松井のの子 花火師の経歴に年齢や大学は?伊那火工 堀内煙火店の活動?

スポンサーリンク
松井のの子 さん花火師 特集・ドキュメント

松井のの子さんは長野県上伊那郡飯島町にある、有限会社伊那火工堀内煙火店の花火師です。

1899年(明治32年)創業の「伊那火工 堀内煙火店」で活躍する若手花火師なのです。

松井のの子さんが花火の世界に飛び込んだのは、異例の30歳を迎える頃だった、

しかし一人前になるのに10年かかるといわれる世界なのでで、異例ともいえるチャレンジとなるのです。

松井のの子さんは、職人技といわれる「感覚」を早くつかみたいと、毎日の作業内容を事細かに記録し、

花火の動画を見て研究を重ねるなど、とにかくガムシャラに花火と向き合っているのです。

そんな松井のの子 さんの 花火師の経歴に年齢や大学は?伊那火工 堀内煙火店の活動?など調べて見ました。

 

松井のの子 さん花火師

スポンサーリンク

松井のの子 さん花火師の経歴

職業:有限会社 伊那火工 堀内煙火店 花火師

誕生日:1987年~1988年生まれ

出身地:長野県

出身大学:多摩美術大学 生産デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻

前職:作家活動

趣味:旅行

有限会社 伊那火工 堀内煙火店のサイト

HP:http://www.hanabi-inakako.com/

 

 

松井のの子 さんは高校生の頃まで、なんとなく花火屋さんになりたいなと思っていた。

高校を卒業し、直ぐに就職するという気持ちにはなれず、多摩美術大学 生産デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻に進学された。

大学卒業後は、作家活動をやっていましたが、生活が出来ずアルバイトをしながら活動していた。

松井のの子 さんは

ただ、ふと、この人生をずっと進んでいくのかな?と考えたとき、以前、自分が花火屋さんになりたいって思っていたことを思い出したんです。

もしそっちの道に進んでいたら、どういう人生だったんだろう?

そう思ったら途端に覗いてみたくなり、花火屋さんに、アルバイトをさせてくださいってお願いにいったのがはじまりです。

ここの会社のことを何も知らずに、お世話になることになりました。

今思うと、すごいご縁だったなと思います。

作家活動の時は自分の名前で出品されていたが、花火師の場合は会社の名前で創らせてもらっている、

したがって、自分一人のものじゃないので、会社の人みんなで一つのものをつくっているので、責任が大きくなっている。

有限会社 伊那火工 堀内煙火店の活動!

 

この投稿をInstagramで見る

 

マコピー(@shunie.1536)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tatsuro(@betatsu_8823)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

古川 浩行(@old_river_photography)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

古川 浩行(@old_river_photography)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

マコピー(@shunie.1536)がシェアした投稿

タイトルとURLをコピーしました