小野花梨カムカムの経歴や年齢と子役時代から演技派でSNSが怖い? 多彩な演技で脚光!

スポンサーリンク
小野 花梨 気になる情報

小野 花梨(おの・かりん)さんは朝ドラNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』安子(上白石萌音)の、しっかり者の幼なじみ・きぬ役を演じた、

小野 花梨さんがデビューしたのは2006年で、年齢は8歳のときなので、芸能生活も長いですしベテランの女優さんになります。

小野 花梨さんは子役時代より演技力が凄いと評判を得ておりますが、朝ドラのオーディションも3回目で
出演が決まったのです、

若手の俳優なら必ず通る道、避けては通れない大きな門だそうで、いくら子役時代より演技力が凄いと言われてもオーディションがあるのですからキビシイ世界です。

川栄李奈さんも朝ドラヒロインオーディションで5回落ちており、6回目で朝ドラのヒロインに合格されている。

朝ドラに出ることによりブレークするので、俳優の世界も大変さがわかります。

そんな小野花梨さんの経歴や年齢と子役時代から演技派でSNSが怖い? 多彩な演技で脚光!など調べて見ました。

 

小野 花梨

スポンサーリンク

小野 花梨(おの・かりん)さんの経歴

職業:女優(元子役)

誕生日:1998年7月6日生まれ

出身地:東京都

血液型:B型

身長:155cm

所属事務所:アルファエージェンシー

出身高校:未公開

趣味:読書、料理、クラッシクバレー、習字、ギター

 

小野 花梨さんは5歳の時に、NHK「おかあさんといっしょ」に登場する風船が欲しい、という一言から劇団に入り、子役活動をスタートさせている。

2006年にTBS系のドラマ『嫌われ松子の一生』で女優としてデビュー、

その後は数多くのドラマに出演していて、天才子役として知られていました。

2008年にフジテレビ系ドラマ『CHANGE』で月9ドラマ初出演。

2009年には映画「南極料理人」に出演。

現在は大人の女優に成長し活躍し2021年後期のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で朝ドラ初出演。

2022年4月18日放送開始のドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演、

5月には映画『ハケンアニメ!』(東映配給)の公開が控えているほか、5月、6月には舞台『青空は後悔の証し』への出演もされます。

 

小野花梨さんはSNSが怖い?

小野花梨さんのプライベートの情報が無く、高校や兄弟、両親など全くありませんし、

また、twitterやInstagram、ブログなどのSNSを一切やっていないそうです。

芸能人は多くの方がSNSを活用してますが、「SNSが怖い」とインタビューで答えております。

小野花梨さん

実は、私はプライベートでも仕事でも、SNSを一切やっていません。

それはSNSに便利であるがゆえの大きなリスクを感じているからです。

匿名で相手を叩く人に対しては疑問を覚えていることもあり、たとえポジティブな内容であったとしても自分の言葉や情報を提示することへの恐怖があるんだと思います。

人の気持ちや心の傷のように目には見えないものを伝えるのは、すごく難しいことですから。

ただ、プラスの感情を届けられる方もいるので、人それぞれだとは思いますが、いまの私にはまだその勇気がないので、「距離を置く」という選択をしました。

ですが、見る側として情報を得ているところもあるので、矛盾していると感じる部分はありますね。

何年か先に自信がついたら挑戦するかもしれないですが、いまの段階では「SNSは怖いもの」と思ってしまっているほうが大きいです。

https://ananweb.jp/anew/377660/から抜粋

小野花梨さんは子役時代から演技派だった?

小野花梨さんは子役時代より演技力が凄いと評判を得ている女優さんなのです。

5歳の時に、NHK「おかあさんといっしょ」に登場する風船が欲しい、という一言から劇団に入り、子役活動をスタートさせた、

小野花梨さんがデビューしたのは2006年で、年齢は8歳でデビューした作品は、ドラマ「嫌われ松子の一生」で、あすかの幼少期を演じています。

その他にも出演されております、中学生になるなでの作品は、

・2006年4月 嫌われ松子の一生 あすか(幼少期)

・2007年1月11日 きらきら研修医 寺本まゆ

・2007年4月 わたしたちの教科書  藍沢明日香(幼少期)

・2007年2月12日 永遠の1.8秒 小林はるか(幼少期)

・2008年2月6日 水曜ミステリー9「四文字の殺意・ひめごと」 深井みづき(幼少期)

・2008年2月6日 わたしが子どもだったころ「音楽評論家 湯川れいこ」 湯川れいこ(幼少期)

・2008年4月期 CHANGE  上野あかね

・2008年7月7日 私の恋と父 BS-i

・2008年8月6日 – 27日 ゴンゾウ 伝説の刑事 佐伯杏子(幼少期)

・2009年3月21日 帰ってくるのか!? 33分探偵 はるか

・2009年4月9日 リセット 高津美央子(幼少期)

小野花梨さんの演技は共演した堺雅人さんからも天才と絶賛されました。

主演を務めた堺はこの日同席した娘役の11歳の小野花梨について、「本当に天才で末恐ろしい。

撮影中もいろんな演技で大人たちを試したり、自慢の娘です」とコメント。

小野花梨さんは 多彩な演技で脚光!

天才子役として活動してきた小野花梨さんも、大人の女優としての活躍が目立つ、

2014年11月から放送されたドラマ「いたずらな〇iss2」でも〇スシーンを披露、

2015年4月公開の映画「エイプリルフールズ」では、俳優の浦上晟周さんとの〇スシーンを披露したので、

子役時代から小野花梨さんをを見てきたファンを驚かせました。

またビックリしたのが2015年11月13日より、全6話がHuluとJ:COMにて配信されたドラマ「フジコ」にも出演し、

〇スシーンだけでなく〇ッドシーンも演じました。

小野花梨さんは自然な流れで脱・子役に成功したと言われている。

小野花梨さんは「普通の女の子役をやりたい」と語っており、風変りな役から普通の女の子役までさまざまなお芝居の経験を積み重ねてきたことで、

天才子役から若手実力派女優への脱皮を見事成功させた小野花梨さんなのです、

2022年4月18日放送開始のドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演、

5月には映画『ハケンアニメ!』(東映配給)の公開が控えているほか、5月、6月には舞台『青空は後悔の証し』への出演もされます、

今後の作品での演技がたのしみです。

タイトルとURLをコピーしました