田中真弓 声優の経歴や年齢と大学に元旦那&息子 こ~すけ大道芸人の経歴は?

スポンサーリンク
田中 真弓(たなか・まゆみ) 気になる情報

田中 真弓(たなか・まゆみ)さんは、声優、女優、ナレーター、日本芸術専門学校特別講師をされている。

田中 真弓さんは国民的アニメ『ONE PIECE』 のルフィをはじめ、

『ドラゴンボール』のクリリンや『天空の城ラピュラ』のパズー、『忍たま乱太郎』のきり丸など、

デビュー以来44年で200以上もの役を演じてきた声優界のレジェンドなのです。

いまや『ONE PIECE』の看板でもある、最終章に突入することが発表された『ONE PIECE』。

しかし田中 真弓さんは、「私自身を見てほしい、私の生身の肉体を通しての芝居を見てほしい」と

思いから、役者として小劇場の舞台に立っているのです、声優業よりも役者業の経歴の方が長く、

現在も自身の原点ともいえる、小さな舞台に立ち続けているのです。

そんな田中 真弓(たなか・まゆみ)さんの経歴や年齢と大学に元旦那&息子こ~すけ大道芸人の経歴は?など調べて見ました。

 

田中 真弓(たなか・まゆみ)

スポンサーリンク

田中 真弓(たなか・まゆみ)さんの経歴

職業: 声優、女優、ナレーター、日本芸術専門学校特別講師

本名:阿部 真弓(あべ・まゆみ)

誕生日:1955年1月15日生まれ

出身地:東京都渋谷区

出身大学:青山学院女子短期大学

身長:150cm

血液型:A型

家族:こ〜すけ(息子)、柴本浩行(元夫)

所属事務所:青二プロダクション所属

 

田中 真弓さんは幼少期から目立ちたがり屋で、学生時代は演劇に打ち込んでいた。

舞台女優を目指し、文学座、青年座などに応募するも全て不採用だった[、

また、フジテレビのアナウンサー試験にも応募したが不採用だった。

その後テアトル・エコー付属養成所の試験を受けて合格し、青山学院女子短期大学卒業後はテアトル・エコーに所属する。

23歳で養成所に入りほどなくしてデビューし、ルフィのみならず、『ドラゴンボール』クリリン、『天空の城ラピュタ』パズー、

『忍たま乱太郎』きり丸など、これまで200超の役を演じる国民的アニメを支える声優界のレジェンドとなる。

2011年に第5回声優アワード「高橋和枝賞」を受賞。

2013年に第7回声優アワード「キッズ・ファミリー賞」を受賞。

田中 真弓さんの離婚した元旦那・柴本浩行さんも声優だった!

田中真弓さんの元夫は、同じ声優の柴本浩行さんです。

出会いのきっかけは、舞台での共演で、柴本浩行さんの相手役を田中真弓さんが務めたことがきっかけで交際が始まり、

1985年に結婚。

1986年に第一子こ~すけさんが誕生。

田中さんと柴本さんはのちに離婚しているため、こ~すけさんを一人で育てるシングルマザーなのです。

離婚理由は不明ですが、離婚後も普通に共演はしているので、不仲ということでは無く、

田中真弓さんの仲間と主宰する劇団『おっ、ぺれった』で、柴本浩行さんが振り付けや演出を担当されている。

田中真弓さんの息子こ~すけさんの経歴は?

本名:阿部孝祐(あべ・こうすけ)さん

職業:大道芸人

生年月日:1986年11月2日生まれ

出身地:東京都

出身高校:杉並学院高等学校

出身大学:帝京大学

所属事務所:株式会社アリゲーターカンパニー

 

こ~すけさんは杉並学院高等学校の頃に「ジャグリング」にはまり、独学で大道芸を身につけたそうです。

現在は、Entertainer Hi2(ヒッツ)さんとidio2(イディオッツ)というスタイリッシュコメディユニットを組み活動されている。

受賞歴

2011年 江ノ島大道芸コンテスト 準優勝

2012年 芸王グランプリ 関東地区大会 優勝

2012年 芸王グランプリ 全国大会 優勝

2014年 アリオ鷲宮大道芸グランプリ 準優勝

2016年 アリオ鷲宮大道芸グランプリ 総合優勝
(Hi2とこ〜すけのユニット idio2にて)

海外公演

2012年韓国D.FESTA参加

2012年韓国ナミ島

2013年新年日本文化展

2013年韓国JAPAN WEEK

2015年バンコクSIAM STREET FEST

2016年韓国原州児童演劇祭

2016年韓国日本文化展

2017年韓国日本文化展 idio2

2017年ドイツ Bamberg zaubert idio2

2018年韓国日本文化展 idio2

2019年マカオ MACAU INTERMATIONL MIME FESTIVAL idio2

タイトルとURLをコピーしました