新潟県諏訪田製作所の究極の爪切り1丁7000円?小林知行社長の経歴や大学に販売店と口コミは?

スポンサーリンク
小林知行(こばやし・ともゆき)社長 企業の社長

新潟県SUWADA –株式会社諏訪田製作所の究極の爪切り1丁7000円が巷で話題にかの「ベッカム」も愛用しているとか?

究極の爪切りは、世界有数の刃物産地、新潟県三条市に大正15年(1926年)に創業し、

初代・小林祝三郎氏が関東大震災(1823年)後の住宅復興需要に合わせ大工職人の為に「喰切(くいきり)」を製造したのが始まりです。

喰切(くいきり)とは?

釘の頭を落としたり、チェーンを切ったり、バネホックやカシメ、ハトメを外したり、ファスナーの長さを調整するのにも使えます。

現在はSUWADA –株式会社諏訪田製作所 小林知行(こばやし・ともゆき)代表取締役 社長は3代目となります。

普通の爪切りとは切れ味が違い、さらに切った後ヤスリがいらないという爪切り、

「同じ鉄からヨソが8個取るところをウチは1個しかとらない。しかも、いい鍛造をするために20トンの圧力でもいいところを400トンもの圧をかけている」

そんな小林知行社長の新潟県諏訪田製作所の究極の爪切り1丁7000円?小林知行社長の経歴や大学に販売店と口コミは?など調べて見ました。

 

小林知行(こばやし・ともゆき)社長

スポンサーリンク

小林知行(こばやし・ともゆき)社長の経歴

役職:SUWADA –株式会社諏訪田製作所 代表取締役 社長は3代目

誕生日:1963年1月8日生まれ

出身地:新潟県三条市

出身大学:明治大学

前職:地元の商社勤務

語学:英語、イタリア語、ドイツ語をこなす

HP:https://www.suwada.co.jp/

 

小林 知行社長は新潟県三条市出身で、1987年に明治大学商学部卒業後、その後地元の商社に勤務。

5年後に株式会社諏訪田製作所に入社。

父親の社長と経営についての意見が合わず、社長交代してもらい1997年に父親の跡を継ぎ代表取締役就任されました。

社長就任時は売上高3億円、6億円の借金を抱えていたのです、

1人の人員削減もしないから2倍働いてくれとお願いし、それまでルールのなかったところに就業規定を定め「能力給制を導入」、

あとは経費削減など見直しは他にもあったが、すべて
やり職人の努力の成果で数年で黒字にされた。

職人は現在20歳から80歳の職人を抱えているが、経験から得た知識を持っていることに対して若い職人に驚かれることもあるという。

爪切りのほかに、ペット用の爪切りや盆栽用ハサミ、栗・銀杏の殻剥きなども手がけている、

「SUWADAといえば世界最高の切れ味」

海外でも注目されて、特にプロ用の爪切り「キューティクル・ニッパー」のヒキが強いという。

これを使うネイルサロンは着実に増え続けている。

SUWADA –株式会社諏訪田製作所 究極の爪切りの販売店は?

※取扱商品や在庫は、店舗によって異なります。お出掛け前に、店舗に直接ご確認してください。

※巷では2カ月~6カ月位で納品されているので、確認お願い致します。

取扱店一覧はこちら

HP:https://www.suwada.co.jp/shop_ja

オンラインショップはこちら

HP:https://suwadaonline.shop-pro.jp/

楽天市場から購入はこちら

 

SUWADA –株式会社諏訪田製作所 究極の爪切りの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました