた。

月刊デ☆ビューが募集した

「東京セレソンデラックス2009年本公演」の出演者募集オーディションに応募し受かったそうです。

応募理由は!

『ずっと舞台をやりたいと思っていたのと、以前からドラマや舞台で活躍されて いる役者としての「宅間孝行さん」に興味があったんです。

だからデ☆ビューの募集情報で宅間さんの名前を見た時に、勝手に縁を感じちゃって、迷わず応募しました。』

「宅間孝行さん」はこちら

 

しかし役者として活動されていたが、結婚し子供が生まれ洗濯のタイミング、お散歩での子供の服装などで、

天気予報の重要性に気付くようになり、気象予報士に興味がわいたようです。

気象予報士の試験の合格率は5%前後と言われている非常に難易度が高い事でも知られている。

それを育児や家庭の仕事をしながらの合格されたのですから、スゴイ事なのです。

2015年10月に30歳で気象予報士の資格をとってから、ウェザーマップに所属し、子育てしながら活動を再開しています。

防災士資格や気象予報士として、テレビからラジオまで多方面で活躍している。

災害家族

災害があっても絶対に家族を守るルール決めは?

昨今の異常気象が毎年続いています、予想を超えた台風や大雨に地震なども多いです。

子どもやパートナー、親、兄弟もしもの時に、大切な家族を守るために何をすべきか?

①子供には学校や家以外の場所にいると一人で帰ることが難しい。

なので、夫か私と一緒じゃなかったら、そこに留まる。

②災害を口で説明することはなかなか難しいですが、映像を一緒に観ることはできます。

観た後は「災害があっても、絶対に守るからね」「絶対に迎えに来るからね」と伝えています。

やっぱり災害を写した映像を一緒に観て、一緒に話し合うことは、大切だと思います。

③「パパとママが働いていて」とか「パパが単身赴任で」とか。

そういうのって、親は知らないけど、子どもたちは知っていたりする。

その情報を家族で共有すると、有事に助け合うことができます。

④家族で信頼関係を築いておくこと。

日頃から家族で話し合って、ルールを決めておく、
津波や川の氾濫など子供が家に居場合は、避難場所を決めておく、

絶対に逃げているはず」「必ず来てくれる」そういう固い信頼を平時から築いていることが大切だそうです。

タイトルとURLをコピーしました