後藤瑞穂は樹木医で経歴や年齢に大学と結婚&離婚に子供は?子育てと起業の両立は?

スポンサーリンク
後藤瑞穂(ごとう・みずほ) 社長 企業の社長
スポンサーリンク

後藤瑞穂(ごとう・みずほ) 樹木医・株式会社 木風代表取締役 社長です。

樹木医とは?

虫や病原菌、気象条件、大気汚染、土壌の状態など、原因を調査し、適切な治療を施し、樹木の健康を守る樹木医なのです。

しかし業界は男性が9割を占める樹木医の中で、女性ならではの感性と柔軟性を活かし、

「型破りな樹木医」として注目されている後藤瑞穂社長なのです。

従来の手段では極めて発見が難しかった樹木の内部腐朽の状態を、音波による計測で画像化し診断をする機器を日本で初めて導入された方で、

さらに、画期的な土壌改良資材を独自に開発した方なのです。

天然記念樹から歴史ある貴重な保存樹、街路樹、庭の大木まで、日本各地のさまざまな樹木の診断と治療のため、今日も奔走している。

そんな後藤瑞穂社長は樹木医で経歴や年齢に大学と結婚&離婚に子供は?子育てと起業の両立は?など調べて見ました。

 

後藤瑞穂(ごとう・みずほ) 社長

スポンサーリンク

後藤瑞穂(ごとう・みずほ) 社長の経歴

樹木医・株式会社 木風代表取締役 社長

誕生日:1968年生まれ

出身地:東京都→熊本県育ち

出身大学:九州造形短期大学デザイン科

資格:樹木医・一級造園施工管理技士

結婚:離婚・子供 長男

 

◆樹木診断・治療等を手掛ける法人 株式会社木風

HP:https://kofu-japan.net/

◆恵まれない樹木を守るためのNPO法人
NPO法人フォー・エバー・ツリー・ネットワーク

HP:https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/013008571

◆樹木治療の為の資材開発や 後藤瑞穂氏の講演活動等
合同会社KOFU

住所:東京都江東区東雲2-7-5-605

お問い合わせ:株式会社木風

*TOPページ下部のお問合せフォームにてお問合せが可能です

電話番号:03-6380-7123

経歴

1988年に九州造形短期大学デザイン科卒業後、造園建設業会社に入社しハウステンボス建設事業に携わる。

2001年に樹木医合格。(熊本県女性第1号の樹木医)

・診断業務や調査、公園づくりアドバイザーなどの環境事業も展開。その後、天然記念物や貴重な樹木の診断治療を手がけ、最新樹木診断機器
・ピカスを日本で最初に導入し全国的に業務を行う。

2007年に東京に進出新事務所「木風KOFU」開設。

現在、国土交通省を始め官公庁からの樹木診断業務を中心に、企業の森林保全修景アドバイス、樹木医式緑地管理、セミナーの開催、

講演会講師のほか、熊本日日新聞でのエッセイ連載など執筆業にも携わる。

2014年に株式会社木風に法人化(代表取締役社長就任)。

2019年にKOFU VIETNAM Inc.設立CEO就任。

2020年 『樹木医みずほが行く』YouTubeチャンネル開設

2021年に放送大学 教養学部 自然と環境コース卒業。

【受賞歴】

2006年11月に樹木医学会第11回大会研究発表 ポスター賞受賞。

2007年4月に国際ソロプチミスト玉名女性栄誉賞受賞。

2014年に第5回全国新聞出版社協議会 「ふるさと自費出版大賞」優秀賞受賞。

 

後藤瑞穂社長は東京生まれで熊本育ちです、 奄美群島の無医村で治療にあたった医師の祖母から命の大切さを、

造園業を営む父親から樹木の尊さを学んで育ちました。

熊本県女性第1号の樹木医で最新樹木診断機器・ピカスを日本で最初に導入。

現在は国土交通省を始め官公庁の樹木診断治療を中心に、企業の森林 保全修景アドバイス、樹木医式緑地管理、

公園作りアドバイザー、セミナーの開催、講演会講師など幅広く活躍。

2020年2月東久邇宮国際文化褒章。

樹木医学会編集委員。

株式会社 木風代表取締役 社長。

後藤瑞穂社長の結婚&離婚と子供は?

後藤瑞穂社長は結婚されております、造園建設業会社に入社し造園のデザイナーだったが、

造園の場合は樹木や植物という命を扱うそういうちょっと特殊なデザインであることに気が付き、

結婚を機にフリーランスになり、同時にちょうど子供ができた頃「樹木医」に挑戦されている。

しかし思いの外、子育てが大変で、1年目は残念ながら落ちてしまったそうで、翌年、32歳の時に合格、

2001年に「樹木医合格」されております。

お子さんが出来たのは2001年前となりますが、結婚されてお子さんはいることが分かりました。

熊本県で造園会社の社長に就任と離婚!

2001年に「樹木医」の資格を当時は熊本県で父親から継いで造園会社の社長を4年ほど務めている。

その頃、離婚したことをきっかけに、2007年に東京に進出新事務所「木風KOFU」開設。

当時小学4年生の息子さんと後藤瑞穂社長と2人で東京
の生活を始めている。

しかし仕事がなかなか取れなくて苦労したそうですが、ギリギリまでバイトや別の仕事はしないと決めて、

厳しい時期は、ずっと本やブログを書いて樹木医についての発信を行っていたそうです。

後藤瑞穂社長の子育てと起業の両立は?

自分で起業して仕事をすると、できる範囲や時間を自分でコントロールする事ができます。

逆に勤めていた方が大変だったと思いますね。

うちの場合は他のスタッフも子供がいる事もあって、設立当初からテレワークです。

現場も遠いことが多いし、出勤って時間がムダじゃないですか。

その時間にカルテを書いてもらったほうがはるかに効率的です。

締め切りに間に合って、利益が上がりさえすればいいわけで、そこに時間の縛りは必要ないと思っています。

究極の成果報酬型ですね。

タイトルとURLをコピーしました