堀尾 美穂あずきとこおり店主で経歴や年齢に元パティシエ?お店の場所や口コミは?

スポンサーリンク
堀尾 美穂(ほりお・みほ) グルメ

堀尾 美穂(ほりお・みほ)さんは『あずきとこおり』店主で、世界的グルメガイドブック『ミシュランガイド東京』で二つ星を獲得した、

モダンフレンチレストラン『フロリレージュ』で6年にわたりパティシエとして腕を振るい、

2022年1月に東京・代々木に客席7つのかき氷店をオープンさせました。

1月の真冬のオープンにもかかわらず、店には元フレンチのパティシエが作ったかき氷を求めて連日多くのお客さんが訪れたのです。

世界でその名を知られる「フロリレージュ」のシェフ・「川手寛康さん」のもとで作り始め、

またたく間に話題となった堀尾 美穂さんのかき氷には、パティシエならではの技術と豊かな発想がふんだんに取り入れられている。

フランスの伝統菓子・シブーストを元に作った「焼きかき氷」をはじめ、訪れたお客さんたちは「マジック」と評されるケーキにも引けを取らない極上のデザートなのです。

●日光「松月氷室」の天然氷を使用

●、木の芽や山椒、黒トリュフ、ふきのとうなど、意表を突く素材を使用

そんな堀尾 美穂さんの経歴や年齢に元パティシエ?お店の場所や口コミは?など調べて見ました。

 

堀尾 美穂(ほりお・みほ)

スポンサーリンク

堀尾 美穂(ほりお・みほ)さんの経歴

職業:『あずきとこおり』店主

年齢:1988年~1989年生まれ

出身地:東京都足立区

 

堀尾 美穂さんは19歳からウェディングのパティシエを6年されており、

その後に二つ星レストラン「Florilege(フロリレージュ)」にてシェフパティシエとして6年間腕を磨いた。

2022年1月に東京・代々木に客席7つのかき氷店をオープンさせました。

フレンチパティシエが作り上げるこだわり抜いたかき氷で、世界にかき氷文化を広め、ミシュランの星を狙うそうです。

お客さんからは「おいしい」「止まんない」と舌鼓をうつ、その人気の秘密は、フレンチ仕込みの独創的な味わいだからなのです。

苦戦し試行錯誤の毎日で、「水においしい味をつけるって、すごく難しい」とシロップ作りに苦戦した。

しかし、堀尾 美穂さんならではのかき氷にたどり着いたのです。

さらに、氷や使う食材にもこだわり、またメニューにある工夫を施すことも。

オープン後も、休み返上で、かき氷のために日々精力的に活動されている。

「あずきのフレンチトースト」(1,650円)やフロリレージュ仕込みの「今日のスープ」(550円)も人気で、かき氷と一緒に注文する人が多いそうです。

堀尾 美穂さんの「あずきとこおり」のお店の場所は?

住所:東京都渋谷区代々木1-46-2 グランデュオ代々木1F

電話番号:非公開

予約はこちらから:

ご予約内容の選択|あずきとこおり

営業時間:

月曜 11~17時

木・金曜 12~17時

土・日曜 11~19時、

定休日:火曜、水曜

※完全キャッシュレス

席数:7席

(予約6席、ウォークイン(予約不要)1席)

HP:https://azukitokouri.com/

インスタグラム:
https://www.instagram.com/azukitokouri/

※メニューは不定期で変わる

アクセス

南新宿駅[出口]から徒歩約4分

堀尾 美穂さんの「あずきとこおり」の口コミは?

タイトルとURLをコピーしました