新潟の枝豆の種類で6月~10月までがシーズン? 弥彦むすめ・伊彌彦・伊彌彦えだまめ通販は?

スポンサーリンク
新潟県産枝豆のおいしいのは グルメ

新潟県は日本随一の「枝豆県」で、作付面積は実に全国1位なのですが、出荷量は全国で7位なのです。

その原因は新潟の「枝豆があまりに美味しいから」、新潟県民が消費しているからなのです。

新潟県産枝豆のおいしいのは、新潟の地域と生産者の努力があるからなのです。

1・日照時間が長いと、養分がしっかり蓄積されて旨味が増します。

5~10月の新潟の日照時間の合計は東京よりも長く、最も枝豆が成長する時期にたっぷり日光を浴びて育ちます。

2・収穫するタイミングも大きなポイント。

茶豆の場合、豆が八分程度のやや小ぶりなうちに収穫しますが、それは糖分やアミノ酸の含有量が最も多いから。

新潟の枝豆は収量や見た目よりも、食味を優先しているんです。

3・収穫時間、食味の低下を防ぐため、多くの産地で早朝や夕方など涼しいうちに収穫します。

さらに収穫後、品温を下げた状態で県内外へ流通させるなど、鮮度保持に取り組んでいます。

HP:https://www.yahiko-edamame.com/

新潟県産枝豆のおいしいのは

スポンサーリンク

【がっちりマンデー】で紹介1億5000万稼ぐ村の戦略とは?

村の目標

村は枝豆を農業振興の柱の一つと位置付けています。

選果場は1日当たり4トンの出荷が可能になり、最大6トンまで対応できます。

村内の枝豆農家約20軒が選果場を利用すると見込まれ、栽培面積は2021年度の30ヘクタールから、

2022年度には45ヘクタールまで拡大させることを目指すといいます。

早生品種で枝付きの「弥彦むすめ」(5月上旬から6月下旬)に続くブランド枝豆として

・「伊彌彦(いやひこ)ちゃまめ」(7月上旬から9月上旬)

・「伊彌彦えだまめ」(9月下旬から10月上旬)を発表。

新潟県弥彦村産枝豆の通販はこちら!

HP:https://shop.ng-life.jp/s0764/0764-005/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

八百屋丸文(@yaoyamarubun)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

レルヒさん(@theodorvonlerch)がシェアした投稿

タイトルとURLをコピーしました