武田宣 カメラのキタムラの経歴や職歴は?カメラのキタムラの口コミ・評判は?

スポンサーリンク
武田 宣(たけだ・のぶる)社長 企業の社長

武田 宣(たけだ・のぶる)株式会社キタムラ・ホールディングス 表取締役 社長執行役員です。

キタムラ・ホールディングスグループ

・株式会社キタムラ・ホールディングス

・株式会社キタムラ 代表取締役会長:武田 宣

・株式会社しまうまプリント

・株式会社フォトクリエイト

・株式会社ラボネットワーク

・株式会社ラボ生産

・株式会社しまうまプリントラボ

・UXENT株式会社

・株式会社ビコムキタムラ

・株式会社キタムラトレードサービス

・株式会社ユー・シー・エス

・株式会社KCS(新設)

以上がキタムラ・ホールディングスグループとなります。

カメラのキタムラは、こども写真館「スタジオマリオ」も運営してますので、利用された方も多いと思います。

スマートフォンの普及によりカメラの売り上げは減り続け、デジタルカメラ出荷台数は全盛期の10分の1以下になっている。

カメラのキタムラも冬の時代にあってましたが、専門店ならではの豊富な知識と、独自の接客術でファンから絶大な信頼を集め、

店舗の売り上げや利益も向上し、全社的な黒字化も実現した。

事業の柱を大きく見直した

『リユース』『スタジオ』『思い出サービス』の3つにシフトし、

さらに、短時間で切り替えながら、複数の作業を行なっていく、生産性の向上を目指たのです。

●「リユース」は中古カメラの販売

●「スタジオ」は子ども向け写真館の「スタジオマリオ」

●「思い出サービス」は「ビデオやフィルムのデータ化」や「スマホ写真データのクラウド化」など個人向けのデジタルアーカイブ事業

これらの3つは、いずれも粗利率が高いからです。

さらに商品サービスを改善することで客単価も伸ばすことができる。

この3つの領域やマルチタスクに力を入れることで、店舗の売り上げや利益も向上し、全社的な黒字化も実現したのです。

そんな武田 宣社長カメラのキタムラの経歴や職歴は?カメラのキタムラの口コミ・評判は?など調べて見ました。

 

武田 宣(たけだ・のぶる)社長

スポンサーリンク

武田 宣(たけだ・のぶる)社長の経歴

役職:株式会社キタムラ・ホールディングス 表取締役 社長執行役員

誕生日:1961年2月8日生まれ

その他未公開

職歴

1984年4月に株式会社近畿大阪銀行入行。

2001年8月に株式会社ソウ・ツー入社。

2003年4月に株式会社ソウ・ツー代表取締役社長。

2011年6月にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社社外監査役。

2013年4月にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社社外取締役。

2014年4月にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社取締役副社長。

2015年4月にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社代表取締役副社長COO。

2016年4月に株式会社ソウ・ツー代表取締役会長。

2017年6月に当社取締役会長就任。

2018年4月にCKホールディングス株式会社代表取締役社長。

CCCデザイン株式会社代表取締役。

2018年5月に株式会社T-SITE代表取締役。

2021年3月26日に 株式会社キタムラ・ホールディングス代表取締役 社長執行役員。

 

カメラのキタムラの口コミ・評判は?

タイトルとURLをコピーしました