設楽 洋ビームス社長の経歴や大学に家族は?有名人の三浦りさ子は姪っ子?

スポンサーリンク
設楽 洋(したら・よう)社長 企業の社長
スポンサーリンク

設楽 洋(したら・よう)株式会社ビームス ホールディングス代表取締役社長です。

株式会社ビームス ホールディングスは

・株式会社ビームス

・新光株式会社

・株式会社ビームスクリエイティブ

・BEAMS TAIWAN Co., Ltd.(台北市)

・BEAMS & CO UK LTD(ロンドン)

こちらの会社を運営されている。

 

また、設楽 洋社長は2021年ベストドレッサー賞政治経済部門を受賞されました。

そして三浦 りさ子(旧姓・設楽 りさ子)夫は三浦知良(プロサッカー選手)の叔父さんになります。

海外の服や雑貨を仕入れて販売するセレクトショップの「ビームス」。

しかし、1978年の創業以来ずっと黒字を続けてきたが、2020年にコロナ禍で客が激減し、初の営業赤字へと転落し、

設楽 洋社長は大改革を断行されて、2022年2月の決算では黒字へとV字回復を果たされました。

『コミュニティーブランド』

スタッフ一人ひとりがコミュニティーを作り、彼ら彼女らのセンスや趣味、人柄などに共感するお客様を集めていくことを目指ている。

そんな設楽 洋社長の経歴や大学に家族は?有名人の三浦りさ子は姪っ子?など調べて見ました。

 

 設楽 洋(したら・よう)社長

スポンサーリンク

設楽 洋(したら・よう)社長の経歴

役職:株式会社ビームスホールディングス代表取締役社長

愛称:タラちゃん

誕生日:1951年4月13日生まれ

出身地:東京都新宿区

出身高校:小学校から高校まで、東京教育大学(現・筑波大学)の 筑波大学附属高等学校

出身大学:慶應義塾大学経済学部

親戚:

三浦りさ子(姪)

三浦知良(姪の夫)

三浦獠太(姪の長男)

三浦孝太(姪の次男)

職歴

1975年に株式会社電通に入社
イベントプロデューサーとして活躍する。

1976年に父の立ち上げた『BEAMS』の設立に参加。

1983年に株式会社電通を退社。

1983年に株式会社ビームスの専務取締役就任。

1987年に代表取締役 社長に就任。

アパレルにとどまらず、アート、カルチャーなど幅広い分野で最新のトレンドを発信し、『BEAMS』を国内外160店舗規模にまで発展させる。

HP:https://www.beams.co.jp/

 

設楽洋社長は父親・設楽悦三氏と母親・恭子さんの長男として誕生、

小学校から高校は東京教育大学(現・筑波大学)の 筑波大学附属高等学校を卒業し、慶應義塾大学経済学部に進学。

絵や音楽、スポーツなど器用に何でもできるタイプだったが、トップの人にはかなわないと考えて、

プロの人を集めて何かを生み出すプロデューサーも一種のクリエイターだと考えて、大学卒業後に株式会社電通に入社。

プロモーションディレクターとして活躍、電通に勤めながら、父親である設楽悦三氏の立ち上げた「ビームス」にも参加し、

1976年に原宿に「AMERICAN LIFE SHOP BEAMS」をオープンさせました。

1983年に電通を退社し、父親の株式会社ビームスと新光株式会社の専務取締となり、

1987年に代表取締役 社長に就任し現在に至る。

2021年に 『第50回ベストドレッサー賞』政治経済部門を受賞。

 

設楽洋社長の家族は?

設楽洋社長の娘さんが結婚されたそうです、

設楽洋社長のプライベートの情報が少ないのですが、弟さんもおられる、弟さんは4歳年下で妹さんは10歳年下だそうです。

母親の設楽恭子さんが亡くなられました。

Facebook:https://www.facebook.com/shinkopk

 

有名人の三浦 りさ子さんは姪子!

三浦 りさ子(旧姓・設楽 りさ子)夫は三浦知良(プロサッカー選手)の叔父さんになります。

姪の長男は俳優の三浦獠太さん、姪の次男はプロ格闘家でRIZINファイターの三浦孝太さん。

タイトルとURLをコピーしました