山崎 貴 映画監督の経歴や高校に妻も映画監督の佐藤嗣麻子?ゴーストブックの主題歌は星野源!

スポンサーリンク
山崎 貴(やまざき・たかし)監督 特集・ドキュメント
スポンサーリンク

山崎 貴(やまざき・たかし)映画監督は、CGによる高度なビジュアルを駆使した映像表現・VFXの第一人者です。

子どもたちを主人公にした冒険ファンタジー『ゴーストブック おばけずかん』に鈴木杏さんと遠藤雄弥さんが出演している、

「おばけずかん」の世界を、山崎貴監督が圧倒的なVFXで映像化されました。

山崎 貴監督はALWAYS三丁目の夕日や寄生獣、Destiny鎌倉物語などでもお馴染みの監督です。

結婚した妻の佐藤嗣麻子(さとう・しまこ)監督は、映画『アンフェア the answer』『K-20 怪人二十面相・伝』などのほか、

脚本も多数手がけており、山崎監督の『BALLAD 名もなき恋のうた』や『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の脚本も手がけている。

星野源さんのの新曲“異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)”が、映画『ゴーストブック おばけずかん』の主題歌に決定。

そんな山崎 貴  映画監督の経歴や高校に妻も映画監督の佐藤嗣麻子?ゴーストブックの主題歌は星野源!など調べて見ました。

 

 山崎 貴(やまざき・たかし)監督

スポンサーリンク

山崎 貴(やまざき・たかし)監督の経歴

職業:映画監督

誕生日:1964年6月12日生まれ

出身地:長野県松本市

出身高校:長野県松本県ヶ丘 (まつもとあがたがおか)高等学校

専門学校:阿佐ヶ谷美術専門学校

身長:180cm

結婚:妻:映画監督の佐藤嗣麻子(さとう・しまこ)さん

 

山崎 貴監督が特撮の道に進もうと思ったのは13歳の時、『スター・ウォーズ』と『未知との遭遇』に出合ってからだそうで、

阿佐ヶ谷美術専門学校にVFXに詳しい先生がいて基礎の基礎を学ぶ。

制作会社の白組(東京・渋谷)に入るきっかけは、アルバイトで白組は当時、CMで使うアニメや映像をたくさん手がけていた。

1年間はバイトとしてミニチュア作りをやっていたら、白組代表取締役の島村達雄社長が「こいつは面白い」と思ってくれたみたいで、

そのまま試験も受けずに入社された。

当時はCM業界はものすごく人気が高かく倍率70倍くらいの狭き門だったが、入社できたのは島村達雄社長の一言で裏口入社となる。

入社してからは本で得た知識がいかに使えないか、を日々、痛感させられたそうです。

後に監督になりたいと思ったのは、本当につくりたい映像をつくるには、自分で企画した映画を監督するしかない。

本気で「監督になるぞ」と決意したのは、後に妻となる佐藤嗣麻子監督の『エコエコアザラク』を手伝った時だったそうです。

それまでお手伝いしていた伊丹映画では絶対に出てこないようなシーンが次々と出てくる、

面白さと辛さがあまりにも極端だったから、「こんなにつらい思いをするんだったら、自分が監督になって、

自分のために苦労した方が絶対にいいと映画監督の道に進む、うれしい誤算だったのは、直前に『踊る大捜査線 THE MOVIE』がヒットして、映画界全体が盛り上がったこと。

新人監督はが手がけられる映画の予算は上限が1億円だ
たが、全国規模で夏休み公開が決まり、

制作費が4億5000万円と、新人監督としては破格の規模でスタートできたのです。

山崎 貴監督はインタビューで『踊る大捜査線 THE MOVIE』には足を向けて寝られないと話していた。

 

山崎貴監督の妻も映画監督の佐藤嗣麻子(さとう・しまこ)さん?

山崎貴監督は2012年4月に専門学校時代からの仲間である映画監督の佐藤嗣麻子と結婚している。

入籍は2012年なのですが、山崎貴監督と佐藤嗣麻子監督は昔から夫婦同然の暮らしをされていたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩手美人(@beautifuliwate)がシェアした投稿

佐藤 嗣麻子(さとう・しまこ)監督の経歴

職業:映画監督、脚本家

誕生日:1964年生まれ

出身地:岩手県水沢市(現・奥州市)

出身高校:岩手県立水沢高等学校

専門学校:阿佐ヶ谷美術専門学校

留学:1987年にロンドン・インターナショナル・フィルム・スクールへ留学

結婚:夫・山崎貴 映画監督

 

ロンドン・インターナショナル・フィルム・スクールへ留学後に脚本・監督を務めた日英合作映画『ヴァージニア』(1992年)で、

東京国際ファンタスティック映画祭「アボリアッツ賞」を受賞。

1995年の監督作『エコエコアザラク』が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で批評家賞(南俊子賞)を獲得。

2000年にゲーム『鬼武者』のオープニングムービーでは、シーグラフの“Best of show”を日本人として初受賞。

脚本作品にフジテレビ『横溝正史・金田一耕助』シリーズ(2004年~)。

関西テレビ『アンフェア』シリーズ(2006年)。

アンフェア the movie(2007年)脚本・監督。

アンフェア the answer(2011年)脚本・監督。

アンフェア the end(2015年) 脚本・監督。

脚本家・監督として映画、ドラマ、CM、ゲームと多方面にわたり活躍を続けている。

 

映画『ゴーストブック おばけずかん』の主題歌は?

星野源さんが書き下ろしの新曲“異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)”が映画『ゴーストブック おばけずかん』主題歌に決定。

山崎貴 映画監督 が星野源さんに、熱烈オファーそして、この奇跡のタッグが実現した。

星野源さんが歌う「おばけがでるぞ」、「おばけはいるぞ」という主題歌のリズムが重なり、

まるでおばけが子供たちとの交流を楽しんでいるかのような心が弾む映像となっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説 ゴーストブック おばけずかん (講談社KK文庫) [ 山崎 貴 ]
価格:825円(税込、送料無料) (2022/6/28時点)

楽天で購入

 

 

タイトルとURLをコピーしました