大森慶子 和菓子家の経歴や出身校に和菓子教室 ユイミコ の申し込みやオンライン教室は?

スポンサーリンク
大森慶子(おおもり・けいこ) 料理研究家

大森慶子(おおもり・けいこ)さんは和菓子家・和菓子教室 ユイミコ 主宰されている。

東京製菓学校を卒業後に和菓子店での製造勤務を経て2008年に和菓子ユニット「ユイミコ」の活動を開始。

「ユイミコ」は?

小坂歩美(こさか・あゆみ)さんと、大森慶子(おおもり・けいこ)の和菓子ユニットで活動を開始、

季節を感じる和菓子をカジュアルに楽しむワークショップを、巣鴨にアトリエを構え教室を開催する他、世田谷、青山など各地でも和菓子教室を開催している。

しかし、普段はOLとして働きながら、「ユイミコ」としてカルチャースクール等で和菓子教室の先生としても活動をされて、

きょうの料理(NHK)や3分クッキング(日本テレビ)に出演するなど、

敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうため、活動を広げている。

カルチャースクールは初心者でも上手に作れる、ていねいな指導で評判になり、 どのワークショップも即満席となるのです。

そんな大森慶子さんの経歴や出身校に和菓子教室 ユイミコ の申し込みやオンライン教室は?など調べて見ました。

 

 大森慶子(おおもり・けいこ)

スポンサーリンク

大森慶子(おおもり・けいこ)さんの経歴

職業:は和菓子家・和菓子教室 ユイミコ 主宰

誕生日:未公開

出身地:宮城県仙台市

出身専門学校:東京製菓学校

前職:和菓子店で製造勤務

ブログ

和菓子ユニット「ユイミコ」の活動あれこれ
ユイミコさんのブログです。最近の記事は「巣鴨アトリエ和菓子教室について」です。

Facebook:https://www.facebook.com/yuimico/

インスタグラム:
https://www.instagram.com/yuimico_wagashi/

 

大森慶子さんは、東京製菓学校を卒業後に和菓子店での製造勤務を経て2008年に和菓子ユニット「ユイミコ」の活動を開始されました。

巣鴨にあるアトリエを中心に都内各地で和菓子教室を開催。

巣鴨にアトリエを構え教室を開催する他、世田谷、青山など各地でも和菓子教室を開催。

きょうの料理(NHK)や3分クッキング(日本テレビ)に出演するなど、敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうため、活動を広げている。

和菓子ユニット「ユイミコ」の教室は?

いろいろなところで教室を行なっています。

詳しいスケジュール・その他詳細・お申込みは各教室までお問い合わせねがいます、ただ人気の教室なのでご注意下さい。

●第1土曜
世田谷shoinstyle

※お休み中(再開未定)

● 不定期開催

手話で学ぶ和菓子教室

●第1or第2平日、土日など

ユイミコアトリエ(巣鴨)

メールアドレスをご登録いただくと

毎月一般募集が開始された際にメールでお知らせいたします

メールアドレス登録はこちら!

●第3土曜 午後、第3日曜 午後

TUMUGU東京青山

●第3月曜日午前

NHK文化センターさいたまスーパーアリーナ

●第4 金曜午前、土曜 午前・午後

NHK文化センター青山教室

●【隔月開催】第4木曜日

YAGICHO COOKBOOK LABORATORY(日本橋:八木長本店)

※お休み中(再開未定)

●【隔月開催】最終木曜

ハッピークッキング東京校

●【不定期開催】

ユイミコオンライン和菓子教室

レモン饅頭・練切「海辺」

詳細・お申し込みは yuimico the shop をご確認ください。

HP:https://www.yuimico.com/

和菓子ユニット「ユイミコ」のオンライン教室は?

●【視聴(参加)+製作キット】オンライン和菓子教室!

¥4,650 税込

HP:https://yuimico.theshop.jp/items/63474784

●【視聴(参加)のみ】オンライン和菓子教室

¥2,000 税込 (購入後にダウンロードできます)

HP:https://yuimico.theshop.jp/items/63474858

●和菓子の作り方(レシピPDF付)

・椿(練切製)の作り方

・柚子饅頭(薯蕷饅頭製)の作り方

など全18種類はこちら

HP:https://yuimico.theshop.jp/categories/2621841

 

ユイミコの出版物は?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

道具なしで始められる かわいい和菓子 (講談社のお料理BOOK) [ ユイミコ ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/6/15時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユイミコの和スイーツ おうちカフェでおもてなし [ ユイミコ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/6/15時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和菓子こよみ 小さなおもてなし [ ユイミコ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/6/15時点)

楽天で購入

 

 

和菓子ユニット「ユイミコ」に教わる、粒あんの作り方!

粒あんの作り方

これさえマスターすれば、何種類もの和菓子を手作りできる。

小豆を一晩水に浸けてから煮る方法もあるが、今回は水浸けせず、びっくり水を加えながら煮る“即煮”という方法で。即煮だと皮まで柔らかく仕上がる。

【材料(作りやすい分量、約660g分)】

小豆 200g

グラニュー糖 240g

水あめ 20g

【作り方】

小豆をゆでる

1・小豆はサッと洗って水けをきり、鍋に入れる。かぶるくらいの水を加えて強めの中火にかけ、沸騰したら、最初の2倍ほどの水を一気に注ぐ(びっくり水)。

2・湯を豆にかぶるくらいまですくい取り、再び沸いたら1と同様に水を一気に注ぐ。これを5~6回繰り返し、豆の芯まで吸水させる。

3・豆のしわが完全にのびたらざるに上げ、全体に水をかけてアクを落とす(渋きり)。再び水けをきって鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて強火にかける。

4・煮立ったら弱火にし、常に豆にかぶるように湯を適宜足しながら、40分~1時間ゆでる。

5・指で豆が簡単につぶれるくらい柔らかくなったら火を止め、ふたをして15分間ほど蒸らす。

甘みを加えて練る

6・湯をヒタヒタまで捨て、再び強火にかける。グラニュー糖を加え、焦がさないように徐々に火を弱めながら、木べらで手早く練る。

7・ヘらですくって落とすと、だれずに積もって山になるくらいの堅さになればOK。水あめを加えて混ぜ、火から下ろす。

8・まな板かバットに、清潔な固く絞ったぬれ布巾を敷き、7をひとすくいずつのせて冷ます。

全体備考

【すぐ使わないときは】

冷めたら小分けにしてラップで平らに包み、冷凍庫へ。使う前日に冷蔵庫に移して解凍する。

※冷蔵で4~5日間、冷凍で2週間ほど保存可能。

【水あめ】

粘りと保水性があり、粒あんの練り上がりに加えると、つやよくしっとりと仕上がる。

手に入らなければ省き、グラニュー糖を260gに増やしてもよい。

https://www.kyounoryouri.jp/recipe/43498_%E7%B2%92%E3%81%82%E3%82%93.htmlより抜粋!

タイトルとURLをコピーしました